news_sample_2-0161

『いま東京で絶対に行っておきたい店』特集よりお届け! 熱烈に支持される、代々木上原のビストロ〈PATH〉の魅力に迫る! Food 2017.04.19

『いま東京で絶対に行っておきたい店』特集の300人アンケートで熱烈な支持を集めたのは、朝から晩まで開いている代々木八幡の小さなお店。今、一番東京っぽい!? 〈PATH〉の魅力に迫ります。

PATHのある東京の風景。

東京にいるのかパリにいるのか、ここがどこなのか一瞬わからなくなる不思議な感覚。それが東京らしさかも!?

sample_2-0250

ある日の昼下がり、スウェーデンから旅行中のご家族。お父さんは35年前、この近くに住んでいたそうで「街があか抜けてびっくり」。

Morning

クロワッサンの香りがこの街の、朝のサイン。さあ、一日が始まる!

sample_1-0132

小さな黒板にお店からのメッセージ。見るとちょっとだけ元気をもらえる。

sample_1-0041

8時半ごろカウンターに焼きたての「カヌレ」300円などが並びはじめる。

1-0032

パン作りは窓際で。通りを歩く人が思わず覗いていく。

名物の「ダッチパンケーキ」(1,500円)
名物の「ダッチパンケーキ」(1,500円)

生ハム、中にブッラータチーズ、メープルシロップをトロリ。

Lunch

お腹をすかせたローカルがわっと押し寄せる。お店が一番活気づくとき。

sample_2-0299

卵や野菜がさりげなく。このラフさがいい。

sample_2-0161

自然光が差し込むカウンタースペースがこの時間の特等席。

「自家製ハムとカマンベールのサンドイッチ」(980円)、「トレビス、キヌア、グレープフルーツのサラダ」(980円)
「自家製ハムとカマンベールのサンドイッチ」(980円)、「トレビス、キヌア、グレープフルーツのサラダ」(980円)
sample_1-0008

ルバーブやレモンなど、ハウスメイドのジャム各800円は、パンと一緒にどうぞ。

Dinner

ちょい飲みもフルコースも。思い思いのスタイルで食べて、笑って、幸せ。

sample_3-0919

夜はアラカルトが充実する。「自家製ハムとクミン」780円のほか、フライドポテトとビネガー700円も美味。グラスワインは800円~。5,800円のコースもある。

sample_3-0769

シェフの原さんとの会話は、ディナータイムの醍醐味だ。

sample_3-0857

夜の外飲みもまた、心が弾む。

sample_3-0788

ゆっくり会話を楽しみたいなら奥のテーブル席がおすすめ。

都会の日常に溶け込んで、日々の活力を与える店。

店1軒から、街全体が勢いづくことがある。代々木八幡界隈がそうだ。ある日、ポツンとできたポルトガル料理店が、幅広い層から支持されて街に根付くと、朝から開くパン屋が、魚料理店が、朝食も食べられる店が、次々誕生していった。週末は驚くほどの人通り。そこに昨年末オープンしたのが〈PATH〉だ。たちまち人気店となり、今や、この街になくてはならない存在になっている。

渋谷で〈Bistro Rojiura〉を展開中の原太一さん(左)とパティシエの後藤裕一さん(右)
渋谷で〈Bistro Rojiura〉を展開中の原太一さん(左)とパティシエの後藤裕一さん(右)

オーナーの一人は、すでに〈Bistro Rojiura〉を開いていた原太一さん。もう一人は、フランスでのパティシエ時代、独立はしたいが、やりたい店がないと思っていた後藤裕一さん。2人とも、ミシュラン二ツ星〈キュイジーヌ[s]ミッシェル・トロワグロ〉出身。料理人としてのキャリアは輝かしい。後藤さんの帰国後、知り合いだった2人が、「店を作るなら、こんなふうに」と話すうち、意見が合って、「じゃあ、一緒にやろう」ということに。ちゃんとおいしいものを出したい。職人の香りがするもの、手作りのハムとか焼きたてのパンを加えたい。でも、コーヒーはその道のプロに任せたほうがいいんじゃないか。朝ご飯はぜひとも。テイクアウトもありだよね。お菓子も作るよ。でも1000円ランチはやりたくない。夜はコースで攻めたい。ともかく、気持ちよく仕事がしたいよね、などなど。今はやりたいことができている、と2人。

sample_3-0645

カウンターは、朝から晩まで人気の場所。

NY、パリ、北欧にあっても不思議じゃない、しゃれた店構え。朝から夜まで、いろんなニーズに応えるコンビニエントな内容。サービスもベタつかず、「何か用があれば声をかけて」という姿勢。スタッフがカウンターで仕事をしていても、客も気にしなければスタッフも気にしない。客とスタッフの距離も近い。緊張したり、構えたりすることなく、自分らしくいられる。ここに集う誰もが、生活するように使いこなせる。その日常感こそがこの店の肝なのである。

〈PATH〉
■03-6407-0011
■渋谷区富ヶ谷1-44-2 A-FLAT 1F
■8:00~15:00(14:00LO)、18:00~24:00(23:00LO) 月休、ほか月1回日不定休

(Hanako1123号掲載/photo : Norio Kidera text : Michiko Watanabe(main) edit&text : Hiroko Yabuki)

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR