1748
1748

人気料理家が繰り返し作る、いつものレシピ。 ウー・ウェンさんに教わる、目も体も喜ぶ滋味深い中国家庭の味。 Food 2022.12.05

「料理を好きになったきっかけ」を教えてくれた6人のプロたちに、「お仕事抜きで作る料理って、何ですか」と尋ね、レシピをお聞きしました。6人6様のマイレシピは、永久保存版のおいしさ。今回はウー・ウェンさんが、目も体も喜ぶ、滋味深い中国家庭の味を紹介してくれます。11月28日(月)発売 1215号の「料理が好きになるレシピ85。」特集よりお届け。

1.自分のための簡単レシピ「根菜スープ」「小松菜と豚肉炒め」

0650
0410

「ひとりごはんのときも野菜をしっかりとりたい」というウーさんが紹介してくれたのは、根菜たっぷりのスープと、小松菜と豚肉の炒めもの。
「スープは野菜の栄養が丸ごととれます。たっぷり作っておいて、後から豆腐を加えたり卵を溶き入れたりしてもいいですね」

●根菜スープ
〈材料〉作りやすい分量
人参…1本
玉ねぎ…1個
れんこん…200g
桜えび…3g
酒…大さじ2
水…1ℓ
粗塩…小さじ1
粒こしょう…10粒
ローリエ(あれば)…1枚
油…大さじ1と1/2

〈作り方〉
1. 人参、玉ねぎ、れんこんは皮を除き、サイコロ状に切る。
2. 鍋に油を入れて中火にかけ、1を入れて油をなじませるように炒める。酒、水、桜えび、ローリエ、粒こしょうを加えて煮立たせたら弱火にして蓋をし、30分煮る。最後に粗塩で味を調える。

POINT:味のポイントになるのはローリエと桜えび。「どちらかひとつでも十分おいしいですよ!」
POINT:味のポイントになるのはローリエと桜えび。「どちらかひとつでも十分おいしいですよ!」

●小松菜と豚肉炒め
〈材料〉2人分
豚薄切り肉…120g
下味[こしょう…少々、酒…大さじ1/2、粗塩…1つまみ、片栗粉…小さじ1/2]
小松菜…1束(250g)
合わせ調味料[醤油…大さじ1/2、はちみつ…小さじ1/2]
長ねぎ(薄切り)…5cm分
油…大さじ1/2

〈作り方〉
1. 豚肉をボウルに入れ、下味の調味料を順に加えて下味をつける。ひとつ加えるたびにしっかり混ぜること。
2. 小松菜は3cm長さに切り、茎と葉を分けておく。
3. フライパンに油を入れて中火にかけ、長ねぎを入れて香りが出るまで炒める。そこへ1の豚肉を加えて広げ、肉の色が変わり、水分がなくなるまで中火でしっかり炒める。
4. 合わせ調味料を加え、小松菜の茎を入れて炒め合わせ、茎の色に透明感が出たら葉も加えてさっと炒め合わせる。

POINT:炒めたときに味がはっきりするよう、下味の調味料を加えるたび、しっかり混ぜる。
POINT:炒めたときに味がはっきりするよう、下味の調味料を加えるたび、しっかり混ぜる。

2.不調のときの養生レシピ「しめじ、えのきの酸辣湯」「エリンギ、生椎茸の炒めもの」

0624
0535

腸活に効果的なきのこ類。「繊維がたっぷりで、お腹のなかを元気にしてくれます。疲れたときにはきのこがおすすめ」。酸辣湯の酸は酢のこと、辣はこしょうのことで、どちらもきのこと相性がいいそうだ。「たっぷり使うと味がひきしまっておいしいですよ」

●しめじ、えのきの酸辣湯
〈材料〉作りやすい分量
えのき茸…1袋
しめじ…1袋
水…3カップ
黒酢…大さじ1と1/2
醤油…大さじ1/2
こしょう…小さじ1/3
粗塩…2つまみ
片栗粉…大さじ1/2(水大さじ1で溶く)
ごま油…大さじ1/2

〈作り方〉
1. えのき茸は石づきを除き、長さを半分に切る。しめじも石づきを除いておおまかにほぐす。
2. 鍋に水と1を入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にして蓋をし、10分煮る。
3. 黒酢、醤油、粗塩、こしょうを加えて調味し、水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油を加える。こしょうはたっぷり入れたほうがおいしい。

POINT:しめじ、えのき茸など小房に分かれるものは、スープにするとだしもよく出て食べやすい。
POINT:しめじ、えのき茸など小房に分かれるものは、スープにするとだしもよく出て食べやすい。

●エリンギ、生椎茸の炒めもの
〈材料〉2人分
エリンギ(大)…1本
生椎茸…4〜6個
粗挽きこしょう…適量
粗塩…小さじ1/3
黒酢…小さじ1
酒…大さじ1
油…大さじ1

〈作り方〉
1. エリンギは乱切りにする。生椎茸は軸を除き、半分に切る。
2. フライパンに油を入れて中火にかけ、1を入れて油をなじませるように炒め、酒をふり、蓋をして2分おく。
3. 黒酢、粗挽きこしょう、粗塩を加え、味を調える。

POINT:大きな房のきのこは食べごたえがあるので炒めものに。「こちらもこしょう多めが美味」
POINT:大きな房のきのこは食べごたえがあるので炒めものに。「こちらもこしょう多めが美味」

3.ストックしたいたれ「豆板醤醤油だれ」「黒酢醤油だれ」

ウーウェンさん湯豆腐
ウーウェンさん和え物

シンプルな湯豆腐も豆板醤醤油だれをつけるだけで、ピリ辛で新鮮な味わいに。黒酢醤油だれは茹でた薄切り牛肉と和えてボリュームたっぷりな一皿に。
「どちらも、野菜にもお肉にも合うたれです。いろいろ試してみてくださいね」

●豆板醤醤油だれ
〈材料〉作りやすい分量
豆板醤…大さじ1
醤油…大さじ1
黒酢…大さじ2
花椒粉…小さじ1/2

〈作り方〉
すべての材料をボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。

●豆板醤醤油だれのアレンジ料理:湯豆腐
〈材料〉2〜3人分
豆腐(好みで木綿でも絹でも)…1丁
水菜…適量
豆板醤醤油だれ…適量

〈作り方〉
1. 豆腐を6〜8等分して鍋に入れ、水をたっぷり加え、蓋をして中火にかける。
2. 沸騰し、豆腐に火が通ったら、5cm長さに切った水菜を加え、再度蓋をしてひと煮立ちさせる。豆板醤醤油だれを添える。

POINT:水菜はすぐに火が通るので、いったん豆腐が煮えてから加えるといい。
POINT:水菜はすぐに火が通るので、いったん豆腐が煮えてから加えるといい。

●黒酢醤油だれ
〈材料〉作りやすい分量
醤油…大さじ3
黒酢…大さじ3
ごま油…大さじ1と1/2
こしょう…小さじ1/4

〈作り方〉
すべての材料をボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。

●黒酢醤油だれのアレンジ料理:牛薄切り肉とクレソンの和えもの
〈材料〉2人分
牛薄切り肉…150g
クレソン…1束
黒酢醤油だれ…適量

〈作り方〉
1. 鍋にたっぷりの湯を沸かして弱火にし、牛肉を1枚ずつ広げて入れ、しっかり火を通したら引き上げる。
2. クレソンは流水で洗って汚れをとり、3cm長さに切る。
3. ボウルに茹でた肉と黒酢醤油だれを入れてよく和える。
4. 3にクレソンを加え、さっと全体を和える。

POINT:たんぱく質に味付けをしてから野菜と和えると水分が出ず、全体の味がぼやけない。
POINT:たんぱく質に味付けをしてから野菜と和えると水分が出ず、全体の味がぼやけない。

4.おもてなしレシピ「水餃子2種」

1723

「我が家のおもてなしメニューはやっぱり水餃子です」
ぷりぷりのえび餡にさっぱり味の鶏肉餡。どちらも搾菜の旨味と塩味で味付けします。本来は皮も手作りですが、今回は市販品を利用して気軽に作れる方法を紹介。

●水餃子2種(鶏肉と香味野菜、搾菜/えびと香菜、搾菜)
STEP#1 鶏肉餡を作る
〈材料〉20個分
鶏ひき肉(モモ)…250g
搾菜(みじん切り)…30g
生姜(みじん切り)…30g
長ねぎ(みじん切り)…1/2本
パセリ(みじん切り)…大さじ2
こしょう…少々
酒…大さじ1
ごま油…大さじ1

〈作り方〉
1. 鶏ひき肉をボウルに入れ、こしょう、酒、搾菜を順に入れ、その都度、菜箸でしっかり混ぜ合わせる。
2. 生姜、長ねぎ、パセリを加え、よく混ぜる。
3. 最後にごま油を入れて香り付けをし、よく混ぜ合わせる。

STEP#2 えび餡を作る
〈材料〉20個分
むきえび…200g(背わたは取り除く)
搾菜(みじん切り)…20g
クレソン…1束
こしょう…少々
酒…大さじ1
ごま油…大さじ1

〈作り方〉
1. 包丁の腹でむきえびを軽く潰し、粗くみじん切りにする。クレソンは根から葉まですべてみじん切りにする。
2. むきえびをボウルに入れ、こしょう、酒、搾菜、ごま油を順に入れ、その都度菜箸でしっかり混ぜ合わせる。
3. 最後にクレソンを加え、よく混ぜ合わせる。

POINT:えびは、下味がよくなじむよう包丁の面の部分(腹)を押し付けて繊維を潰してから切る。
POINT:えびは、下味がよくなじむよう包丁の面の部分(腹)を押し付けて繊維を潰してから切る。

STEP#3 皮で包む
〈材料〉
市販の餃子の皮…40枚

〈作り方〉
1. 皮を4、5枚ずつ並べ、小皿に用意した水を人差し指につけ、皮の縁をなぞってしっかり湿らせ、しばらく置く。
2. 皮の中央に餡をのせ、ひだのひとつひとつをしっかり閉じ、餡を包む。
3. 鶏肉餡20個、えび餡20個を包む。

1748

STEP#4 茹でる
1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、餃子を少しずつ入れる。餃子が鍋底につかないようそっと混ぜて、蓋をする。
2. 再び沸騰したら蓋をとり、浮かんできた餃子を網杓子かお玉でやさしく転がすように沈める。
3. しばらく茹で、餃子の皮の透明感が増し、全体がぷっくりと膨らんできたら茹で上がり。餃子をすくって湯を切り、器に盛る。このままでしっかり味はついているが、好みで黒酢をかけていただく。

photo:Norio Kidera text:Yuko Ota

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR