DSC_0372_main1

ローストビーフ×クラフトビールのペアリングが楽しめる! 三軒茶屋の人気肉バル〈MOSS〉の2号店〈MOSS Roast Beaf Stand〉がリニューアルオープン! Learn 2017.08.23

今年6月、肉好きが集う三軒茶屋にある肉バル〈MOSS〉の姉妹店、駒沢の〈MOSS Roast Beaf Stand〉がリニューアルオープンしました。コンセプトを「MOSS居酒屋」に変え、なんと名物のローストビーフなどクラフトビールとのペアリングメニューもあるのだとか。大好きなビール×肉が味わえると聞いて、早速体験しに行ってきました!

おしゃれな雰囲気のダイニングバー

s_1_DSC_0381_2

駒沢大学駅徒歩4分、三軒茶屋駅徒歩10分の環七沿いに佇むお店です。外観は、おしゃれでひと味違った個性を感じさせるデザイン。ライトアップされると、ぐっと大人な雰囲気が増します。

s_2_DSC_0344_2

なんと、入口はこの自動販売機!……みたいなドア。最初、どこから入ればいいのか分からなかったほど!

スッキリしたブルーを基調としたカウンター席
スッキリしたブルーを基調としたカウンター席
無国籍なイメージのインテリア
無国籍なイメージのインテリア
s_5_DSC_0351_2

店内にはアジアンテイストのインテリアや創作オブジェなどが並び、ちょっと異国にトリップするような雰囲気。おしゃれさと個性がバランス良く共存していて、不思議とくつろいでしまう空間が広がっています。

最初はとりあえず、のおつまみ盛りからペアリングメニュースタート

「おまかせおつまみ盛り」(写真奥から時計回りに牛ハチノスのマリネ、鮭とケッパーのポテトサラダ、ナスのバルサミコマリネ生ハム添え)
「おまかせおつまみ盛り」(写真奥から時計回りに牛ハチノスのマリネ、鮭とケッパーのポテトサラダ、ナスのバルサミコマリネ生ハム添え)

居酒屋の定番メニューである酢モツ、ポテトサラダ、ナスの揚げ浸しをイタリアンにアレンジした、シェフの創作メニュー。コリコリ食感の牛ハチノスは、夏にぴったりのスッキリした味わいのマリネ。ポテトサラダは中に混ぜ込まれたディルがとても効いていて、止まらない美味しさ。ナスのバルサミコマリネは、隠し味に使われている九州産の甘い醤油が味に奥深さを加えています。

こちらのメニューに合わせるのは、このビール!

「常陸野ネストビール」(ペールエール)〈日本〉
「常陸野ネストビール」(ペールエール)〈日本〉

常陸野ネストビールは、茨城県にある木内酒造が作るクラフトビールです。ペールエールらしい、柑橘系の爽やかなホップアロマが特徴的な味わい。フクロウがプリントされたラベルが可愛い♩

常陸ネストビール(ペールエール)×おまかせおつまみ盛り
常陸ネストビール(ペールエール)×おまかせおつまみ盛り

華やかな香りの、軽くて飲みやすいペールエールとさっぱりした軽い味わいのおつまみ盛りは、最初のペアリングメニューにぴったり。どんどんビールが進むことでしょう!

2品目は、こんな和風メニューもクラフトビールに合わせちゃいます

「国産牛タタキの山かけ」
「国産牛タタキの山かけ」

表面をさっと炙って旨味を凝縮させた牛タタキに、山芋のすりおろしをたっぷりと。こちらも居酒屋の定番メニューをMOSSアレンジ。

こちらのメニューに合わせるのは、このビール!

s_10_DSC_0364_2

DAY OF THE DEAD IPA〈メキシコ〉

メキシコのマイクロブルワリーで醸造されたメキシコ産クラフトビール。豊富に使われたホップの力強い苦味が特徴。ラベルのポップなガイコツのイラストがインパクト大!

s_11_DSC_0361_2

DAY OF THE DEAD IPA〈メキシコ〉×国産牛タタキの山かけ

一見ミスマッチのように思えるこの組み合わせ、飲んでみると意外に合う!IPAの苦味を牛タタキの焦げ目の苦味が受け止めてくれるんです。

メインはやっぱり名物ローストビーフとのペアリング!

「ローストビーフ 黒毛和牛モモ肉 」(100g)
「ローストビーフ 黒毛和牛モモ肉 」(100g)

やっぱりこれは外せない!店名にも掲げるローストビーフ。ブランド牛横浜ビーフのA4黒毛和牛を贅沢に使用しました。牛筋と香味野菜を数時間煮込んだ味わいタレをたっぷり絡めていただきます。

こちらのメニューに合わせるのは、このビール!

「RETHIA Maria Mata 」(ペールエール)〈イタリア〉
「RETHIA Maria Mata 」(ペールエール)〈イタリア〉

イタリアのソムリエの資格を持つブルワーが作ったクラフトビール。10種のホップを使用したすっきりとした苦味が特徴です。

s_14_DSC_0372_2

RETHIA Maria Mata (ペールエール)×ローストビーフ 黒毛和牛モモ肉

華やかな香りや柑橘の果皮のようなビターテイストが、肉のジューシーな旨味を引き立たせてくれます。黒毛和牛を使用しているので肉にサシが入っていて脂も多いですが、飲みやすいペールエールで後味もスッキリ。

ローストビーフの柔らかさがたまりません!

s_15_DSC_0379_2

ローストビーフはさすが看板メニューなだけあって、ジューシーな肉汁やとろける柔らかさが感動モノです。

今回クラフトビールとのペアリングメニューをいただきましたが、どれも意外とマッチしていてビックリ。肉好きはもちろん、ペアリングも楽しみにぜひ一度足を運んでみてくださいね♩

〈MOSS Roast Beaf Stand〉
■住所:東京都世田谷区上馬4-11-25 K&F駒沢1F
■交通アクセス:東急田園都市線「駒澤大学」駅西口より徒歩4分、「三軒茶屋」駅南口より徒歩10分
■電話:03-4291-8863
■営業時間:18:00〜3:00
■定休日:火曜日

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR