無題 (7)

京都の甘味処がレベルアップ! 京都で行きたい甘味処5軒。料亭プロデュースの店も見逃せない。 FOOD 2022.07.05

京の人々の生活に欠かせないのが「甘いもん」。伝統を踏襲しつつ革新も取り入れ、おいしさと心地よさをまっすぐ追求した甘味は、心と体をゆるりとほどいてくれる。

1.〈種嘉商店(たねかしょうてん)〉のあいす最中

無題 (30)

創業75年の最中の卸売店〈種嘉商店〉の、工場に併設する形でオープンした甘味処。滋賀県産羽二重餅米粉と有機ナッツを使った自慢の皮に粒餡やナッツペーストを挟んだ最中は、飽きがこない味わい。リーズナブルさも人気で、地元の人たちの憩いの場に。あいす最中350円。

■京都府京都市中京区車屋町通二条下ル仁王門突抜町317
■075-201-3016
■11:00~17:00 木金土休
■8席

2.〈菓子屋のな〉のほころび(上)、春告鳥(下)

無題 (31)

店主は伝統の技術をマスターした上で、独自の菓子を作る名主川千恵さん。店内には和菓子になじみがない人でも楽しめる味が並ぶ。ほころび、春告鳥各440円。

■京都府京都市下京区醒ヶ井通万寿寺通角篠屋町751
■12:00~18:00 日月休
■4席
■Instagram(@kashiya.nona)のDMでの予約がベター。

3.〈笹屋昌園 CAFE&ATELIER(ささやしょうえんカフェアンドアトリエ)〉の本わらび餅 至高

無題 (27)

創業100年を超える老舗〈笹屋昌園〉が、龍安寺本店の隣にオープンしたわらび餅専門のカフェ。高品質な本わらび粉を注文が入ってから練り上げたわらび餅は独特のとろりとした食感。本わらび餅至高御抹茶セット1,850円。

■京都府京都市右京区谷口園町2
■075-463-9480
■10:00~18:00(17:30LO)火休
■12席

4.〈HOSOO LOUNGE(ホソオラウンジ)〉のかさね色目のマカロン

無題 (28)

西陣織のテキスタイルメゾン〈HOSOO〉の旗艦店併設のカフェラウンジ。着物の配色美から着想を得たマカロンは、色目で季節を表現する。かさね色目のマカロン各400円(写真は6~8月限定販売)。

■京都府京都市中京区柿本町412両替町通姉小路下ル
■075-221-8888
■10:30~18:00(17:30LO)祝休ほか不定休
■20席

5.〈無碍山房 Salon de Muge(むげさんぼう サロンドムゲ)〉のアイスバー

無題 (29)

料亭〈菊乃井〉による甘味処の初の百貨店常設店が〈京都髙島屋〉の地下にオープン。物販スペースにはここでしか購入できない商品も。いちごソルベや抹茶、生姜飴など5種のアイスバー各370円。

■京都府京都市下京区四条通河原町西入ル真町52京都髙島屋B1
■075-221-8811
■11:00~20:00(18:30LO)無休
■10席

(Hanako特別編集『Hanako TRIP 好きなのは、京都らしさ。』/photo : Yoshiko Watanabe (P.22, 23 Kashiya nona), Kunihiro Fukumori text : Ai Kiyabu)

Videos

Pick Up

夏の風物詩、鵜飼鑑賞を〈星のや京都〉専用の屋形舟「翡翠」で。三味線の生演奏が流れる、1日1組だけの雅な「プライベート鵜飼鑑賞舟」は9月23日まで。忘れられない、 ふたりだけの 夏のバカンス。〈星のや京都〉東京を拠点にする料理家と京都を拠点にするアーティスト、ふたりは数年来の友人。はじめてのふたり旅、選んだ場所は、京都の奥座敷・嵐山。喧騒から離れ、ひっそりとした地で、季節を味わい、いつもとは異なる会話とともに過ごす。TRAVEL 2023.08.31 PR
SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)LEARN 2023.08.31 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん 〈+CEL〉ランドセル〈+CEL〉インタビューvol.3 (後編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんが受け継ぎたいメイクアイテムのケアの仕方。ランドセルブランド〈+CEL〉と子どもたちへ受け継ぎたいものについて話を聞くインタビュー企画。シリーズ3回目に話を伺ったのはヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。前編で受け継ぎたいものとしてあげてくれた「メイクアイテムのケアの仕方」について、どんなことを知っておくといいのか、教えてもらう。そして〈+CEL〉のランドセルもチェック。普段、使用するメイク道具も試供品はほとんど使わず、必ず店頭でみてから購入して選んでいるという草場さん。もの選びにこだわりを持つプロの視点、そして6年間の小学生ママ経験者として、〈+CEL〉のランドセルはどう評価する?MAMA 2023.08.17 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん〈+CEL〉インタビューvol.3 (前編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんがみつけた、 子育てと仕事のちょうどいいバランスの取れる場所。日常使いできるナチュラルなメイクと、メイクをすることのシンプルな喜びを教えてくれる、ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。彼女でなくては、と指名する女優やモデルも数多い。日々撮影を抱え、スケジュールに追われる中でも新しいコスメアイテムの探求にも余念がない(その様子は彼女のインスタグラムでもおなじみ)。仕事にいつも真摯に取り組む一方で、草場さんは家族を愛するひとりの母でもある。 ランドセルブランド〈+CEL〉と一緒に“子どもに受け継ぎたいもの”を訊くインタビュー企画。今回は、今、中学1年生だという娘さんに草場さんが受け継ぎたいものについて、そして草場さんの子育てに対する今の気持ちを訊く。MAMA 2023.08.12 PR