徳田 葵

密着!Hanako Lab's Style! 人と関わるのが好き!アナウンサー・ビジネスタレント 徳田さんのON/OFFスイッチ Learn 2019.10.31

東京で働きながら、自分らしく輝いているハナコラボメンバー。実際はどんな仕事をして、どんなことに夢中になっていて、どんな風に毎日を過ごしているんだろう?そこで、メンバーの1日に密着。リアルなライフスタイルから、毎日を楽しむための“ON”と“OFF”のスイッチをみつけました!

さて、今回密着するハナコラボメンバーは…

名前:徳田 葵(とくだ・あおい)
年齢:30歳
職業:アナウンサー、ビジネスタレント
活動エリア:渋谷、代官山

【ON】誰かの役に立てる人になりたい。人間性を磨くためアナウンサーの道へ

今回密着するハナコラボメンバーは、アナウンサーやビジネスタレントとして活躍している、徳田 葵(30)さんです。フリーアナウンサーを経て、大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ〈Schoo〉に入社した徳田さんは、受講生代表として年間約300本の授業に出演。朗らかなキャラクターと、視聴者の学びを深める授業進行で人気を集めています。

徳田 葵

もともとフリーアナウンサーとしてキャリアをスタートした徳田さん。「アナウンサーの仕事をしたくても、現場での経験がないと仕事をもらうのは難しくて。バイトをしながらオーディションを受けて、なんとか仕事をとって……苦しい6年間でした」と、苦難の日々を過ごしていたそう。先が見えない日々を送る中で、「新しい分野で、一緒に仕事をしたいと思える人たちと働きたい」と考え、中途で〈Schoo〉に入社しました。

「元々、報道とかスポーツ専門のアナウンサーになりたいというよりは、『人と関わるのが好きなのに人見知り』な自分を変えたい、主張できるようになりたいという気持ちからアナウンサーになりました。〈Schoo〉に入った決め手も、社員の人柄に惹かれたからです」と、自分と周りの人間性を大切にしている徳田さん。「情報って誰が伝えているかで、伝わることが変わってきて、そこが面白いんです。アナウンスの基礎や技術も大事ですが、相手のことを想った発言を一番に大切にしています」と、仕事の信念を語ってくれました。

徳田 葵

〈Schoo〉で毎日のように人と会い、授業を進行している徳田さんにとって、「関わった人の数だけ、価値観に触れることができる」ことが仕事のやりがいになっているそう。「人のことが好きだから、その人と関わる時間に真剣に向き合わないともったいないなと思いますね」
仕事に追われていると、つい人との関わりがおざなりになることも。どれだけ僅かな時間でも、出会った人に向き合い、丁寧に接することの大切さを見つめ直したいものです。

【OFF】スキマ時間に、大好きなタピオカでほっとひと息

「仕事もプライベートも人と関わることが大好きで、あまりON/OFFの境目がないんです」という徳田さん。家で時間があるときは、〈ネットフリックス〉でアニメを見たり、バスソルトを入れてお風呂タイムを楽しんでいるそうですが、お休みの日は人と会うことがほとんどなのだとか。一方で仕事の合間には、大好きなタピオカが飲めるお店へ訪れ、ちょっとした「自分だけの時間」を作るようにしているといいます。

春水堂

様々なタピオカの店があるなかで、徳田さんお気に入りのお店が〈春水堂(チュンスイタン)代官山店〉です。「タピオカは高校生の時から好きですね。ここのタピオカは小粒で飲みやすいんですよ!」と言って頼んだのは、新作のタピオカほうじ茶マロン。ほうじ茶の風味が和を感じさせる、新鮮な味わいです。

春水堂

ほうじ茶に合わせて頼んだのが、麻辣排骨担々麺とパクチー水餃子のセット。麺も水餃子の皮もモチモチとして食べ応えがあり、お腹が空いた時に満腹感を得られるボリューミーな一品です。

春水堂

「いくつかお気に入りのお店があるんですけど、〈春水堂〉はゆったりできるカフェ空間で、台湾の風情を感じながら食事も一緒に楽しめるから良いんですよね」と嬉しそうにタピオカと食事を楽しんでいました。

春水堂

「甘いものが好き」だという徳田さんが注目しているのが、最近注目されている豆花(トーファー)。さっぱりといただけるオススメ台湾スイーツです。

★My Favorite Item

徳田 葵

徳田さんのお気に入りアイテムは、音楽。事前準備をする時は、〈Spotify〉で音楽を聴きながら作業をしているそうです。「放送前はいつもイヤフォンで音楽を聴きながら、出演者の情報収集をしたり、授業内容を確認しています」と、出演者との会話のテンポを掴むために話題作りにも気を配り、授業がよりスムーズに進行できるように準備にも余念がありません。

徳田さんのこれから

徳田 葵

「今後はディレクターとしてのスキルも身につけていきたい」と、今後の目標を語る徳田さん。「授業の企画をして、視聴者のターゲットを考えたり、授業開催に必要な講師を探してアポイントを取ったり。今の仕事が好きなので、結婚しても仕事は続けたいですね。裏方の仕事も含めてなんでもできる人になって、もっと幅を広げていきたいです。ラジオやYouTubeなど、別のメディアにも興味があります」と、意欲に満ち溢れています。

社会人になっても学び続け、新しい知識を楽しみながら得ている徳田さんの瑞々しい感性に、刺激を受けました!

今回の取材はココ!

春水堂

〈春水堂 代官山店〉
◼︎東京都渋谷区代官山町20-9 アクシス209代官山
◼︎03-6809-0234
◼︎11:00~21:00 (L.O. フード20:00/ドリンク21:00)不定休

☆前回の『自分の中にある「好き!」が原動力!喜田さんのON/OFFスイッチ』はこちら!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR