名称未設定 1

食事で、スパで、トリートメントで、デトックス! “デトックスでキレイになる”がテーマ。〈スパ ラクーア〉のイベントは8月末まで! Learn 2019.08.05

〈スパ ラクーア〉では季節ごとに様々なイベントを開催。今回は、“デトックスでキレイになる”という女性に嬉しいテーマです!冷房による冷えや気温差で体調崩しがちな暑い夏こそデトックスで体調管理や美容にも気をつけていきたいところ。今回は丸一日デトックス体験してきたので、レポートします!

今日はとことんデトックス!

IMG_7884

館内のレストラン&カフェ店舗には期間限定でデトックスに効果のある食材を使用したメニューや、発汗を促す激辛メニューが登場!どれも美味しそうで何を食べようか迷ってしまいますね。

IMG_7886

まず私がお昼ご飯に選んだのは〈ニャーベトナム〉の「激辛!ブン・ボー・フェ」(1,180円)。こちらは人気の通常メニューの期間限定激辛バージョン。特に辛いものが得意な訳ではないのですが、フォーが美味しそうだったので惹かれてしまいました。がしかし、食べたら想像の3倍の辛さ!(笑)

IMG_7885

一口目で完食できるか不安になってしまいましたが、ゴロゴロの牛すじや米粉の麺が美味しくて食べやすい。私の舌はびっくりしているようでしたが、癖になる辛さであっという間に完食してしまいました!ちなみにすでに水分大量摂取して汗もだくだくです。

橙幻宮

汗をかいたところでさらに汗をかきに岩盤浴〈ヒーリング バーデ〉へ。黄土やゲルマニウム、岩塩などの素材の異なる各種低温サウナはゆっくりと汗をかくにはぴったり。

オープンデッキ

さらにリゾート地のようなおしゃれな休憩スペースで癒されながらリラックスすることができます!

IMG_7875

こちらでもデトックスメニューが。〈ヒーリング バーデ〉内にある〈バーデカフェ〉では「スウィッチェル」(600円)をいただきました。フルーツ酢がベースですが、ハチミツやレモンのお味でスッキリと飲みやすい。生姜も入ってデトックス要素がたっぷり!

内湯

岩盤浴で汗をかいたらお次はスパへ。〈東京ドームシティ〉の地下から湧き出る天然温泉は、保湿、保温効果に優れ「痩身の湯」や「美人の湯」とも呼ばれているのだそう!まさに今回の“デトックス”にはぴったりですね。

炭酸泉

露天風呂もあり、こちらでは美肌効果があるとされている炭酸泉に入ることができます。たくさんの種類があり、まわるだけでもとっても楽しめます!

_I8A0649

さてお次は「ラニカイ ハワイ」でハワイアンロミロミを体験してきました!今回のデトックスロミはうつぶせメニューにデコルテとヘッドがセットになった期間限定メニュー!(60分 9,180円)

_I8A0601

ハワイ伝統のマッサージであるロミロミは指、手の平だけでなく、腕や肘も使ったオイルによる全身トリートメント。体へのリラックス効果だけでなく、心にあるネガティブな感情も解き放ってくれるので、ポジティブになり心の底からリラックスができます。

rani_I8A0532

さらにホットストーンの置き石では毒素の排出を促進する効果があり、デトックスにはぴったり。ホットストーンが背中にのると一気に体がじんわりと温まり心地よすぎてついうとうとしてしまいました!終わった後には私のバキバキだった肩や破裂しそうだったふくらはぎが見事にほぐされとっても体が軽くなりました!

IMG_7882

ロミロミの後、二度目のお風呂を楽しんだ後は、夜ご飯!〈よ志のや〉の「彩りサラダセット」(1,500円)はゴーヤ、ブロッコリー、オクラ、セロリなどデトックス食材がたっぷりです。みずみずしいシャキシャキのお野菜たちに、全粒粉のバケットと豆乳ヨーグルトプリンがセットに!

IMG_7880

同じく〈よ志のや〉でデザート「白桃とバニラのアイス 魔女のいたずら」(600円)をいただきました。とっても可愛い名前の秘密は…

IMG_7879

なんと唐辛子が入った“魔女の練乳”!こちらをかけると甘いアイスがピリ辛に味変するんです!こちらも激辛でデトックスですね。初めてのお味でしたが甘くて辛い不思議な感覚が癖になりました!

ヒーリング バーデ

デトックスづくしの一日で、体がとっても軽くリラックスできました!“デトックスでキレイになる”は8月末までの限定イベントなので、ぜひ夏休み中にチェックしてみて下さいね!

〈東京ドーム天然温泉 スパ ラクーア〉
■東京都文京区春日1-1-1 東京ドームシティLaQua5〜9F(フロント6F)
■03-3817-4173
■11:00〜翌9:00(最終入館8:00)
■期間中無休
■イベント8月31日(土)まで
公式サイト

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR