マウントシャスタ山麓

キャンピングカーで巡ってきました カリフォルニア随一のパワースポット マウントシャスタ山麓をTRIP Learn 2017.09.26

カリフォルニアといえば、海やビーチリゾートのイメージが色濃いですが、実は山を舞台にしたアウトドアも楽しめるのをご存知ですか? 今回は、キャンピングカーに乗り込んで、ヨセミテ国立公園やオーハイと並ぶカリフォルニア随一のスピリチュアルエリア・マウントシャスタと、その山麓を旅します。大自然の中で心と体が再生するアウトドアTRIPをレポート!

アメリカはキャンピングカーが大人気!

©Cruise America
©Cruise America

サンフランシスコ空港に到着し、まずは日本で予約していたRV車と呼ばれるキャンピングカーに乗り込み、旅はスタート。国土が広大なアメリカでは、RV車で行くロードトリップが大人気で、車ごと泊まれる「RVパーク」なる施設が点在しているのです。

©Cruise America
©Cruise America

RV車内はキッチンやテーブル、ソファー、シャワー、お手洗い、ベッドルームを完備。就寝時はソファーがベッドに早変わりします。

マウントシャスタ山麓

スーパーでフルーツやヨーグルトを買い込み、朝食を食べながら移動もできるのがキャンピングカーのいいところ!

ヒッピーやナチュラリストを魅了するマウントシャスタでトレッキング

■夏でも白い雪化粧をしているマウントシャスタ
■夏でも白い雪化粧をしているマウントシャスタ

マウントシャスタは標高4322m。一大パワースポットとして知られ、瞑想を目的に訪れるナチュラリストも数多くいるのです。

■マウントシャスタを心から愛するガイド歴27年のロビンさん
■マウントシャスタを心から愛するガイド歴27年のロビンさん

取材班は、マウントシャスタの中腹、シャスタトリニティ国有林の中にあるキャッスルレイクへとやってきました。

■1万2000年ほど前に氷河でできたキャッスルレイク
■1万2000年ほど前に氷河でできたキャッスルレイク

雪溶け水が小川を流れるせせらぎをBGMにしながらのトレッキングは、心と体が透き通っていくような癒しのひと時でした。キャッスルレイクは、かつてネイティブアメリカンが住んでいたことでも知られ、地球のハートチャクラとも言われている聖地。スピリチュアルなパワーに敏感な人は、ビンビン感じるんですって!

クリスタルガイザーの源泉地で湧き水を飲む

続いてやってきたのは、カリフォルニア州最長を誇る「サクラメントリバー」のスタート地点にして、湧き水を飲んだり汲んだりできるマウントシャスタ・シティパーク。

■緑に包まれた場所に719Kmに及ぶサクラメントリバーの始点はありました
■緑に包まれた場所に719Kmに及ぶサクラメントリバーの始点はありました

マウントシャスタから流れ込む清流は、日本でもお馴染みのミネラルウォーター「クリスタルガイザー」の源泉として知られています。

■ペットボトルや水筒持参で、湧き水を持ち帰る観光客の姿も
■ペットボトルや水筒持参で、湧き水を持ち帰る観光客の姿も

ペットボトルに入れた汲みたての清流は、マウントシャスタの雄々しい大地の味がしました。当然ですが、これまで飲んだどんなクリスタルガイザーよりも美味しかった!

天然ミストが立ち込めるMcCloud Fallsへ

シャスタトリニティ国有林の中には、マウントシャスタの雪溶け水が大量に流れ込む大きな滝がいくつか点在しています。今回向かったのは、McCloud Falls。

■RIVER TRAILという名のトレッキングルートをてくてく歩いて行くと……
■RIVER TRAILという名のトレッキングルートをてくてく歩いて行くと……

樹々の間を豪快に流れて落ちる滝の姿を眼下に見渡せる、アッパーポイントへとやってきました。McCloud Fallsには、アッパー、ミドル、ロウワーと、3つの見所が存在しているのです。

■アッパーポイントからの絶景。滝つぼの上に虹がかかっていました
■アッパーポイントからの絶景。滝つぼの上に虹がかかっていました

日本ではなかなか見ることのできない規模の絶景に度肝を抜かれます!

■山道の奥に見える白い靄は、滝が生み出す天然ミスト
■山道の奥に見える白い靄は、滝が生み出す天然ミスト
■ミドルポイント。轟々と響く滝の音が体に迫ってきます。大迫力!
■ミドルポイント。轟々と響く滝の音が体に迫ってきます。大迫力!
マウントシャスタ山麓

ロウワーポイントには、「マスがよく獲れるんだよ〜」と笑いながら気ままに釣りを楽しむおじいさんの姿が。そして、滝つぼにダイブして天然プールを楽しむ人まで発見。自然が日常に溶け込んでいるカリフォルニアの人々のライフスタイルを垣間見た気がしました。

波打ち際のホーストレイル!

カリフォルニアでキャンピングカーを走らせて5日目には、メンドシーノ海岸の波打ち際でホーストレイルが楽しめるスポット「Ricochet Ridge Ranch」へと到着。優しい目をしたお馬さんがお出迎えしてくれました。

■取材班が体験したのは1番人気の1時間コース。1人60ドル+チップ
■取材班が体験したのは1番人気の1時間コース。1人60ドル+チップ
■とにかく食いしん坊。ホーストレッキング中も道端に生えている草を何度もはんでいました!
■とにかく食いしん坊。ホーストレッキング中も道端に生えている草を何度もはんでいました!

筆者は乗馬が初めてだったので、最初は馬にまたがることさえおっかなびっくりでしたが、さすがは、しっかり訓練された馬。最初に手綱の使い方などのレクチャーを受けたら、予想以上に簡単に乗りこなすことができて驚きました。

マウントシャスタ山麓

ホーストレイルの行列の先頭には、熟練スタッフさんが乗馬。すべての馬たちに優しく語りかけながら、行列を誘導していました。馬たちは聞き慣れたスタッフさんの言葉なら、意味がわかるのだそう。

■山道を抜けると、そこには海岸線が!
■山道を抜けると、そこには海岸線が!

潮風を受けながら、可愛らしい馬と一緒に楽しむ初めてのホーストレッキングは、忘れられない思い出となりました。

最後の晩餐はRVパークでキャンピングカーParty!

旅の最後の夕ご飯は、キャンピングカーごと泊まれる施設・RVパークで、即席アウトドアパーティーを開催しました。

マウントシャスタ山麓

ローカルのスーパーで買い込んだエビ、ムール貝、サーモン、ハムやチーズ、オリーブの実などを、取材班のメンバーと美味しくモグモグ。

マウントシャスタ山麓

もちろんローカルのクラフトビールやワインも一緒にいただきました。

取材協力:
カリフォルニア観光局
http://www.visitcalifornia.jp
シャスタカスケード観光局
http://shastacascade.com/
メンドシーノ観光局
http://www.visitmendocino.com
クルーズアメリカ
http://www.cruiseamerica.com/
→日本での予約はこちら
http://cruiseamerica-japan.com/

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR