いつものメイクに飽きたら?顔まわりの“マンネリ”に「アイウェア」で新しさをプラス!
2018.10.05

第8回 Hanako週末美容 いつものメイクに飽きたら?顔まわりの“マンネリ”に「アイウェア」で新しさをプラス!

こんにちは、Hanakoラボの福本敦子です。すっかり秋らしい天気になってきましたね。涼しくなって長袖を着れるようになったり秋冬のおしゃれも楽しみな時期です。
福本 敦子
福本 敦子 / PR・美容コラムニスト

「Cosme Kitchen PR を経て2018年より、コスメ、ナチュラルフードなどのPR、雑 誌やWEBでの美容コラム執筆などマルチに活躍中。モデルやエディターからの支持も厚い。 Instagram:@uoza_26、YouTube:https://bit.ly/39StGsx

福本 敦子さんの記事一覧 →

最近、「いつものメイクに飽きたかも…?」と自分の顔にマンネリを感じていた私。髪を切ったりメイクのカラーを変えたりそれよりもっと「変わった!」感を得られるもの。それはアイウェアをプラスすること。メガネをひとつプラスするだけでかなりイメチェンになるのでは…?でも、ゴツくなくて女性らしいデザインのものが欲しい!ということで、女性向けのアイテムが揃う、〈新宿ルミネ〉の〈Beaty Optical Salon〉に行ってきました。

〈新宿ルミネ〉の〈Beauty Optical Salon〉でマイメガネ探しに。

1438c3a0754e22eae3d6feb97fac2bc7

〈Beauty Optical Salon〉は女性に向けた華奢で洗練されたデザインが特徴。オリジナルライン「YUNO」は、つるの先が、女性のネイルをイメージして赤のポイントカラーが施されています。こういうの、女心にキュンキュン来ますよね。

b82d47fb6fb603ac61d8d6b397a226a4
9a15b1696d7822374ab5be6541ba4e41

「女性が美しくなるためのアイウェア」がたくさん揃うので、店内にはアクセサリーの販売もしていたり。女の子が喜ぶものがたくさんあるアイウェアショップです。

今回、私が探していたのは、ニットなどと合わせても良さそうな細めのメタルフレーム。これなら、ほかのメイク(口紅やチークの色など)と喧嘩しないかな?と思いました。いろいろ試着しながら見つけていきたいと思います。

プロに聞く・似合うアイウェアの探し方のポイントは?

8de59d97dadc294affb045dcce1ca4aa
顔まわりの骨格や髪の色、雰囲気などに合わせてプロのアドバイスがいろいろ聞けます。

お店に行くとスタッフさんがいろいろなおすすめをしてくれました。たくさん試着してみたのですが、つけてみるとイメージが違ったり、あれ、意外とこれが似合う…なんてものもあったり。どうやら似合う形はポイントが決まっているのかも?
ポイントを伺ってみると、「大事なのは雰囲気と形です」とスタッフさんのアドバイス。確かに、つけるフレームによって雰囲気が全然違うかも…。そして、メガネを選ぶときに、一番大切なのは「サイズ」なんだとか!顔に綺麗にハマっていることが大切なんですね。フレームを選んだら、サイズの調整もお店で行ってくれます。顔にすっぽり合うようにフィッティングしてくれるので、ズレなども全然気になりません。

実践・アイウェア選び!

35e8965fa1c53788e9820a48767c3d3e

いろいろ試した結果、今回チョイスしたのはこのふたつでした。ローズゴールドっぽいメタルのフレームと、ちょっと個性的なタイプの黒のフレームのメガネです。
ここで、選んだデザインのポイントをちょっとご紹介。

f4ff325a29936337ef4be02da639d3d9

私は、
・顔がはっきりしている
・黒髪のショートヘア
なので、今まで黒縁のメガネは、少し重たい印象になるような気がしていたんですね。でも今回買ったデザインだとつるの部分がホワイトになっているので、顔まわりが重たくなりすぎず、ちょうどいい。メタルフレームのほうは優しい印象になる丸めのフレームを選びました。

6e7f5dced441df89c49ea187e79714cd

こんな風に、自分の顔まわりの「重さ」と「軽さ」のバランスを頭に入れつつ、メガネを選ぶといいのかも。私はコスメを選ぶときに今までたくさん見てきているので全然迷わないんですが、メガネに関しては超素人。やっぱり、詳しいスタッフさんっていいなぁ〜と思いました。

65f75bd6b066773a035b5621c63fe477
頼りになるお二人。

アクセサリー感覚でアイウェアで遊ぼう!

アイウェアをプラスしてから、いつものファッションやメイクのマンネリが見事脱出!このお洋服には、このフレームが合うかなー、と考えたり、リップはこの色がいいかな?と考えたり。ヘアスタイルも耳にかける/かけない、などメガネがあることによっていろいろ考えるので新たな自分も発見できて、毎日エンジョイしています。

34330068d4075c027e347748e8da8133

ファッション小物としても有効なアイウェアですが、同じく顔まわりアイテムとして、こちらの〈Beauty Optical Salon〉ではアクセサリーの販売もしています。どれも3,500円程度で気軽に取り入れられて、しかもかわいい!
メガネとアクセサリーの相性を考えても楽しいかも?秋冬のビューティー&ファッションのイメチェンに、ぜひアイウェアを取り入れてみてください!

〈Beauty Optical Salon〉
■住所:東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ2 2F
■電話番号:03-6302-0273
■営業時間:11:00~21:30(土日祝10:30~21:30)
■HPはコチラから

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る