Tシャツアレンジ
2021.06.01

第91回 捨てるのはちょっと待って! 色あせたTシャツがコースターや玄関マットに!手編みアレンジの作り方。

着られなくなった洋服や不用な食品パッケージ、ネットショップの梱包材などどうしても出てしまう生活ゴミ。でも捨てるのはちょっと待って!何かに使えないか、何か作れないかを考えてみることが大事。気に入っていたTシャツほど、くたびれるのも早い。思い出の詰まったTシャツを手編みでアレンジ。コースターや、玄関マットを作ることができます!

【用意するもの】

色あせたTシャツや色味のある端切れを使って!
色あせたTシャツや色味のある端切れを使って!

・着なくなったTシャツ、端切れなど

【道具】
・布用ハサミ

【作り方】

Tシャツアレンジ
❷
❸
❹
Tシャツアレンジ
❷
❸
❹

❶Tシャツを布用ハサミで2cm幅ほどのリボン状に切る。

❷角の部分を丸くカットしておくと、編み目から飛び出ない。

❸糸端を5cmほど残して輪を作り、結ぶ。

❹③の輪を左手の親指にかけ、人差し指の前から交互に糸をかける。

❺
❻
❼
❽
❺
❻
❼
❽

❺小指から交互にかけながら折り返す。

❻糸を手のひら側の指にかけてある糸の上側に回す。下側の糸を持ち上げ、指をくぐらせる。

❼人差し指から順に小指までくぐらせたら、1段終わり。糸を手のひら側に回す。

❽2段目は小指から順にくぐらせていく。これを何度も繰り返し、好きな長さに編む。

❾
❿
⓫
⓬
❾
❿
⓫
⓬

❾糸端を20cmほど残してカットし、指にかかっている糸にジグザグに通し、引っ張る。

➓指からはずし、編み目を軽く引っ張りながら形を整える。

⓫色違いを作り、余った糸を編み目に通して縫い合わせる。

⓬糸端は縫い目に通して隠し、余った糸をカットする。

コースターの完成です。

Tシャツアレンジ

Teacher…石坂しづか(いしざか・しづか)

イラストレーター。雑誌や書籍などで活躍。著書に『ほっこり北欧テイストの手描き素材集』(イースト・プレス)。

(Hanako1197号掲載/photo : MEGUMI text : Motoko Sasaki edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る