丸の内 パレスホテル東京
2021.12.28

第145回 〈FOOD LOSS BANK〉とのサステナブルなコラボフード第2弾! 一日30食限定!〈パレスホテル東京〉のロスフード食材を主役にした苺スイーツ。

〈パレスホテル東京〉では、フードロス問題の改善を目指す〈FOOD LOSS BANK(フードロスバンク)〉とコラボレーションし、“ロスフード食材”を主役にした商品を開発しています。その第2弾となる新潟産の苺「越後姫」を使った大人スイーツを味わってきました!

〈パレスホテル東京〉と〈FOOD LOSS BANK〉のサステナブルなコラボとは?

丸の内 パレスホテル東京

丸の内の〈パレスホテル東京〉は、皇居外苑の美しい景観を眺められる都心のオアシス。環境保護や社会貢献活動にも積極的に取り組む同ホテルは、コロナ禍で増え続けるフードロス問題を解決すべく設立された企業〈FOOD LOSS BANK〉とコラボレーションし、ロスフード食材を用いた商品の開発に取り組んでいます。

丸の内 パレスホテル東京

その第1弾は、2021年9月からペストリーショップ〈スイーツ&デリ〉で販売されている、ロスフード食材を生かしたホテルメイドの「ケーク サレ」。廃棄予定だった野菜とチーズ、ベーコンなどを合わせて具沢山に仕上げられています。朝食やワインのお供など、キッシュ感覚で手軽に食べられるので、発売以来大人気の商品となりました。

〈パレスホテル東京〉1階の〈ザ パレス ラウンジ〉。大きな窓からは、皇居外苑の豊かな緑が。
〈パレスホテル東京〉1階の〈ザ パレス ラウンジ〉。大きな窓からは、皇居外苑の豊かな緑が。

そんな〈パレスホテル東京〉と〈FOOD LOSS BANK〉の大好評コラボの第2弾は、同ホテル1階のロビーラウンジ〈ザ パレス ラウンジ〉で11月から提供がスタートした苺スイーツです。どんなスイーツなのか気になるため、さっそく足を運んでみることに。

新潟産ブランド苺「越後姫」が主役の風味豊かな苺スイーツ。

「越後姫苺のパルフェグラッセ 蜂蜜風味のヨーグルトのエスプーマ」1,580円(ドリンクは別料金)。
「越後姫苺のパルフェグラッセ 蜂蜜風味のヨーグルトのエスプーマ」1,580円(ドリンクは別料金)。

今回のコラボスイーツは、芳醇な香りと豊富な果汁が特徴の新潟のブランド苺「越後姫」を主役にした「越後姫苺のパルフェグラッセ 蜂蜜風味のヨーグルトのエスプーマ」。見た目が不揃いなために廃棄されてしまう予定だった苺を活用した、渾身のホテルスイーツです。

ちょこんとのった、苺のヘタをイメージしたバジルもかわいらしい。
ちょこんとのった、苺のヘタをイメージしたバジルもかわいらしい。

2層になったまあるいスイーツは、淡いピンク色のパルフェグラッセとソルベの上に、雪のように真っ白なヨーグルトのエスプーマがかぶされています。また、絵画のような美しさを演出するパウダーにも、越後姫を使用するというこだわりぶり。ホテルの洗練された空間になじむおしゃれな見た目は、食べる前から気分を高めてくれます!

丸の内 パレスホテル東京

味わってみると、ひんやりとしたなめらかな食感、そして苺の果汁をギュッと凝縮したパルフェグラッセとソルベの甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。小ぶりなスイーツなのに、一口目から豊かな苺の風味が押し寄せてきて驚きました!さっぱりとした蜂蜜風味のヨーグルトエスプーマが添えらているので、甘すぎないところもうれしい。

食べ進めると、中にもカットされたシャリシャリの苺が詰まっていて贅沢。さらに、とろっと溢れ出すバジルオイルと仕上げに散らしたゆず皮で、グッと大人な味わいに。主役の苺を引き立てながら、それぞれの素材の風味や食感のちがいも楽しむことができます。

冬と言えば、苺スイーツが食べたくなる季節。今年の冬は、サステナブルな苺スイーツでフードロス削減に貢献してみませんか。

「越後姫苺のパルフェグラッセ 蜂蜜風味のヨーグルトのエスプーマ」
■ロビーラウンジ〈ザ パレス ラウンジ〉(東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスホテル東京1F)
■03-3211-5309
■10:00~22:30LO
■1,580円(サービス料込)※限定一日30食
公式サイト

稲垣恵美
稲垣恵美 / フリーライター

「北海道出身。食、お散歩、ゆるいもの、ライブなどが好きです」

稲垣恵美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る