DSC3931_main

「おとちゃんどうだった?」第4回 夏が来たぞ!インコのおとちゃん、今日は張り切ってかき氷を削ります。 Learn 2017.07.27

手作りのおもちゃをインコのおとちゃんに贈り、その反応を飼い主でありカメラマンでもある村東剛さんから教えてもらうこの企画。今回のおもちゃのテーマはかき氷。果たしておとちゃんは、おもちゃを気に入ってくれたのか?

7月最終週は、ハナコ編集部の夏休み。

つまりこのブログがアップされる頃、ハナコ編集部はちょうどお休みです。

そんな夏休み直前の金曜日。夜も更けた編集部で突然、スイカ割りが始まりました。

スイカは、最近ハナコがお世話になっている高知県からいただいたもの。

以下、編集部員Yちゃん撮影の動画から抜粋した画像でお伝えしますよ!しばし、編集部の夏の思い出にお付き合いください。

IMG_5580

まずスイカ割りに挑戦したのは、ハナコのアートディレクターHさん。夏休み前の仕事の多さに、満面の笑みを浮かべながら「やばい」を口から垂れ流していました。

スイカを割って、スカッとしていただきましょう。

IMG_5589

一刀目、きれいに空振りするのはお約束。

IMG_5598

しかしさすがの軌道修正の速さで、スイカの一部を分離させることに成功します。

IMG_5574

次に選手交代してスイカに挑んだのは、ハナコ編集部に異動してきたばかりのTくん。

そのとき、画面横から急にしゃしゃりでてくる女が。

IMG_5572

あー、こういうときに横から口だけ出してくるヤツっているよねー

「棒はこう持て」だの「もう少し右」だの偉そうに指導して女は画面から消えました。

と思ったら残念ながらこれは私なのでした。

IMG_5577

そんな私の助言が効いたのか。いや、効いていないのか。

ともかくスイカはきれいに割れて拍手喝采。

スイカ、すごく甘いよ!

IMG_5511

スイカってこんなに甘いんだ、と驚く編集部一同。やっぱり暑い日にはスイカがおいしいですね。仕事を忘れて夏を感じたひとときでした。

なんつって。

なぜこのように本題のおとちゃんに関係ないことばかり書いているのか。

実は、今回はたいしておもちゃの制作話みたいなものがないのです。

いやあの、その…

IMG_5243

今回のおもちゃは、こ、これなんですけど…(そっと差し出したい感じ)

言い訳させてください。

少し前に、自宅に電動シュレッダーを買ったんです。書類を切り終わったあとの小さな紙切れのワサワサを見て、「おとちゃん、こういうの好きだろうなー」と。

おとちゃんの"紙好き"は、前回で証明済み。おまけに夏休み前は仕事がてんてこまい、っていうのもあってですね。シュレッダーの紙切れで、サクっと夏っぽく、かき氷っぽくしてしまおう!と。

ガラスの器に、シュレッダーで切った紙を盛るだけ…。せめてもの工夫ということで、かき氷のシロップをイメージした色紙は、赤と黄色の2種類を用意しました。

IMG_5248

ダンボールに入れると、よりいっそう辛気臭い。

ああ、なんか、ごめん、おとちゃん…(あと村東さん…)と思いながら発送。

おとちゃんどうだった?

以下の写真は撮影・村東剛さんなのですが、届いた写真が…

ちゃんと夏っぽく仕上がっている…!!

DSC3991

おとちゃんの涼しい澄まし顔がカワイイ!!!!

「後ろにすだれ、追加しときましたー」と村東さん。本当にありがとうございます。

このテキトウおもちゃ、まさかのヒットだったようです。

DSC3865

かき氷の氷部分をかじかじ。おとちゃん氷削機ですね。

DSC3931

ほら、なんだかいつもと目の真剣さが違う!(気のせい)

DSC3928

顔うずめちゃってます。

DSC3870

そしてこのおもちゃ唯一の見せ場。シロップの色はどちらにしましょうか?

DSC3869

イチゴのほうですね。

DSC3977

シロップかけまーす。

DSC3990

あらっ、おとちゃん。

DSC3990-2

こんなに前のめりな表情、初めて見たよ!

IMG_5588-1

おもちゃ作りの手間と、おとちゃんの反応は比例しない…

やはり女心と鳥心は、目隠しをしたスイカ割り以上に思い通りにはいかぬものです。

次回、あの人が喝を入れにやってきます。

運良く「かき氷」は気に入ってもらえたものの、今回のおもちゃのクオリティが、夏バテ気味というか完全な手抜きだったのは事実。

次回、そんな私の目を覚ます出来事が…?!

ちょっとした展開がございます。お待ちくださいませ。

●連載の記事一覧はこちら
●村東さんによる、おとちゃんの近況はこちら

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR