n_MG_4611

ストーリがあるカフェ。 宮城県岩沼市から蔵を移築したカフェ。二子新地の蔵造りカフェ〈珈琲 甍〉が気になる! Food 2018.03.07

二子新地の喫茶〈珈琲 甍〉は、なんと古い蔵を移築したもの!ゆったり過ごせる古き良き日本家屋のとっておき空間、その気になるルーツをお届けします。

移築した蔵を喫茶店に。古きよき日本が息づく空間

住宅街の一角にある〈珈琲 甍〉は、宮城県岩沼市にあった古い蔵をそのまま移築したお店。

MG_4556

ほぼそのまま移築した建物は、漆喰塗の扉や屋根瓦などに蔵の名残が。

建築は、いまは亡き古民家移築・再生の第一人者である石川純夫さんによるものだ。

「移築に携わるきっかけも喫茶店でした。古い家や蔵には、まだ100年以上使える立派な材が残っています。40年ほど前に喫茶店の建築を請け負った際、コストを抑えるため古材の採用を思いついたそう」と、息子の悟郎さんと兄弟子の中島啓太さん。

s_MG_4604

愛用の鉛筆と石川さん。

「取り壊す家とのタイミングが合ってこそなので、運命的な所がある」と話す中島さんに、「お店をオープンすると相談した際に『おもしろいものがあるんだけど』と、この梁の写真を見せてもらいました。そのあと一緒に現地を訪れたのですが、一度見たら惚れてしまって。店が完成するまで1年待ったんですよ」とオーナーの神林勝裕さんもにこり。

MG_4559

ぐっと曲がった天井の梁。元は2階建てだったが、天井を取って吹き抜けに。自然に曲がった太い材は、いまはなかなか手に入らない。

監修書『古民家再生住宅のすすめ』(晶文社)で純夫さんは「こんなすばらしい素材を捨ててしまうのはもったいない、という素朴な気持ちから始めた試みです」と記している。

それからというもの、数々の名店を手がけた。「石川が手がける建築の雰囲気が、喫茶店とマッチしたのだと思います。ビル内のお店なら一部に古材を、アンティーク収集が趣味だったので、照明やドアノブをコレクションから持ってきたり。お店のコンセプトを細かく聞きながら造っていましたね」と振り返る2人。

MG_4615

味がある木にロイヤルコペンハーゲンのブルーが映える。

神林さんも瓦とアンティークのコレクター。随所に飾られた瓦のほか、家具やドアの引き手と細部にわたって、純夫さんと持ち寄った品が使われている。戸にはめこんだ菓子型など、純夫さんが造る喫茶店には、ちょっとした遊び心がたくさん。楽しみながら造っている純夫さんの姿が目に浮かび、アンティークミルで挽くコーヒーも、そんな空間によく合う。

MG_4611

食器棚は、かつては蔵の裏口だった。重厚な引き戸もそのまま残る。「いらかブレンド」500円は店主が修業した〈カイルアコーヒー〉のオールドビーンズを使用。相性のいいネルドリップで、少し冷めても美味。

ケーキやガレットをお供にぼーっと眺める時間は、なんとも贅沢だ。

書籍で純夫さんは、古民家の再生・移築についてこんな一言を残している。「20、30年で壊してしまうような安普請の住宅が減り、日本の町並みが今よりもすばらしいものになってくれればと切に願っています」

こんな記事もおすすめ!
☆連載、編集Tが通う心やすまるカフェ&喫茶店「渋カフェ」はコチラ!
☆建築デザイナーの美学が詰まった原宿の名喫茶はこちら!
☆初心者でも気軽に楽しめる喫茶4軒はこちら!

(Hanako1150号掲載/photo : Megumi Seki text : Wako Kanashiro)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR