485f947ed27d6cb7ad0ef3e3faebcd9b

発酵熟成肉コースに、全国各地の食材を使ったフレンチ… デートやビジネスで使える個室もあり!銀座〈GINZA SIX〉のおすすめレストランとは? Food 2018.07.26

美食を堪能するなら、選りすぐりの上質なグルメが集まる銀座のランドマーク〈GINZA SIX〉へ。発酵熟成肉コースやの食材を使ったフレンチが楽しめるおすすめレストランをご紹介します。デートやビジネスで使える個室も要チェック!

1.アミューズからひと口カレーまで、発酵熟成肉のコースが楽しめる〈旬熟成 GINZA GRILL〉

776b77875f1d3ce1ccb7eb06b1b3879c

麻布十番に本店を構える、近年の熟成肉ブームを牽引する一軒。主役は、エントランスの熟成庫に吊るされた熟成牛だ。独自の発酵熟成法で約100日かけて、群馬県産赤城牛を熟成。本店ではアラカルトで炭火焼きを楽しむのに対し、こちらでは、アミューズのミニハンバーガーから、“最後のひと口”の牛スジ肉のひと口カレーに至るまでコース仕立てに。

夜の16,000円コースから。発酵熟成牛のミニハンバーガー スケルトンポテトチップス添え。
夜の16,000円コースから。発酵熟成牛のミニハンバーガー スケルトンポテトチップス添え。
発酵熟成肉の炭火焼き 焼き茄子のソースとともに。グラスワイン1,300円~。
発酵熟成肉の炭火焼き 焼き茄子のソースとともに。グラスワイン1,300円~。

ひと皿ごとに発酵熟成肉ワールドへと誘われる。「おいしい熟成肉にはそれに見合う熟成ワインを」と、ボルドーとブルゴーニュ産のみそろえたワインは、九谷焼のグラスで。

c63d19fe30dc5155d15d4bc2a77b1a12

半個室タイプのみ5室ある。3面を壁に囲まれた写真の1室は、6名まで利用可能。残る4室はそれぞれ4名まで利用できて、すべて昼夜とも室料は不要。

大テーブル以外は半個室なので、打ち合わせや接待に重宝する。

〈旬熟成 GINZA GRILL〉
創作肉料理。群馬県産赤城牛を独自の発酵熟成法で約100日間熟成しグリルに。熟成ワインも豊富。コースあり。ランチ4,800円~、ディナー12,000円~。ワインの持ち込みの可否と料金:1本5,000円 
■13F
■03-6280-6429

2.日本全国47都道府県の美食を華麗なフレンチスタイルで楽しめる〈THE GRAND 47/THE GRAND GINZA〉

e62b9f66a501c1005db53c031c9d4bbc

ラウンジ、バー、シェフズテーブルなどを備えた約1,500 m2 の〈ザ・グラン銀座〉の一角にあるフレンチレストラン。店名に冠した「47」は日本の都道府県の数を表す。約2カ月ごとにエリアを変え、各地の銘品・名産食材を惜しみなく使ってメニューに落とし込み、日本の旬をフレンチで表現する。

12,000円コースから。瀬戸内産鱧と夏野菜のガルグイユ チェリードレッシング。
12,000円コースから。瀬戸内産鱧と夏野菜のガルグイユ チェリードレッシング。
黒毛和牛フィレ肉の昆布〆 塩パイ包み焼き 無花果添え すりおろし黒トリュフの香り。
黒毛和牛フィレ肉の昆布〆 塩パイ包み焼き 無花果添え すりおろし黒トリュフの香り。
2aa233883a939335fddd27f31833c77f

茶室も設えた半個室が1部屋ある。2~40名で利用可能で室料は10,000円。障子で仕切って利用する場合も。屏風絵と襖絵は、キモノデザイナーの斉藤上太郎作。

40名まで利用できる個室は、襖や屏風を用いたジャパニーズモダンな雰囲気でVIP ROOMと呼ぶにふさわしい空間。重要な商談はもちろん、大事な人と記念日を過ごす時にもおすすめ。

〈THE GRAND 47/THE GRAND GINZA〉
フレンチ。約2カ月ごとに47都道府県をエリアに分け、テーマに合わせた旬の食材のモダンフレンチ。コースあり。ランチ3,800円、ディナー7,000円~。ワインの持ち込みの可否と料金:1本3,000円 
■03-6280-6129
■13F

〈GINZA SIX〉
■東京都中央区銀座6-10-1 
■03-6891-3390(GINZA SIX総合インフォメーション、受付時間10:30~20:30)
■ショップ・カフェ(B2~5F)10:30~20:30、レストラン(6F・13F)11:00~23:30※営業時間は一部店舗により異なります 不定休 

(Hanako1142号掲載/photo : Yuko Moriyama, Kanako Nakamura, Shin-ichi Yokoyama text : Kimiko Yamada, Yumiko Ikeda)

Videos

Pick Up

夏の風物詩、鵜飼鑑賞を〈星のや京都〉専用の屋形舟「翡翠」で。三味線の生演奏が流れる、1日1組だけの雅な「プライベート鵜飼鑑賞舟」は9月23日まで。忘れられない、 ふたりだけの 夏のバカンス。〈星のや京都〉東京を拠点にする料理家と京都を拠点にするアーティスト、ふたりは数年来の友人。はじめてのふたり旅、選んだ場所は、京都の奥座敷・嵐山。喧騒から離れ、ひっそりとした地で、季節を味わい、いつもとは異なる会話とともに過ごす。Travel 2023.08.31 PR
SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)Learn 2023.08.31 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん 〈+CEL〉ランドセル〈+CEL〉インタビューvol.3 (後編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんが受け継ぎたいメイクアイテムのケアの仕方。ランドセルブランド〈+CEL〉と子どもたちへ受け継ぎたいものについて話を聞くインタビュー企画。シリーズ3回目に話を伺ったのはヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。前編で受け継ぎたいものとしてあげてくれた「メイクアイテムのケアの仕方」について、どんなことを知っておくといいのか、教えてもらう。そして〈+CEL〉のランドセルもチェック。普段、使用するメイク道具も試供品はほとんど使わず、必ず店頭でみてから購入して選んでいるという草場さん。もの選びにこだわりを持つプロの視点、そして6年間の小学生ママ経験者として、〈+CEL〉のランドセルはどう評価する?Learn 2023.08.17 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん〈+CEL〉インタビューvol.3 (前編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんがみつけた、 子育てと仕事のちょうどいいバランスの取れる場所。日常使いできるナチュラルなメイクと、メイクをすることのシンプルな喜びを教えてくれる、ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。彼女でなくては、と指名する女優やモデルも数多い。日々撮影を抱え、スケジュールに追われる中でも新しいコスメアイテムの探求にも余念がない(その様子は彼女のインスタグラムでもおなじみ)。仕事にいつも真摯に取り組む一方で、草場さんは家族を愛するひとりの母でもある。 ランドセルブランド〈+CEL〉と一緒に“子どもに受け継ぎたいもの”を訊くインタビュー企画。今回は、今、中学1年生だという娘さんに草場さんが受け継ぎたいものについて、そして草場さんの子育てに対する今の気持ちを訊く。Learn 2023.08.12 PR