411

上質なコーヒーと空間に満足。 【閉店情報有り】シティガールと、シティボーイの週末デートに。東京のおしゃれコーヒースタンド厳選4軒 Food 2018.06.07

シティガールとシティボーイのデートといえば?今、都内で急増しているこだわりコーヒースタンド巡りをしてみるのもアリかも。お店によって味も個性も様々。ふたりのお気に入りがきっと見つかる、とっておきの4軒をご紹介します。

1.日の光が似合うコーヒースタンド〈YOUR DAILY COFFEE〉/上町

83b6d347ffd1292357c338032cfb26bf

2017年1月のオープン以来あっという間に地元で愛されるコーヒースタンドに成長したYOUR DAILY COFFEE〉。

ドリップコーヒーS 350円、エスプレッソシングル200円、厚切りピザトースト450円
ドリップコーヒーS 350円、エスプレッソシングル200円、厚切りピザトースト450円

店主の中村謙太さんが丁寧に淹れるスペシャリティコーヒーとピザトーストは相性抜群!

(Hanako1143号掲載/photo : Ikuko Yamada,Yutaro Tagawa,Jiro Fujita illustration:Taku Bannai text : Kayo Yabushita,Makoto Tozuka,Rio Hirai)

2.スイートなカップケーキと有名ロースターの一杯が楽しめる〈オンザウェイ〉/下北沢

s_G4A5969

〈Life Size Cribe〉や〈オブスキュラコーヒー〉などロースターの豆を使った6種のドリップコーヒーを販売。

写真はミニサイズ250円
写真はミニサイズ250円

カップケーキは大人気で、定番のバニラ味380円に加え、季節限定のものも登場。

カフェモカ520円
カフェモカ520円

有名ロースターの一杯が楽しめるのは魅力的。

(Hanako1151号掲載:photo : Kenta Aminaka (Curry no wakusei,GLAUBELL COFFEE, Neue),Megumi Uchiyama styling : Arisa Tabata hair & make : Taichi Nagase (VANITES))

3.おしゃれな外観に心も踊るカフェ!〈Bridge COFFEE & ICECREAM〉/馬喰町

IMG_2041.atari_

2017年12月に合羽橋から移転。日本橋から少しだけ足を伸ばした、馬喰町の話題カフェ。〈Little Nap COFFEE ROASTERS〉の豆を使ったラテは力強いコクが美味。パンは〈BEAVER BREAD〉から仕入れる。

カフェラテ480円、ミルクフランス360円、スパイシースコーン300円
カフェラテ480円、ミルクフランス360円、スパイシースコーン300円

美味しいパンとコーヒーで、お腹もこころも満たされること間違いなし。

〈Bridge COFFEE & ICECREAM〉
■東京都中央区日本橋馬喰町1-13-9 イーグルビル1F 
■03-3527-3399
■9:00~19:00 不定休 
■20席/禁煙

(Hanako1153号:phptp&text:Keiko Kuwabara) 

4.散策ルートに入れたい、街角のコーヒースタンド〈Sunset Coffee〉/自由が丘

COFFEE_STAND-024atari

自由が丘の一角「サンセットアレイ」に生まれた、小さなコーヒースタンド。バリスタ経験があるなど、コーヒーに詳しいスタッフが店頭に。ロゴはオーナーデザイン。

COFFEE_STAND-010atari

三軒茶屋〈OBSCURA COFFEE ROASTERS〉が監修するオリジナルのブレンドコーヒーは、チョコレートのようなコクとスッキリした柑橘系の後味が特徴で、「冷めてもおいしい」を決め手に作った、街歩きにぴったりの味だ。テイクアウトカップには自由が丘の地図をデザイン! 

COFFEE_STAND-016atari

ハンドメイドのベイクも。街の中心にある「サンセットアレイ」というエリアに位置し、ショッピングや食べ歩きにも便利。石畳や街路灯が美しく整えられ、コーヒー片手のお散歩気分をアップさせてくれる。

(Hanako1143号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Kahoko Nishimura)

Videos

Pick Up

夏の風物詩、鵜飼鑑賞を〈星のや京都〉専用の屋形舟「翡翠」で。三味線の生演奏が流れる、1日1組だけの雅な「プライベート鵜飼鑑賞舟」は9月23日まで。忘れられない、 ふたりだけの 夏のバカンス。〈星のや京都〉東京を拠点にする料理家と京都を拠点にするアーティスト、ふたりは数年来の友人。はじめてのふたり旅、選んだ場所は、京都の奥座敷・嵐山。喧騒から離れ、ひっそりとした地で、季節を味わい、いつもとは異なる会話とともに過ごす。Travel 2023.08.31 PR
SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)Learn 2023.08.31 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん 〈+CEL〉ランドセル〈+CEL〉インタビューvol.3 (後編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんが受け継ぎたいメイクアイテムのケアの仕方。ランドセルブランド〈+CEL〉と子どもたちへ受け継ぎたいものについて話を聞くインタビュー企画。シリーズ3回目に話を伺ったのはヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。前編で受け継ぎたいものとしてあげてくれた「メイクアイテムのケアの仕方」について、どんなことを知っておくといいのか、教えてもらう。そして〈+CEL〉のランドセルもチェック。普段、使用するメイク道具も試供品はほとんど使わず、必ず店頭でみてから購入して選んでいるという草場さん。もの選びにこだわりを持つプロの視点、そして6年間の小学生ママ経験者として、〈+CEL〉のランドセルはどう評価する?Learn 2023.08.17 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん〈+CEL〉インタビューvol.3 (前編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんがみつけた、 子育てと仕事のちょうどいいバランスの取れる場所。日常使いできるナチュラルなメイクと、メイクをすることのシンプルな喜びを教えてくれる、ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。彼女でなくては、と指名する女優やモデルも数多い。日々撮影を抱え、スケジュールに追われる中でも新しいコスメアイテムの探求にも余念がない(その様子は彼女のインスタグラムでもおなじみ)。仕事にいつも真摯に取り組む一方で、草場さんは家族を愛するひとりの母でもある。 ランドセルブランド〈+CEL〉と一緒に“子どもに受け継ぎたいもの”を訊くインタビュー企画。今回は、今、中学1年生だという娘さんに草場さんが受け継ぎたいものについて、そして草場さんの子育てに対する今の気持ちを訊く。Learn 2023.08.12 PR