G4A4489_atarizzz_

大人女子の楽しみ方はこれ! フルーツカクテルで甘〜い夜を♡いま注目の5軒は? Food 2017.07.17

旬のフルーツとバーテンダーの妙技が生み出す、魅惑のフルーツカクテル。空前のフルーツブームだからこそ、大人な楽しみ方も覚えておきたいですよね。国内外で活躍するバーカルチャーの専門家・辻美奈子さんに、とっておきの5杯を教えてもらいました!バー初心者でも安心のお店から、世界一の一杯まで。大人の特権を存分に行使して♡

1.クラッシックカクテル好きが唸るフルーツカクテル。〈The Bar CASABLANCA〉/神奈川県

いちごのティラミスカクテル1,400円、チャージ800円。
いちごのティラミスカクテル1,400円、チャージ800円。

旬のいちご4粒にウォッカ、エスプレッソリキュール、マスカルポーネチーズ、バニラシロップ。最後にカカオパウダーをふりかけて。「いちごのティラミスカクテル」1,400円、チャージ800円。

G4A2316_atari

「フルーツカクテルの多くは、フルーツの甘さが勝ってしまったり、下手をするとジュースになってしまうものも多いのですが、山本さんが作るカクテルは別格。ベースのお酒が持つ個性と使用するフルーツのバランスが緻密に計算され、そこには山本さんの感性が光っています。クラシックカクテルを好まれる方や大人の女性にぜひ飲んでほしいカクテルです」(辻さん、以下同)。

G4A2272_atari

山本悌地さん
NBA全国バーテンダー技能コンクール総合優勝経験あり。日本バーテンダー協会横浜支部特別会員。著書に『カクテルフレッシュフルーツテクニック』(柴田書店)。

2.すべてお任せしたくなる頼れるイケメンバーテンダー。〈Bar LIBRE〉/池袋

G4A2913_atari_a

ゴールドキウイにオーストラリア産のクラフトジン、ライム、レモングラスシロップ、カモミールのビターズ。シャーベットを添えて。「オリジンギムレット」1,300円、チャージ500円。

G4A2941_atari1

「フルーツのみならずフードとのペアリングや新しいカクテルなど、カクテルのオーダーはすべて清崎さんに任せておけば大丈夫。何でも相談できる兄貴的なイケメンバーテンダーです。様々な引き出しを持っていて、いろんな要望に応えてくれますよ。カクテル好きのバーリストには必ず入っているバーです」。遠心分離機や液体窒素などを使用した、一風変わったカクテルも多数。7月にはベトナムにも出店予定。

G4A2863_atari

清崎雄二郎さん
ヘネシーミクソロジーコンペティションなど数々の大会で優勝し、日本代表として世界大会に出場。日本バーテンダー協会新宿支部副支部長兼渉外部長も務める。

3.バー初心者に。話題のお店の期待の若手バーテンダー。〈PAVILION〉/中目黒

ビューティーパッション1,380円、チャージ500円。23:00~深夜チャージ10%。
ビューティーパッション1,380円、チャージ500円。23:00~深夜チャージ10%。

パッションフルーツにクラフトジン、オレンジシュラブ、サフランビターズを加え、-196℃の液体窒素で作ったシャーベットをオン。「ビューティーパッション」1,380円、チャージ500円。23:00~深夜チャージ10%。

G4A2763_atari1

「ガストロパブのような雰囲気のあるレストランバーです。杉浦さんはおしゃれでクリエイティブなバーテンダー。カクテルの演出には驚きがあり、味のみならず見た目にも楽しいのでリピートしたくなってしまうはず。フルーツカクテル初心者にこそ、ぜひ行っていただきたいです」。名和晃平をはじめとしたアートが数多く展示されている空間も魅力。

G4A2672_atari

杉浦 聡さん
20歳でバーテンダーとなった後フレアバーテンダーやミクソロジストの修業を経て同店のヘッドバーテンダーに就任。レジェンドオブバーテンダー2016優勝。

4.生産農家から直接買いつける、厳選フルーツ×世界一の技。〈石の華〉/渋谷

G4A4489_atari1

搾った小玉すいかにバーボンウィスキー、レモンジュース、シロップを加えマドリング。たっぷりのクラッシュアイスにミントの香り。「小玉すいかのミント・ジュレップ」1,550円、チャージ500円。

G4A4438_atari2

「類まれな味覚をもち20代の頃から天才といわれていた石垣さんは、早くからFarm to the barのスタイルを実践していることでも有名です。そんな石垣さんがオーナーを務めるこちらのお店は、間違いなく日本を代表するバーの一つ。その豊富なメニューは、国内のバーの中で最も多様なのではないでしょうか。しかもどれも本当においしい(笑)。探求心が強く、常にあらゆる食の研究をされている方でもあります」。

G4A4462_atari1

石垣 忍さん
全国バーテンダー技能競技大会での優勝経験をはじめ、日本代表として出場した国際バーテンダー協会公認世界大会シニア部門優勝など多くの大会で優勝。世界一に。

5.ホテルのバーの概念を覆すリラックスした空間での至福。〈ROOFTOP BAR〉/虎ノ門

G4A2440_atari1

ブレンダーでリキッド状にしたマスクメロンにヘンドリックスジン、ライム、ねずの実のビターズ、ドライローズの花びらをぱらり。「メロンマスク」1,850円。

G4A2335_atari1

「日本にありながら海外にいるかのような自由闊達な楽しさがあるバー。国内外のちょっとしたトレンドにも敏感な齋藤さんが作るカクテルは常にフレッシュなアイデアにあふれ、そのホスピタリティの高さにはきっと誰もが癒されるでしょう。ストーリーやコンセプトを大切にカクテルを作られています」。テラス席カバーチャージ2,000円(20時までの利用と宿泊ゲストは無料)。

G4A2359_atari

齋藤隆一さん
〈MIXX BAR & LOUNGE〉バーテンダーを経て、現在当店ミクソロジストとして活躍。世界カクテルコンペティションザ・シーバス マスターズ優勝、世界3位。

(Hanako1134号掲載/photo : Megumi Uchiyama text : Shizuka Horikawa)

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR