〈お宮横丁〉

やっぱり、麺が好き。 【全国】旅行に行ったら必ず押さえたい「ご当地麺」8選。鉄板B級グルメを食べに行こう! Food 2021.12.12

旅の楽しみといえば“グルメ”。各地域で食べられる麵グルメは美味しいうえに、価格帯もリーズナブルなため大人気です。旅先でもお気に入り麺グルメをチェックしてみて!

1.〈自家製うどん うどきち〉の「肉そば」/埼玉

〈自家製うどん うどきち〉の「肉そば」/埼玉

我が道を突き進むとして、うどん界ではちょっと有名な店主の倉田將昭さん曰く、「ラーメンではないけれど、うどんでもない(=当然そばでもない)」といっても禅問答ではない。使う小麦粉は、ふっくらとした弾力が特徴の国産のうどん用粉。さらに、香り高い全粒粉と中華麺特有の風味を生むかんすいも加わる。その芳香は、濃厚な煮干しスープにたっぷりくぐらせてこそ花開く。まず鼻腔に広がるのは、親しんだ中華麺のテイスト。続いて、うどんらしいリッチな弾力に迎えられる。2つの魅力が同時に味わえる、うれしい驚きがそこにあった。

(Hanako1161号掲載/photo : Shinichiro Oroku text : Kon Inoue)

2.〈割烹楓〉の「ふかやカレーやきそば」/埼玉

〈割烹楓〉の「ふかやカレーやきそば」/埼玉

普段のランチから宴会まで地元に幅広く親しまれ、メニューも選びきれないほど多種多様。漬物やドレッシングまで手作りなのは、地産野菜を余すところなく使いたいという愛情から。

「ふかやカレーやきそば」600円のアクセントは、ネギを漬けた「ネギラッキョ」。ジャガイモもごろっと入っている。

〈割烹楓〉
■埼玉県深谷市大塚334
■048-587-3260
■40席(ほか宴会場あり)/喫煙

(Hanako1161号掲載/photo : Maruo Kono text : Kahoko Nishimura)

3.〈手打ち蕎麦うどん 玉川〉の「くるみだれ蕎麦」/長野

〈手打ち蕎麦うどん 玉川〉/渋温泉

創業82年、三代目が腕を振るう。

くるみだれそば(写真、1,100円)のほか、ブラックペッパー×和風だしの信州産ぶなしめじきのこそばや鴨南ばんそばも。

〈手打ち蕎麦うどん 玉川〉
■長野県下高井郡山ノ内町渋温泉2178
■0269-33-2252

(Hanako1168号掲載/photo : Kazuharu Igarashi text :Hiroko Yabuki)

4.〈お宮横丁〉の富士宮やきそば/静岡

〈お宮横丁〉

富士宮に来たのなら、浅間大社の目と鼻の先にある“お宮横丁”で、ご当地グルメといきましょう。通りにひしめき合う10軒ほどの小さな名店は、名物富士宮やきそばに富士山餃子、静岡おでんにあんみつ…と、ニクい看板ばかり。どれにするか迷っちゃう。

〈お宮横丁〉
浅間大社から徒歩3分!スイーツもあります。
■静岡県富士宮市宮町4-23
■0544-25-2061
■10:00〜17:30(夏季は18:00まで)

(Hanako特別編集 合本・完全保存版『幸せをよぶ、神社とお寺。』掲載/photo:Masako Nakagawa text:Shiho Nakamura)

5.〈サンメンバーズカントリークラブ〉のほうとう/山梨

さきさえ連載 第44回

山梨といえば「ほうとう」が有名。冬になるとほうとうメニューが充実しています。今回ご紹介するのは、定番の「かぼちゃほうとう」ではなく、イタリアンな「トマトチーズほうとう」。興味本位で頼みましたが、とてもおいしかったです。

さらに詳しい記事はこちらから。

(text&photo:Sae Nishino)

6.〈和食 香穂〉のにゅう麺/京都

DSC2957-768x768

「例えばうどんは細くて柔らかいのが特徴やけど、これがおいしいだしをよく吸ってくれるんです。うどんに次ぐ定番になりそうなにゅうめん(温かい素麺)も同じように、主張しすぎず、だしを引き立てるのがいい。九条ねぎに限らず、ねぎとの食感の対比も面白い!」。

素麺に隠れた陰の主役は利尻昆布と花かつおでひいただし。たっぷりの九条ねぎも特徴。「上等なだしを味わう一杯」

(Hanako特別編集『Hanako TRIP ひみつの京都 完全版』掲載/photo : Noriko Yoshimura (P.92), Hiroshi Matsui (P.93), Board of Boys’ Day off (P.94))

7.〈ふくすけ〉の「伊勢うどん」/三重

DMA-_O0A6410

長旅で疲れた胃腸にも負担のないようにと太麺を柔らかく茹でたという伊勢うどん。

甘口醤油でいただくこちらの伊勢うどん500円(税込)は土日は1日1,200杯を超えて売れるという。

(Hanako1148号掲載/photo : Satoshi Nagare text : Yuto Takahashi)

8.〈あやうた製麺〉のオリーブ牛肉ぶっかけ/香川

オリーブ牛を使ったうどんも!
オリーブ牛を使ったうどんも!

今回訪問した〈あやうた製麺〉は、田園風景が広がる抜群のロケーション、納屋を改装した風光明媚な環境でおいしいうどんが食べられると評判の名店です。

野菜や米は産直品や近所の農家から仕入れた品を使用するなど、地元とのつながりも大切にしています。
軒先でうどんを受け取って、席でトッピングをして食べる「セルフ」タイプのお店で、本場香川スタイルのうどんを味わってみては?

〈あやうた製麺〉
■香川県丸亀市綾歌町岡田西 1785
■0877-86-3993
■11:00〜14:00
■金休

さらに詳しい記事はこちらから。

(photo&text:Riho Nakamori)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR