top_DMA-ktw_0259

町家でいただく、モダンな食。革新的な現代の“お茶事”体験ができる〈立礼茶室 然美〉 Food 2022.09.17

古より京都の人々の生活に密着し、発展し続けてきた町家は京都の建築文化の象徴ともいえる存在。その空間に今、新しい息吹を与える革新的なお店が続々と登場中です。築100年の美しい町家で、おいしさと京都らしさを同時に味わえるのは〈立礼茶室 然美〉。日本の伝統と新しい感性を融合させた、日本茶と菓子のペアリングコースをいただきます。8月26日(金)発売Hanako1212号「365日楽しい街。京都」よりお届け。

築100年の美しい町家で、より抜きの茶と菓子を味わう。

ギャラリーには髙橋氏がデザインした石彫家・和泉正敏氏の彫刻3点を展示。
ギャラリーには髙橋氏がデザインした石彫家・和泉正敏氏の彫刻3点を展示。
DMA-ktw_0113

2021年に日本に本格上陸した、ニューヨークを拠点とするブランド「TaigaTakahashi」。このブランドのデザイナーで現代美術家でもある髙橋大雅氏が、自身が手がけた服と茶室、建築、彫刻作品で構成した総合芸術空間として〈T.T〉をオープンさせた。「過去の遺物を蘇らせることで、未来の考古物を発掘する」というブランドコンセプトは、築100年以上の数寄屋あじいしを改築した建築など、空間のすべてにその哲学が息づいている。高度な職人技による伝統的な素材をあえて使うことで技術を伝承させ、さらに磨きをかけて空間を作り出すことで、何もかもが簡易で画一的になってしまった現代のモノ作りに対するアンチテーゼを体現した。

DMA-ktw_0059
ティーペアリングで登場した、夏らしい一品。玉蜀黍(とうもろこし)を使ったすり流しは、素材の持つ甘さだけで十分“菓子”だ。
ティーペアリングで登場した、夏らしい一品。玉蜀黍(とうもろこし)を使ったすり流しは、素材の持つ甘さだけで十分“菓子”だ。
目の前で淹れられるほうじ茶とともにいただけば、夏の恵みを満喫できる。
目の前で淹れられるほうじ茶とともにいただけば、夏の恵みを満喫できる。

中でも特筆すべきは、2階の〈立礼茶室 然美〉。ここでは日本の伝統と新しい感性を融合させた、日本茶と菓子のペアリング計5品のコースを満喫できる。菓子は、老舗和菓子店出身の菓子職人と一流ホテル出身のパティシエが共同で制作。旬の果物や京都の素材を使い、一期一会の心を伝えている。
品書きを見ながら待つと、目の前で冷茶、温茶が丁寧な所作で淹れられる。同時に、茶に合わせた菓子が、国内外で活躍するアーティストに特注した器にのって一品ずつ目の前へ。菓子は、美しさや個性ある味わいが際立ち、5品それぞれに驚きがあふれる。和洋のエッセンスが絶妙なバランスで盛り込まれ、甘いだけでなく酸味や塩味も感じられる内容は、まさに懐石料理。お茶は〈一保堂〉や〈利招園〉など、京都の名だたる茶舗から仕入れ。ペアリングティーのうち、2種はアルコールとの組み合わせも選べるのがうれしい。この館を作り上げた髙橋氏は、残念ながら今年4月に逝去。しかし、日本の美を再解釈し、現代に甦らせるという彼の遺志、そしてこの空間は、今後ますます注目されるはずだ。

とある夏のペアリングの一例。

メニューはすべて月替わり。写真は7月のコース。一品目「苔茂る×手摘み玉露京研283品種」。
メニューはすべて月替わり。写真は7月のコース。一品目「苔茂る×手摘み玉露京研283品種」。
二品目:小夏×極上ほうじ茶
二品目:小夏×極上ほうじ茶
三品目:雲の峰×涼風
三品目:雲の峰×涼風
四品目:日盛(ひざかり)×半夏生(はんげしょう)
四品目:日盛(ひざかり)×半夏生(はんげしょう)
五品目:橙涼し×碾茶(てんちゃ) うすおれ
五品目:橙涼し×碾茶(てんちゃ) うすおれ

一品目:「苔茂る」はあおさ、オリーブ、黒飴、発酵バター、昆布を使ったお菓子。あおさや昆布の磯の風味とバターのコクがマッチ。希少価値の高い「天然玉露」といわれる「京研」の283番が好相性。

二品目:玉蜀黍(とうもろこし)を使った小さな団子と、原料が同じポップコーンを合わせ、さらに玉蜀黍のすり流しと合わせる...という、素材のグラデーションを楽しむため考案された菓子。こちらは〈一保堂〉の極上ほうじ茶でいただく。

三品目:「雲の峰」は生姜と蜂蜜、レモンを使った夏らしい生菓子。これに合わせるのは〈利招園〉の和紅茶とライムミントコーディアルのブレンドティー。なおアルコールのペアリングコースの場合は、これにウォッカを加えたカクテルになる。

四品目:パインとココナッツ、タピオカを使う「日盛」。〈利招園〉の碾茶と、碾茶の葉脈や茎を使う「うすおれ」という2種の緑茶を水出しし、パッションフルーツピューレ、エルダーフラワーコーディアル、八角を入れたカクテル風の一杯を合わせた。

五品目:〆にはライチとザクロの水まんじゅうのような一品が登場。これには、四品目にも使用した〈利招園〉の希少な「うすおれ」を合わせる。煎茶のような見た目ながら、抹茶の甘み、香りを感じさせるお茶とのペアリングで、瑞々しい余韻が残る。

〈立礼茶室 然美〉

DMA-ktw_0283

〈立礼茶室 然美〉/りゅうれいちゃしつ さび
住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-120│地図
TEL:075-525-4020
営:13:00〜、16:00〜(各回一斉スタート)
休:無
席:17 ※完全予約制
茶菓懐石は5種の菓子&茶コース(アルコールを含むコースも可)で1人5,500円。

(Hanako1212号掲載/photo:Yoshiko Watanabe model:Mika Kumagai text:Kimiko Yamada)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR