マンダリン オリエンタル 東京

マジカルな世界観を味わいたい! 〈マンダリン オリエンタル 東京〉新エグゼクティブ ペストリーシェフの珠玉のスイーツが登場! Learn 2017.09.05

〈マンダリン オリエンタル 東京〉1階のショップが〈ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ〉へと生まれ変わり、さらにステファン・トランシェ(Stéphane Tranchet)氏がエグゼクティブ ペストリーシェフに就任。トランシェシェフが織りなす新たなコレクション、「KUMO」を含むケーキ10種にチョコレート、クッキー、マカロン、マドレーヌやパウンドケーキ、そして特製ジャムをご紹介!

新シェフ ステファン・トランシェ氏のマジカルな世界観をお届け!

マンダリン オリエンタル 東京

フランス・エシレ村の近くで生まれ育ち、輝かしい経歴を持つトランシェシェフ。〈ピエール・ガニェール・ア・東京〉でペストリーシェフを務めたことも。

マンダリン オリエンタル 東京

絶妙な甘さのバランスに食感や味わいのバリエーション…続々と展開されていくコレクションでは、トランシェシェフならではのスイーツ体験が叶います。

先日行われたプレスイベントの様子を織り交ぜながら、シェフの世界観をお届け。

マンダリン オリエンタル 東京

ウェルカムドリンクも遊び心たっぷり。

マンダリン オリエンタル 東京

トランシェシェフの世界観を体感できるオブジェも。ケーキにあしらわれる「蝶」には、「蝶に乗せて幸せをお届けしたい」というシェフの想いが込められているとのこと。

マンダリン オリエンタル 東京

ケーキをはじめ、魅惑のコレクションの数々をいただきました。

マンダリン オリエンタル 東京

10月1日から販売予定の1日限定20個のマドレーヌ(右)は、栗の蜂蜜の香りが印象的。

9月1日より「KUMO」をはじめ、10種のケーキが登場!

「KUMO 栗」1,200円(以下記載料金は全て税別)。
「KUMO 栗」1,200円(以下記載料金は全て税別)。

トランシェシェフの代名詞である『KUMO(くも)』。雲をかたどった愛らしいルックスだけでなく、舌ざわりも雲のようにふわっと軽やか!季節ごとに様々フレーバーを展開し、9月1日から11月30日までは「KUMO 栗」。栗のムースとクリームに加え、刻んだ栗とビスケットが、薄くクリスピーなホワイトチョコレートに包まれています。

さらに、伝統を踏襲しつつシェフのオリジナリティが溢れるケーキの数々がお目見え。そのラインナップの一部をご紹介。

「モンブラン」(800円)
「モンブラン」(800円)

ワイルドブルーベリーの酸味がアクセントとなった、クラシックなモンブラン。

「パリブレスト」(800円)
「パリブレスト」(800円)

千葉産の落花生を使用。濃厚なクリームが楽しめるクラシックな一品。

「洋梨のババロワ」(750円)
「洋梨のババロワ」(750円)

幻の西洋梨といわれ、とても甘くて柔らかい日本産の「ル レクチエ」を使用した繊細なデザート。

プレミアムウイスキーを使った大人のためのチョコレートが多数登場!

4個入り(1,900円) 全種8個入り(3,600円)
4個入り(1,900円) 全種8個入り(3,600円)

スモーキーな風味のスコッチウイスキー『ラガヴーリン16年』入りの「ラガヴーリン」ジャパニーズウイスキーの最高峰『響 ジャパニーズハーモニー』と栗を合わせた「響」爽やかな香りのウイスキー『白州』を使った「白州」(各400円)といった大人テイストなものに、沖縄産レッドペッパーのスパイシーでフルーティーなテイストの「ピパーチ」「抹茶」「プラリネ」「ライム」(各350円)の全8種。

マンダリン オリエンタル 東京

カカオ70%のダークチョコレートと刻んだジンジャーを組み合わせた、ビター&スパイシーな「タブレット・ジンジャー」も。共に10月1日より販売予定。

4種のクッキーもバラエティ豊か!

マンダリン オリエンタル 東京

ヘルシーなエナジーブーストクッキー「シリアルクッキー」ショートブレットから生まれ、レモンの皮を使用したクッキー 「レモン」甘さ控えめな「アーモンドキャラメル」クラシックなチョコレートサブレ「チョコレート」各850円。販売開始は後日発表。

個々のフレーバーが口いっぱい広がるマカロン、気になるそのラインナップは?

マンダリン オリエンタル 東京

タヒチ産バニラを用いた「バニラ」450円、「ラズベリー」「ピスタチオ」各400円、カプチーノをイメージした「コーヒー」「抹茶」各400円、果汁と皮、白い部分までレモンの全てを用いた「レモン」ブルターニュ定番の塩が効いた「キャラメル」各350円。10月1日より販売開始予定。※レモン・抹茶は後日発表。

手土産にもぴったり!上質なパウンドケーキ3種。

マンダリン オリエンタル 東京

〈マンダリン オリエンタル 東京〉のオリジナルブレンドティーを使った「マンダリン オリエンタル ブレンドティー」とポップなデコレーションが目を引く「マンゴー」各2,700円が9月1日より販売中。さらに、リッチなチョコレートを幾重にも重ねコニャックを効かせた「クリスピージャンドゥーヤ」2,900円も10月1日より販売予定。

ユニークなフレーバーの特製ジャムもお見逃しなく!

マンダリン オリエンタル 東京

11月1日より販売開始予定のこちら。「柚子×響 ウイスキー」「プラム×『塩尻マスカットベーリーA』赤ワイン」各2000円、バニラが香る「パッションフルーツ×パイナップル」「ピュアストロベリー」各1,600円は、ジャムの約60%に果実を使用。さらに、トランシェシェフの幼少期のおやつの思い出から生まれたという「塩キャラメルチョコレート」1,600円も。

マンダリン オリエンタル 東京

〈マンダリン オリエンタル 東京〉〈ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ〉
この度ショップ名称、ロゴ、プレミアムギフトボックスも刷新。
■7:30〜20:00 (平日/月~金)9:00〜19:00 (土日祝)
■03-3270-8159(〈ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ〉直通)
HP

☆新シェフを迎えた〈マンダリン オリエンタル 東京〉イタリアン〈ケシキ〉の新メニューはコチラ!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR