DSC09835
2021.03.13

第80回 前田有紀の『週末・気分転〈花〉』 お花のトレンドは?優しく包んでくれそうな”春のベージュ”の楽しみ方。

10年のアナウンサー生活を経て、フラワーアーティストとして活躍する前田有紀さん。そんな彼女が世の頑張る女子の気分転換になるようなフラワーライフのアイデアを紹介してくれる連載。今回は、優しく包んでくれそうな、”春のベージュ”の楽しみ方をご紹介します。
DSC09823

みなさん、最近どんな色の服を買いましたか?私が今年気になっているのがベージュのワンピースやアイテム。ファッションでのもこの春夏も去年に秋冬に引き続きアースカラーの代表格ベージュが人気とよく耳にしますが、私はお花にもトレンドがあるような気がしています。

DSC08461
DSC09827
DSC08461
DSC09827

花の市場は、色とりどりのお花で春爛漫。市場に行くたびに心が弾むような気持ちになりますが、今年はお花の品種問わず、優しい印象の”ベージュ”系に惹かれています。

DSC09530
DSC09826
DSC09495
DSC09530
DSC09826
DSC09495

ラナンキュラス、ガーベラ、チューリップなど。ベージュにホワイトを合わせたりと、ワントーンのお花を集めるとすっきりまとまり「正解はなに?」と首をかしげる必要もありません。色にインパクトがない分、個性的なお花を取り入れやすく、自由気ままに束ねてもまとまって見えるのが気楽です!

DSC08463

ちょっと大切な人に送るギフトブーケでも、ラナンキュラス、ガーベラ、ユキヤナギなど。ベージュのワントーンでオーダーしてみたら、とっても柔らかい印象の花束になりますよ。(一緒に写り込んでいたのは、お花に興味津々の長男の手。)

DSC09835

また、花瓶もゴールド、ベージュ、ホワイト系で合わせるとそちらも重宝しそうですよ!お花のコーディネートに慣れてくると、春の花選びももっと楽しめます。優しく包んでくれそうな、”春のベージュ”。お花でも楽しんでくださいね!

前田 有紀
前田 有紀 / フラワーアーティスト

「10年間のアナウンサー生活のあとイギリス留学を経てフラワーアーティストとして独立。パーティーやウェディングなどの空間装飾のほか、移動花屋のオリジナルブランド〈gui〉」を立ち上げる。」

前田 有紀さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る