UNIHOLIC

ウニ好きにはたまらない絶品グルメをご紹介♡ ウニ料理専門店〈UNIHOLIC〉が六本木にオープン! Learn 2017.11.15

高級食材としてのイメージの強いウニ。そんなウニを、気軽にバルスタイルで楽しむことのできる新しいウニ料理専門店〈UNIHOLIC(ウニホリック)〉が、11月15日(水)六本木にグランドオープン!今回は、ここでしか味わえない絶品ウニ料理をいち早くご紹介します。 

スタイリッシュな空間でウニを存分に楽しもう!

「オイスターバーのように、ウニも気軽にバルスタイルで楽しんでもらいたい」。そんな想いから誕生した〈UNIHOLIC〉は、六本木駅より徒歩1分のところにあります。

UNIHOLIC
UNIHOLIC

店内にはテーブル席の他にバーカウンターもあるなど、男女問わず利用しやすい造りとなっています。また、11階からの眺めも良く、夜になると六本木の夜景を楽しめるそうです。

UNIHOLIC

そんな中、ひときわ目を引くのがこちらの壁と照明。

壁には店名の〈UNIHOLIC〉以外、全て世界各国の言語で「ウニ」と書かれているのだとか!ウニを模した特注の照明も、遊び心がありとってもキュートです。

ウニ尽くしのメニューに大興奮♡

今回はメディアレセプション用に、おすすめのウニ料理をコース仕立てにしていただきました。

UNIHOLIC

まずは、ジュレの中に昆布締めしたキュウリ・海老・いくら・ウニが入った「ウニショット」。魚介の旨味がギュッと詰まった贅沢な一品です。

(写真手前)「生ウニのお刺身」、(写真奥)「ウニ珍味三種盛り」
(写真手前)「生ウニのお刺身」、(写真奥)「ウニ珍味三種盛り」

わさび塩漬け・ラフロイグ漬け・燻製の三種類が味わえる「ウニ珍味三種盛り」は、ここでしか味わえないお店自慢のメニュー。ウイスキーの一種であるラフロイグは、海の近くの蒸留所で潮風を浴びてつくられるため、ウニと相性抜群なのだそう。一方燻製のウニは、しっとりとした口当たりとスモーキな香りがくせになる美味しさです。

UNIHOLIC

バルスタイルの〈UNIHOLIC〉では、お酒のラインナップも豊富。中でもオススメなのは、TUMUGIを使った「DRY SONIC」。爽やかな味わいでウニともよく合います。

UNIHOLIC

「やみつき!ウニバターバゲット」は、ウニとバターの濃厚な甘さに感動!

「極上ウニだしのアクアパッツァ」
「極上ウニだしのアクアパッツァ」

ウニ、アサリ、ツブ貝、真鯛でとった出汁は上品な味わいに。3〜4人でシェアできるくらいボリューム感のある一品です。

UNIHOLIC 六本木
「大人の贅沢パスタ〜からすみ、いくら、キャビア、生ウニ〜」
「大人の贅沢パスタ〜からすみ、いくら、キャビア、生ウニ〜」

そのままでも美味しいカラスミのオイルパスタの上に、いくら・キャビア・生ウニを自分でのせます。細めの麺がトッピングと絶妙に絡みあい、レモンをたっぷりかければさっぱりといただけます!

UNIHOLIC

これでもかというほどふんだんにウニを使用した「南部鉄器で炊く贅沢ウニご飯」は、豪快に混ぜたら薬味を添えて一口。ふわっと鼻に抜けるウニの香りと濃厚な味わいは、ウニホリックな人をも唸らせること間違いなしです。

「青天の霹靂〜うにティラミス〜」
「青天の霹靂〜うにティラミス〜」

スポンジ部分にウニを練りこんでいるとは、さすがはウニ料理専門店。さすがにウニの味は感じられませんが、ビターな味わいに舌鼓を打ちました。

UNIHOLIC 六本木

「気軽に楽しめる」というだけあって、ウニ料理にしてはお値段も良心的なのが嬉しいところ。ランチタイムやバータイムも営業しているので、デートや女子会、合コンなど幅広いシーンで利用できそうです!

〈UNIHOLIC〉
■東京都港区六本木7-14-5 大和ビル11F
■東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 六本木駅から徒歩1分
■・ランチ 11:30~14:30
 ・ディナー 17:00~23:00
 ・バー 23:00~5:00
■無休(日曜のみバー営業なし、年末年始を除く)
■36席
■03-5860-6852
■公式Instagram:https://www.instagram.com/uniholic_roppongi/

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR