都内初の台湾伝統豆花専門店として誕生。防腐剤や香料を使わず、丁寧に作られた豆花に、好きなトッピングを添えて。
都内初の台湾伝統豆花専門店として誕生。防腐剤や香料を使わず、丁寧に作られた豆花に、好きなトッピングを添えて。

淡路町『菓子と老舗の三角地帯』/高野ユリカ 第8回 だれかの住む街と菓子 Food 2022.12.14

写真家の高野ユリカさんが写真と文で綴る新連載。街や建築についてのお仕事をフィールドワークとする高野さんが、街を歩いて見つけたスイーツを切り口に“街と菓子”を語ります。

三角地帯の角にある建物。三角 を意識せざるを得なかった設計 者の思いが見える。三角に反射 して集まる光のパワー…?
三角地帯の角にある建物。三角 を意識せざるを得なかった設計 者の思いが見える。三角に反射 して集まる光のパワー…?
昌平橋からは真上を通る総武線と中央線、さらには奥の聖橋の下を通る丸ノ内線までクロスして見える奥行き感。神田川に映る街の風景綺麗。
昌平橋からは真上を通る総武線と中央線、さらには奥の聖橋の下を通る丸ノ内線までクロスして見える奥行き感。神田川に映る街の風景綺麗。

三角には不思議な魅力がある。ピラミッドだったり、宗教的・宇宙的モチーフ、注意や警告の標識…単純なのに美しくて奥深くて、人間が三角形に惹かれてしまうのはよくわかる。三角地帯と呼ばれているような場所は、東京だとお酒好きが集まるエリアのイメージだけれど、淡路町の三角地帯は、菓子好きの興奮が止まらない三角。

〈近江屋洋菓子店〉明治創業の老舗洋菓子店。●東京都千代田区神田淡路町2-4 ●03-3251-1088
〈近江屋洋菓子店〉明治創業の老舗洋菓子店。●東京都千代田区神田淡路町2-4 ●03-3251-1088

淡路町を歩いていると、ビジネス街なのでサラリーマンとよくすれ違う。スーツを着たおじさまが、〈近江屋洋菓子店〉の袋を片手に持っているのを見ると、あの白い袋の箱の中身は苺の載ったショートケーキだろうか、それとも桃のケーキかな、カップアイス、焼き菓子…? なんて、考えるだけで胸がいっぱい。店名が美しく入った重めのガラスのドアをゆっくり開けると、真っ青な天井にシックな木目調の壁面、手ぎわよく注文を受ける青と白の正装を纏った店員さんたちがテキパキと動き回っている。入った瞬間に全部が美しくて「これが近江屋洋菓子店ですよ」と体現されていて、夢が売られているみたいだ。

季節の味を詰め込 んだフルーツポンチ、アップルパイなど、懐かしくも丁寧な品々にファン多数。
季節の味を詰め込 んだフルーツポンチ、アップルパイなど、懐かしくも丁寧な品々にファン多数。
awajichoL1_34a

ガラスケースに綺麗に並べられたケーキやフルーツポンチの瓶たちに、逆にこちらが見られているような気持ちになって背筋が伸びる。断面が一際美しいシャインマスカットのタルトを購入。黄緑色の大きな粒の断面が、透明なゼラチンで固められていて宝石のよう。どこから食べようか一瞬迷ってしまうけれど、三角のものは先端からって決めてる。シャインマスカットの瑞々しい甘さと、しっとりしたタルトの生地がよく合ってすごくおいしい。

〈竹むら〉東京都の歴史的建造物にも指定されている見事な店舗も必見の、老舗甘味処。●東京都千代田区神田須田町1-19 ●03-3251-2328
〈竹むら〉東京都の歴史的建造物にも指定されている見事な店舗も必見の、老舗甘味処。●東京都千代田区神田須田町1-19 ●03-3251-2328

連雀町と呼ばれる三角地帯の一画は奇跡的に戦災を逃れたそうで、創業百年を超える味の老舗たち(蕎麦屋、あんこう鍋専門店、鳥すき屋…)が古い街並みを残していて、歩きながらいろいろな老舗の看板を見るのも楽しい。昭和五年創業の〈竹むら〉はお蕎麦屋さんのような木造の建物の甘味屋さん。

名物揚げまんじゅうは1人前(2個)520円。テイクアウトも可能。
名物揚げまんじゅうは1人前(2個)520円。テイクアウトも可能。

雰囲気のいい店内で注文すると、あつあつの揚げたてがお皿に載って出てくる揚げまんじゅう。天ぷらみたいなじゅわっとサクサクした衣の中から、ふわふわの白い生地に包まれた甘い餡あん子こがほろっと出てきて罪の味。おかず!コロッケやメンチと同じ立ち位置。ここでも一人、スーツを着たサラリーマンの方が、店内でサクッとあんみつを食べた後、お土産に和柄の化粧箱に入った揚げまんじゅうを買って行った。淡路町には菓子好きの井之頭五郎さん(『孤独のグルメ』)のような男性をたくさん見かけるね。

都内初の台湾伝統豆花専門店として誕生。防腐剤や香料を使わず、丁寧に作られた豆花に、好きなトッピングを添えて。
都内初の台湾伝統豆花専門店として誕生。防腐剤や香料を使わず、丁寧に作られた豆花に、好きなトッピングを添えて。
〈東京豆花工房〉(とうきょうとうふぁこうぼう)●東京都千代田区神田須田町1-19 ●03-6885-1910
〈東京豆花工房〉(とうきょうとうふぁこうぼう)●東京都千代田区神田須田町1-19 ●03-6885-1910

〈東京豆花工房〉は三角地帯の中でも新しいお店。本場の味を再現するために台湾人の奥さんを持つ店主が台湾で修業をして完成させた東京豆花。温かいと冷たいが選べて、その場で好みのトッピングを聞いて入れてくれるのが嬉しい。赤米がもっちもちでおいしくて、温かい豆花は朝ごはん感ありますよね。黒蜜の効いたシロップは綺麗で透き通っていてやさしい味。テイクアウト豆花もあるみたいで、手土産に豆花は持って行ったことないけれど、今度はそれもいいな。帰りは昌平橋を通って神田川を眺めつつ、秋葉原方面へ抜ける。こんな狭い三角の中で、菓子や老舗めぐりの完璧な散歩ができてしまう。淡路町の三角のすごさ。

写真と文 高野ユリカ

こうの・ゆりか/写真家。新潟生まれ。ホンマタカシ氏のアシスタントを経て、2019年に独立。建築、環境、街などの分野を中心に活動。 https://www.yurikakono.com/

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
サントリーvol3SP文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.3「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.02.28 PR
サントリーホールのオルガンは、オーストリアのリーガー社謹製。職人たちが1年がかりで手作業で作ったパイプをはるばる船で運び、半年かけて設置したのだとか。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.2「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.01.27 PR
記事3_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅③ | 絶景サンセットから、夜の森でアマミノクロウサギに遭遇!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーであるフォトグラファーのもろんのんさん。今回はサンセットの名所と森のナイトツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.14 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR
記事1_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅① | 島とうふにスパイスカレー、超地元スーパーでおかいもの。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島(かけろまじま)や徳之島(とくのしま)、沖永良部島(おきのえらぶじま)など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配する声が聞こえてきますが…大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーでフォトグラファーでもあるもろんのんさんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 まずは、島とうふの定食にスパイスカレー、超地元スーパーでショッピングなど、グルメ&お買い物編をお届けします。公式サイトはこちらTravel 2023.02.28 PR