気軽におうちで楽める、秋のフラワーアレンジメントにトライ。
2018.09.22

第23回 前田有紀の『週末・気分転〈花〉』~第23回~ 気軽におうちで楽める、秋のフラワーアレンジメントにトライ。

10年のアナウンサー生活を経て、フラワーアーティストとして活躍する前田有紀さん。そんな彼女が世の頑張る女子の気分転換になるようなフラワーライフのアイデアを紹介してくれる連載。第23回は、秋のお花の楽しみ方をご紹介します。
前田 有紀
前田 有紀 / フラワーアーティスト

「10年間のアナウンサー生活のあとイギリス留学を経てフラワーアーティストとして独立。パーティーやウェディングなどの空間装飾のほか、移動花屋のオリジナルブランド〈gui〉」を立ち上げる。」

前田 有紀さんの記事一覧 →

今週は一気に秋に季節が進みましたね。急に寒くなって、体調崩されたりしていませんか?市場に足を運ぶと、秋真っ盛りの深い色の味わいのある草花が出迎えてくれ、秋を実感しています。今回は秋のお花の気軽な楽しみ方をご紹介します。

PIC_0630

いまとても種類が豊富に出回っているのは、秋の花・ダリア。単色の色合いのイメージが強いダリアも、一つの花の中に色々な色彩が混ざり合った綺麗なものも本当に多いです。

PIC_0631

こちらはペアビューティ、オレンジと白の花びらが何とも美しいです。何色かのダリアを集めてそのまま飾るのも秋ならではの醍醐味です!

PIC_0632

そして、空気が乾燥してくるこの時期は、ドライフラワーのはじまりの季節でもあります。
私のアトリエでは、夏の間に作っておいた、ケイトウやプロテア、ファウンテングラスなどをざっくりと束ねて飾ってみました。ちょっとセピアな色合いが秋の気分にとてもよく合って、気に入っています。

PIC_0633

ドライフラワーは、色が単調になりやすいので、おおげさなくらいに、色々な形状のお花を集めておくと形が作りやすいですよ!器は瓶でもカゴでもなんでもいいので、気軽に飾ってみてください。

PIC_0634

さて、いつか自分自身でお店を持ちたいと思っていた私ですが、念願叶ってずっと温めてきたフラワーブランド、移動花屋の〈gui〉をオープンさせました!
オープンしてすぐに今週は大阪の阪急うめだ本店さんで開催されている、「ほぼ日 生活のたのしみ展 出張巡回展」に出店することになり、スワッグやリース、ハーバリウムなど、たくさんのお花を制作して、現場にお届けしてきて、慌ただしいスタートです。

PIC_0635

このHanako.tokyoの読者の方には、お仕事や家のことで忙しくしながら都会の生活を楽しんで過ごされる方がとても多いと思います。〈gui〉が、これまで花に出会わなかった人が花に出会う場所になれるように。これまで花がなかった場所にどんどん花を持ち出して、新しい形で皆さんに花をお届けしていけたらと思っています。今週末は連休ですが、24日(月・祝)まで「ほぼ日 生活のたのしみ展」はまだまだ続きます。

今後はHanakoさんでも度々特集が組まれている鎌倉でも出店予定がありますので、生まれたばかりの花屋〈gui〉にぜひ遊びにいらしてください!

☆前回の記事はコチラから
☆連載

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る