www.id-photo-app.com

この秋話題の映画と、ファッションのアニバーサリーなど。 Hanako編バイOBが、妻夫木聡・主演映画の原作者になったってよ。 Learn 2017.09.08

Hanako編集部員が、その脚力と生粋のミーハー魂をフルに使って、展示会や発表会や街中で見つけたきた、まさに脚で探したニュースを厳選してお届けします。(ランダムに金曜日更新)

奥田民生愛に溢れるタイトルですが、ちなみにご本人は一切出演していません。

9月16日公開の映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』。映画館の予告編やテレビCMなどで告知されているやたらとタイトルの長いこの作品。ストーリーは、奥田民生の生き様に憧れる雑誌編集者のコーロキ・ユウジが、仕事で知り合ったファッションブランドのプレス・天海あかりに振り回される恋愛ドタバタ劇(ざっくりとした説明ですみません)。コーロキ役の妻夫木聡さんはもともと奥田民生氏の大ファンで、これをやりたい! と映画化を希望したことで企画が実現したのだとか。
監督は『モテキ』、『バクマン。』などを手がけた大根仁さんなので、リアルでおしゃれなビジュアルとテンポの良さで、最後まで走り抜ける感じです。

雑誌「SPA!」での連載に描き下ろしを加えて2015年に単行本としてまとめられたコミックがこの映画の原作です。で、この作者の渋谷直角(しぶや・ちょっかく※本名です)さん、学生時代にHanako編集部の編バイ(編集バイト)くんだったのです!! とは言え、それは20年ほど前の話なので、当時の彼の働きっぷりを知っている人間は、現在のHanako編集部にはいませんが。
©︎2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

左・2015年に発売されたコミック。右・映画化に際して50ページ加筆された完全版。渋谷氏による映画化日記も収録。表のほとんどが帯。幅広すぎです!! ww(共に扶桑社より発売中)

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

「直角」という名前は、漫画家を目指していた渋谷さんのお父様が、小山ゆう氏の漫画『おれは直角』から付けたんだそう。ちなみに妹さんはあだち充氏の某作品のヒロインと同じ名前です。
©︎渋谷直角/扶桑社

マガジンハウスの編集バイト出身と言えば、映画「シン◯ジラ」主演のHHさんも学生時代にPOPEYEで働いていたんだそう。『ってことは、社員食堂で会ってたかもしれないの!? もっとちゃんと観察してれば良かった〜!!』と、とある先輩は激しく後悔しています。

今後も未来の〇〇となる人が現れるのでは!? と思いつつ、編バイさんには失礼のないように接しようと改めて思いました。(人として当たり前!!)

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
9月16日(土)全国東宝系にて公開
映画の公式サイトはコチラ

ピカソがアローズ本店にやってきた!! ヤァ! ヤァ! ヤァ!ユナイテッドアローズ原宿本店が25周年。

ユナイテッドアローズ原宿本店

原宿の街に要塞のようにでで〜んと佇むユナイテッドアローズ原宿本店がオープンしてから25周年を迎え、9月7日にリニューアルオープンしました。隣のブロックにあったレディースもこちらに移動してきて、動線が良くなった印象。店内の特徴は、ファッションとアートを融合させたディスプレイで、なんと、ピカソの陶器も飾られています。

ユナイテッドアローズ原宿本店
ユナイテッドアローズ原宿本店

ピカソの陶器(*展示のみです!!)が飾られている2Fには、多くの陶芸家に影響を与えたブルント・フリーベリの陶器も。

ユナイテッドアローズ原宿本店

菅木志雄(すが・きしお)さんの作品とレディースのアイテムがすごく合ってます!! 菅さんのアートピースは各108万円。

ユナイテッドアローズ原宿本店

上出長右衛門(かみで・ちょうえもん)さんの湯呑みは、DJしたりスケボーしたり。各6,480円。

 
9月に入って一気に涼しくなってきたので、秋冬物を求めてぜひお出かけください。

〈ユナイテッドアローズ原宿本店〉
■東京都渋谷区神宮前3-28-1
■03-3479-8180
リニューアルの詳細などはコチラ

乙女代表のブランド・MUVEILは10周年。

刺繍やレース使いなど、多くの女性の乙女心をくすぐるブランド「MUVEIL(ミュベール)」は10周年を迎え、表参道の旗艦店「GALLERY MUVEIL」がリニューアルしました。

IMG_6532

リニューアルパーティでは、すずらん(仏語・MUGUET)とヴェール(英語・VEIL)を合わせた造語であるブランド名を象徴するディスプレイも。

IMG_6538

ブランドの象徴でもある個性的なおばあちゃん4人組の「グランマ・チャーム」の歴代ショーピース(?)もずらりと展示。

刺繍やパーツを選んで、自分だけのアイテムを作ってもらうセミオーダーサービスなどもスタートしました。可愛い秋冬物も入荷してますよ!!

GALLERY MUVEIL
東京都港区南青山5-12-24-B1
電話:03-6427-2162
MUVEILに関してはコチラ
------------------------------------
東京を駆け抜けろ
編集SYによる前回「おしゃれすぎるランドリーなど」はコチラ
これまでの連載はコチラ

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR