四ツ谷 テイクアウト

あのお店もはじめました! 【6/29店舗追加】ご近所レストランのテイクアウトグルメ。四ツ谷編 Learn 2020.06.29

新型コロナウィルスの感染拡大が続くなか、注目されるフードアクションのひとつが、飲食店が新しくはじめているテイクアウトメニュー。そんなおいしいテイクアウトをエリア別にご紹介!自宅や勤務先からほど近い「ご近所レストラン」のメニューをチェックして!今回は、四ツ谷周辺編をお届けします。
【Hanakoからのお願い】
・自宅、勤務先から徒歩や自転車で行ける「ご近所」のお店に行きましょう。
・事前に注文方法などをしっかり確認しましょう。
・受け取りに行く際は、最少人数で行きましょう。
・マスクの着用、手指の消毒も忘れずに!

【6/29更新】丹精込めた、絶品の美味しさ!〈徒歩徒歩亭〉の焼売と雲呑に注目。【四ツ谷】

スープに入れても、そのままラー油などにつけて食べても◎「雲呑」8個1,000円。
スープに入れても、そのままラー油などにつけて食べても◎「雲呑」8個1,000円。
餡たっぷりの「焼売」6個1,080円。
餡たっぷりの「焼売」6個1,080円。
image0 (1)
冷凍注文の場合は、解凍して沸騰させたたっぷりのお湯またはスープに雲吞を入れる。やさしく混ぜながら3~4分茹で、お肉に弾力が出たら出来上がり。
冷凍注文の場合は、解凍して沸騰させたたっぷりのお湯またはスープに雲吞を入れる。やさしく混ぜながら3~4分茹で、お肉に弾力が出たら出来上がり。
image3
image2
冷凍注文の場合は、冷凍のままの焼売を耐熱皿に移しラップをかけ、電子レンジで温めればOK。
冷凍注文の場合は、冷凍のままの焼売を耐熱皿に移しラップをかけ、電子レンジで温めればOK。
そのほかアラカルトで「海老チリ」1,600円や「麻婆豆腐」1,350円なども。
そのほかアラカルトで「海老チリ」1,600円や「麻婆豆腐」1,350円なども。

東京オリンピックが開催された昭和39年、新宿〜四ツ谷に構える屋台としてスタートさせた『徒歩徒歩亭』。現オーナー・西勝佐江さんは、約20年間引いた父の屋号を引き継ぎ、雲呑や焼売、支那そばなど心温まる料理をお店で提供している。「今年の秋で10年目を迎えます。父の影響も大きいですが私自身旅好きということもあり、地産地消の食を求めて日本中、また海の向こうまで周ったことがありました。そうした中で出会ったもの、目に映したものを表現したいと思い、このお店を持つことを決心できたと思います。」(西勝さん)
お店の味をそのままに提供する看板メニューは、手作りでボリューム満点の「雲呑」と「焼売」。国産豚をふんだんに使用し、無添加で優しい味付けに。「お子様からご年輩の方まで安心して美味しくお召し上がり頂けます。ご自宅用やお土産になど、その“一食”によって笑顔になって頂ければ、またそれが人と人との繋がりになればと思います。」

★受付・ピックアップ方法
店頭販売(17〜19時、土曜は11〜15時、雲呑・焼売は終日販売)、または公式HP内オンラインショップからにて注文可。

★お店からの注意事項・メッセージ
・オンラインでの注文の場合、受注後の製造、翌日発送になります。美味しさと鮮度を保つ為、できたてを急速冷凍しクール宅急便にてお届け。
・手作りの為、受注状況によって在庫切れとなる場合がございます。

また、日曜日店頭販売や季節ごとのキャンペーン販売なども随時開催。詳細はホームページ、または Instagram にてご確認を。

★住所
東京都新宿区四谷三栄町6-32 鈴木ビル1F

text:Ami Hanashima

ちょっと贅沢に!〈しゃぶ禅 四ツ谷店〉で霜降り国産牛リブロースのしゃぶしゃぶ禅&すきやき禅をテイクアウト。【四ツ谷】

「霜降り国産牛すきやきセット」3,000円。しゃぶ禅特製割り下付き。※写真はイメージです。
「霜降り国産牛すきやきセット」3,000円。しゃぶ禅特製割り下付き。※写真はイメージです。
「霜降り国産牛しゃぶしゃぶセット」(割り下付き)3,000円。しゃぶ禅特製胡麻だれ、ポン酢、薬味、出汁昆布付き。※写真はイメージです。
「霜降り国産牛しゃぶしゃぶセット」(割り下付き)3,000円。しゃぶ禅特製胡麻だれ、ポン酢、薬味、出汁昆布付き。※写真はイメージです。
「霜降り国産牛ステーキ重」1,500円。
「霜降り国産牛ステーキ重」1,500円。
「うな重」1,700円。
「うな重」1,700円。
「葱塩牛タン禅」1,500円。
「葱塩牛タン禅」1,500円。
「黒毛和牛ローストビーフ禅」1,500円。
「黒毛和牛ローストビーフ禅」1,500円。
「霜降り国産牛 牛丼」700円。
「霜降り国産牛 牛丼」700円。
「霜降り国産牛カレー」700円。
「霜降り国産牛カレー」700円。

すき焼き&しゃぶしゃぶ専門店〈しゃぶ禅〉は、六本木店など全国に店舗を構える人気店。厳選された牛肉を使ったしゃぶしゃぶ、すき焼きの食べ放題にこだわり続け、季節のコース料理も好評です。

テイクアウトメニューの目玉は、なんといってっも店の看板メニューでもある「霜降り国産牛しゃぶしゃぶセット」と「霜降り国産牛すきやきセット」各3,000円。どちらも贅沢な霜降り国産牛リブロースを使用し、国産野菜の盛り合わせが付いてきます。しゃぶしゃぶはゴマだれ、ポン酢、出汁昆布と、すき焼きは割り下と一緒に堪能しましょう。

ほかにも「霜降り国産牛カレー」「ロースかつカレー」「霜降り国産牛 牛丼」「霜降り国産牛ステーキ重」「葱塩牛タン禅」「黒毛和牛ローストビーフ禅」「うな重」など、多彩な高級食材弁当を持ち帰り可能なので、プチ贅沢したい日にぴったり。「創業約40年の日本料理、しゃぶしゃぶ、すきやき専門店の味をご家庭で美味しく楽しんで頂けます。専門店ならではの『ゴマだれ』『ポン酢たれ』は毎日、自店で仕込み防腐剤を一切使用していません。是非一度、お試しくださいませ」(六本木店店長・田尻さん)。

★受付・ピックアップ方法
店頭(予約なしでもOK)、または電話予約(TEL:03-3354-2941)にて注文。
受け取り時間:12:00〜21:00

★お店からの注意事項・メッセージ
「写真はイメージです。ご提供までに店頭で15分ほどお時間いただきます」

★住所
東京都新宿区四ツ谷3-8 中央ビル6F

text:Riyua Joe

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR