Coci la elle

モデル・斉藤アリスが英語と日本語で東京を案内! Alice’s TOKYO Walk vol.2〈Coci la elle〉at Kiyosumi-Shirakawa Learn 2017.11.12

「あれ?こんなお店あったっけ?」 馴染みのエリアから少し足を伸ばせば、そこには私の知らない'TOKYO'がたくさん。そんなまだ見ぬ'TOKYO'との出会いを求めて、お散歩へ出かけました。今回の街は新しいカルチャーの発信地として注目を集める東京の下町「清澄白河」。

"Oh...I never knew there was a place like this!"
If I go a little farther from my favorite areas, there is so much more 'TOKYO' that I haven't yet found. So, I go out in search of new discoveries. This time I went to 'Kiyosumi-Shirakawa' where an old part of town attracts attention as one of the most trendsetting areas of a new culture.

Coci la elle

絵の具で描かれたもの、刺繍や飾りを施したもの、パッチワークや編み地のもの…ずらりと並ぶ日傘はどれも表情豊か。清澄白河にある傘専門店へやってきました。

There are various parasols around me. Some are painted with water colors while others have designs hand sewn into them and decorated with small ornaments. Still others are patch-worked or knitted. I have arrived at a unique specialty shop for umbrellas.

Coci la elle

日傘作家・ひがしちかさんは「晴れの日も雨の日も お出かけの佳きお供に」をキャッチコピーに2015年、このアトリエ兼ショップを開きました。日傘はどれもひがしさんが手作りした一点ものばかりです。

Ms. Higashi Chika opened her studio/shop in 2015 with the concept of "Always with you, rain or shine". Everything is handmade by Ms. Higashi herself and nothing is ever made twice.

Coci la elle

わぁ! かわいい! 石突部分に紫陽花の咲いた日傘をみつけました。これを持って紫陽花畑をお散歩したら、じめじめとした梅雨のお出かけも楽しくなりそう。

Wow! It's adorable! I found a parasol with a hydrangea on the top. Even during rainy season, I can enjoy going out if I carry this with me.

Coci la elle

私のお気に入りはこれ。ピンクとブルーの羽がふわふわと揺れる日傘に、くるりと大きな円を描いた曲がりのハンドルがメルヘンチックでしょ?

This is my favorite find. Pink and blue feathers sway gently as I hold the curved handle. It looks like something out of a fairytale.

Coci la elle

さしてみると、羽の間から透ける光がなんとも幻想的でうっとり…。傘って開いたときと閉じたときでは、全然表情が違っていて楽しい。

When I open the umbrella, light shines romantically through the space between the feathers. The drastic change in appearance an umbrella goes through from closed to opened is one of their more charming points.

Coci la elle

押し花の優しいタッチが特徴的なハンカチ。手描きの絵や写真のコラージュをプリントしたシルクスカーフやiPhoneケースも密かな人気アイテムです。

The colors of this scarf have a gentle touch. They also have other silk scarves and iPhone cases decorated with her own water color paintings and photo collages.

Coci la elle

お店はぷくっとしたビニールテントが目印。ウェブストアでも一部購入できる他、今冬には神戸に新店舗をオープン予定です。作家さんの愛情が詰まった作品との一期一会をぜひ。

You know that you have found the shop when you spot the vinyl awning above the entrance. Some items are available on their web store. Drop by to experience the once in a lifetime opportunity these unique items bring.

(photo: Haru Wagnus)

〈Coci la elle本店(コシラエル)〉
■03-6325-4667
■江東区三好2-3-2 1F
■休月 ※2017年12月より無休(年末年始を除く)
■11:00〜18:00

■Koto-ku Miyoshi 2-3-2 1F
■Open: Seven days

http://www.cocilaelle.com/

photo:Haru Wagnus

☆Vol.1 〈onnellinen〉at Kiyosumi-Shirakawa Click here!
☆記事一覧ページはコチラ!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR