AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店

いつもの食事がより美味しく、より楽しくなるアイテムがいっぱい。 「お米」が主役のライフスタイルショップ〈AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店〉がグランドオープン! Learn 2017.09.09

銀座に本店を構える〈AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)〉がついに埼玉に初出店すると聞き、お披露目会に参加してきました。全国の美味しいお米やご飯のお供、さらには食器や雑貨までもが並ぶ店内は、まさに新しい発見とワクワクの宝庫!今回は、おすすめ商品や店舗限定商品に関する情報をいち早くお届けします。

米屋であり米屋でないお店。

銀座本店、NEWoMan新宿店に続いて3店舗目となる〈AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店〉は、JR大宮駅の改札を出てすぐの場所にあります。

AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店

目印はこちらの看板。

豊作の象徴と言われる”まるまる太った雀”(膨ら雀=福良雀)がモチーフになったシンボルマーク。よーく見ると、〈AKOMEYA〉のOがお米の形をしています!!

AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店

木の温もりを感じる内装

「米屋であって米屋でない」(a…「否定」を意味する接頭辞&「一つの」を意味する冠詞+KOMEYA…「米屋」)をブランドコンセプトに掲げる〈AKOMEYA TOKYO〉。そのため、お店にはお米以外に、ご飯のお供や調味料・食器・文房具など、暮らしを彩るアイテムが幅広く揃っています。

とはいえメインは「お米」です!

〈AKOMEYA TOKYO〉自慢のお米の中でも、特にルミネ大宮店でイチオシの品種をご紹介!

「越路早生(こしじわせ)」(400円)
「越路早生(こしじわせ)」(400円)

新潟県で最も早く収穫されるお米で、コシヒカリの姉妹品種だそうです。ここでしか買えない商品(しかも限定500個)なので、一足先に新米を味わいたい方はこの機会にぜひ。

AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店
AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店

他にも、日本各地の美味しいお米がずらり。これらはすべて、精米したてのお米を真空パックにしてあるため、きちんと鮮度が保たれています。

AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店

お披露目会では、3種の利き米体験にも参加しました!品種によって全く異なる味わいで、お米の世界の奥深さを楽しみました。

スタッフのおすすめ商品はこれ!

AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店

ご飯のお供や調味料も種類豊富にラインナップ。

正直ここまでたくさんあると迷ってしまう方も多いと思うので、今回はお店のスタッフに聞いたおすすめ商品を2つご紹介します!

「塩麹昆布(梅)瓶入」1,500円
「塩麹昆布(梅)瓶入」1,500円

昆布はご飯とも混ざりやすいフレークタイプで、塩麹の優しい甘みの中に梅の甘酸っぱさが効いた逸品。オシャレなパッケージでちょっとした贈り物にも最適です。

「くんせいナッツドレッシング」450円
「くんせいナッツドレッシング」450円

業界初の燻製ドレッシングは、一時期銀座本店で欠品が続いたほど人気の商品だとか。スモーキーな香りとナッツの食感が特徴です。

オリジナル出汁3種(焼きあご・かつお・野菜)も発売開始。

AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店

良質な国産素材を原料にした〈AKOMEYA〉オリジナルの出汁は、そのままスープとして飲んでも十分美味しいうえに、誰でも簡単にホンモノの出汁がとれるのが特徴。もちろん調味料としても使えます。

AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店

試食会の様子

焼きあごの出汁は「蓮根とベーコンの炒めもの」に、かつお出汁は「出汁巻き卵」に、野菜出汁は「めかじきのソテー」に使用。出汁本来の旨味が料理全体をワンランク上にしてくれるので、(私のように)料理が苦手な人にこそおすすめ!

食器や生活雑貨も充実。

AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店

食品以外に、コーヒー器具などの雑貨もたくさん。

AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店

カジュアルなものから重厚感のあるものまで、幅広いシーンで活躍しそうな食器は見ているだけでもワクワクしました!

「焼き焼きグリル」(5,500円)
「焼き焼きグリル」(5,500円)

調理器具として使用した後そのまま食卓に並べることもできる鉄皿は、忙しいHanako女子に最適。取っ手部分も簡単に取り外せる優れものです。

店舗限定商品は要チェック!

「おひつ炊飯鍋 限定カラー」上:ネイビー、下:ホワイト(各色4,300円)
「おひつ炊飯鍋 限定カラー」上:ネイビー、下:ホワイト(各色4,300円)

〈AKOMEYA TOKYO〉定番のおひつ炊飯鍋は、電子レンジ対応可。ルミネ大宮店限定の新米3合とのセットで、各色限定15個販売!

〈AKOMEYA〉厳選「さしすせそセット」(6,500円)
〈AKOMEYA〉厳選「さしすせそセット」(6,500円)

〈TEMBEA〉製のライストートの中に、料理の基本「さしすせそ」が入った豪華セット。普段はルミネ大宮店では購入できない商品も入っているため、気になる方はお早めに!(限定25個)

「おこめケット プレーン&黒ごま」500円
「おこめケット プレーン&黒ごま」500円

乳製品や卵を一切使わず米粉100%でできたこちらは、甘じょっぱい味のお菓子。ビスケット部分とあられ部分の食感の違いが楽しめます。(限定300個)

他にもオープン記念として、3,000円以上の購入でプレゼントをゲットできる日程もあるので、気になる方はこちらこちらもチェックしてみてくださいね!

〈AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)ルミネ大宮店〉
■埼玉県さいたま市大宮区錦町630番地 ルミネ大宮2 2F
■月〜土10:00〜21:00/日10:00〜20:30
■定休日はルミネ大宮2に準ずる
■048-729-7108
http://www.akomeya.jp

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR