news_DSF4619

自分へのプチご褒美に! 時間を忘れちゃう!心ゆくまで読書が楽しめる、こだわりのブックカフェ6軒〜その2〜 Food 2017.04.10

食事も読書も楽しめて寛げるのが魅力のブックカフェ。しかし、今回2回にわたってご紹介するのは、そのジャンルのツウな本が揃っていたり、作家や作品にちなんだメニューが楽しめたりと、さらに本好きさんのツボを刺激するお店ばかり!是非、あなたのブックカフェを見つけてみて下さい。

4.〈KAIDO books & coffee〉/新馬場

DSF52161

かつて旅人でにぎわった旧東海道の宿場町に、品川育ちの佐藤亮太さんを中心にオープン。商店街の古書店や全国の自治体・サポーターの応援を受け、旅や街道、ローカルの魅力が詰まった本10,000冊以上が集まった。カフェで楽しめるコーヒーの豆も、佐藤さんが旅先で出会ったロースターからお取り寄せ。旅心が騒ぐカフェです。1階では各地の魅力に焦点を当てたイベントを不定期で開催。

DSF51881

北海道から沖縄まで地域ごとにまとめられた2階書棚の前での佐藤さん。本の多くは古書で購入可能だ。

『恐山 死者のいる場所』南直哉著
『恐山 死者のいる場所』南直哉著
『エンデュアランス号漂流』アルフレッド・ランシング著、山本光伸訳
『エンデュアランス号漂流』アルフレッド・ランシング著、山本光伸訳

この二冊は「未訪の地域をリアルに感じることができる、ウチらしい本」と佐藤さんがセレクト。

アボカドや生ハムチーズたっぷりの「サンドイッチ」(600円)、「アメリカーノ」(390円)
アボカドや生ハムチーズたっぷりの「サンドイッチ」(600円)、「アメリカーノ」(390円)
DMA-_DSF5291

「ドリップコーヒー」470円などドリンクはテイクアウト可。

5.【閉店情報あり】〈HEIMAT CAFE〉/武蔵小山

DSF49711

オーナーがヨーロッパで出会ったブックレストランを再現。心の郷愁をテーマにしたカフェは、初めてなのにどこか懐かしい。学芸大学の古書店〈sunny boy books〉高橋和也さんが選書した本も絵本や小説、料理やアートなど様々だが、人の手のぬくもりを感じさせるものばかり。ほっとする味わいの料理とともに気持ちが安らぐ。店内の書架に並ぶ約1,000冊の本は雑誌も書籍もすべて購入可能。

DSF49571

店名のHEIMAT(心の郷愁、故郷)はウンガレッティの詩の一節からとられたもの。

『ロマンティックに生きようと決めた理由』永井宏著
『ロマンティックに生きようと決めた理由』永井宏著

「カフェが必要な理由はここにすべて書いてあります」(高橋さん)。

『ウンガレッティ詩集』河島英昭編・訳
『ウンガレッティ詩集』河島英昭編・訳

「人生もひと休みが大事だと詩人は教えてくれます」(高橋さん)。

「オリジナルハンバーガー」(1,000円)
「オリジナルハンバーガー」(1,000円)

バンズは地元の人気店〈コミネベーカリー〉に特注。

「カフェラテ」(550円)
「カフェラテ」(550円)

6.〈Bookcafe days〉/渋谷

国内外の名作が常時500冊ほど楽しめる。本の売り上げの一部は国内外の子供たちの支援に充てられている。
国内外の名作が常時500冊ほど楽しめる。本の売り上げの一部は国内外の子供たちの支援に充てられている。

店主は図書館や専門店でたくさんの児童書に触れてきた小島ちふみさん。短い言葉と絵で多くのことを表現する絵本の魅力を伝えたいとブックカフェを開業した。「同じ人でも、読む年齢により印象が変化するのも絵本のおもしろさ」と小島さん。大人になった今だからこそ響くものもあるはず。まずは1冊を開くことから始めよう。国内外の名作が常時500冊ほど楽しめる。本の売り上げの一部は国内外の子供たちの支援に充てられている。

DSF46341

持参の本と交換して持ち帰れる「交換本」のコーナーも。

『ジョゼフのにわ』チャールズ・キーピング著、いのくまようこ訳
『ジョゼフのにわ』チャールズ・キーピング著、いのくまようこ訳
『ぞうさんのおだんご』ヘルメ・ハイネ著、北杜夫訳
『ぞうさんのおだんご』ヘルメ・ハイネ著、北杜夫訳

この2冊は絶版。「絶版になっても時を経て出会える。古書ならではの魅力です」(小島さん)。

DSF45851

「しそご飯のオムライス」850円は青ジソの爽やかな香りと半熟卵、トマトソースが好相性。

米麹で作った「甘酒」(600円)
米麹で作った「甘酒」(600円)

(Hanako1127号掲載/photo : Yoko Tajiro text : Mutsumi Hidaka)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR