tDMA-170407-Hanako1902

本場のクレーム・パティシエール体験を。 まるでケーキ!濃厚リッチな極上クリームパン3選。ホテルメイドや本場レシピまで! Food 2019.07.08

香り高いバニラにコクのある卵、濃厚なミルクが三身一体の極上クリームパンとは?ホテルメイドから三ツ星フレンチのものまで、まるでケーキのようなクリームパン3選をご紹介します。

1.〈Boulangerie et Café Main Mano〉/代々木上原

Boulangerie et Café Main Mano 代々木上原
Boulangerie et Café Main Mano 代々木上原
「ミニクロワッサン」(60円)
「ミニクロワッサン」(60円)

小さいけれどしっかりパリパリ、中しっとり。

「クリームパン」(170円)
「クリームパン」(170円)

〈マンマーノ〉でぜひ食べてほしいのは、なんといってもクリームパン。カスタード、というよりクレーム・パティシエールと呼びたい。バニラの芳醇さ、ミルク、卵。フランスのレシピそのままというこのクリームは、溶けるごとに、内側からぷんぷんとさまざまな香りが飛び出てくるのだ。

マンマーノブレッド(角食)も秀逸。ヨーグルトの乳清から起こした種を使うという優れたアイデア。自家培養なのにふわふわで、さわやかな甘酸っぱさがある。

「バゲット」(350円)
「バゲット」(350円)

フランスでの経験は食事パンにもいかんなく発揮される。フランスの水の硬度に合わせ、バゲットはevianで仕込む。カリカリの皮にはいかにもフランス産小麦らしく、バターのようなコクと甘みを含む。後味はミネラリーににじみ、舌をじんじんとさせる。

「焼きカレーパン」(310円)
「焼きカレーパン」(310円)
「パンオショコラ」(330円)
「パンオショコラ」(330円)

フランスのパンコンテストのヴィエノワズリー部門で1位に輝いた毛利シェフ。スイーツ系のパンに冴えを見せる。

(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo : Youichiro Kikuchi, Akiko Mizuno text : Taeko Terao, Tomoko Matsumoto edit : Rie Nishikawa)

2.〈LE PAIN de Joël Robuchon 渋谷ヒカリエShinQs店〉/渋谷

DMA-DSC_6154

フランスの食文化と日本のパン文化の最良の部分が融合を果たす。フレンチのレジェンド、ジョエル・ロブションが監修。食への好奇心を失わない彼は、カレーパンすら製作を許可。フィリングの製作にはレストランのシェフが加わる。技術力もハイレベルだ。歴代シェフ・ブーランジェからはクープ・デュ・モンド(パンのワールドカップ)金メダリストも輩出する。

「ロブションのクリームパン」(290円)
「ロブションのクリームパン」(290円)

創業当時からのロングセラー、クリームパン。極上のブリオッシュと極上のクレームパティシエールの出会い。圧倒的な口溶けの快楽は、単純にして奥が深い。

「ホップス(ハーフ)~北海道産小麦のパンドミー」(195円)
「ホップス(ハーフ)~北海道産小麦のパンドミー」(195円)

ホップス食パンは自家製ホップ種がさわやかに香る。のびやかな中身は軽く割け、しゅんしゅんとすばらしく溶けて、喉に麦とミルクをしたたらせる。この心地よさは永遠の定番。

「牛ほほ肉のロッシュ」(370円)
「牛ほほ肉のロッシュ」(370円)

牛ほほ肉のロッシュは、表面かりかりのパンの中から、牛ほほ肉がほろほろと崩れ、贅沢な風味とともにとろける。

(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo : Youichiro Kikuchi, Akiko Mizuno)

3.〈ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ〉の「こく生ブリオッシュ」/日比谷

1個(360円)
1個(360円)

生クリームや卵黄をふんだんに使った、口当たりのよいブリオッシュの中に、2層のクリームがたっぷり。カスタード味は、アプリコットリキュールで香りをつけたカスタードクリームと濃厚な生クリームが入り、とろけるおいしさ。濃厚なチョコレート味のほか、季節限定のフレーバーも。

〈ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ〉
■東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京B1
■03-6270-2717
■11:00~19:00 無休

(Hanako1133号掲載/photo : Hiro Nagoya text : Kahoko Nishimura)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR