〈DR.CI:LABO〉
2020.12.06

第25回 Hanako Beauty「あのコスメが生まれた理由」 皮膚科医が監修するドクターズコスメ〈DR.CI:LABO〉から「アクアコラーゲンゲル エンリッチリフト EX」が生まれた理由。

Hanako本誌連載「Hanako Beauty Skin Care あのコスメが生まれた理由」を掲載。今回は〈DR.CI:LABO〉から「アクアコラーゲンゲル エンリッチリフト EX」が生まれた理由をご紹介します。

新たに発見された美肌の敵カルバミル化に対抗する!

現代人にとって、時短ケアが叶うオールインワンコスメは頼もしい味方。その先駆者といえるドクターシーラボのアクアコラーゲンゲルが誕生したのは、1998年のこと。「ドクターシーラボ創業者で皮膚科医である城野親徳(しろのよしのり)は、美容レーザーのパイオニア。当時は自宅で使うコスメの着色料や防腐剤などが原因で、レーザー治療後の肌トラブルに悩む患者様が多かったそうです。そこで城野は、治療後も安心して使えるスキンケアを自ら処方しました。それが、アクアコラーゲンゲルの原型です」(ドクターシーラボ商品企画部部長・市原澄子さん)

アクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEX 
リフトアップ用ゲルが6代目になるリニューアル。新たに判明した肌老 化の原因カルバミル化に着目し、スキンアップCLを配合。浸透発酵コラ ーゲンやナイアシンアミドなど、高機能美容成分でハリ肌を目指す。 50g 4,500円、120g 8,600円(ドクターシーラボ 
 0120-371-217)
アクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEX リフトアップ用ゲルが6代目になるリニューアル。新たに判明した肌老 化の原因カルバミル化に着目し、スキンアップCLを配合。浸透発酵コラ ーゲンやナイアシンアミドなど、高機能美容成分でハリ肌を目指す。 50g 4,500円、120g 8,600円(ドクターシーラボ 0120-371-217)

城野医師は、かなりのこだわり派。ゲル完成までには、ビーカー片手に徹夜した日々もあったという。「その甲斐があって、できあがったゲルは大変な評判に。遠方から、ゲルを送ってほしいと連絡をくださる患者様もいたそうです。そこでより多くの人に使ってもらおうと市販することになり、アクアコラーゲンゲルが誕生しました」肌の健康に一番大切な水分を効率よく届けるため、試行錯誤の末に行き着いたのがゲルという形状。「ゲルには、肌に水分を与える、水分を閉じ込める、美容成分をたっぷり配合できるというメリットがあります。そのメリットを活かし、今では敏感肌用、美白用など様々なゲルを用意しています。中でも人気なのが、今年リニューアルした“アクアコラーゲンゲル エンリッチリフト EX”。このアイテムは年以上におよぶコラーゲン研究の先端の知見に基づき、肌のハリ感を高める成分をふんだんに配合しています」

先端の知見とは、肌の弾力に関わる恐ろしい事実のこと。「肌老化の主な原因としては酸化と糖化が有名です。ところが最新の研究では、尿素の分解物がたんぱく質と結合することで起こる“カルバミル化”もコラーゲン老化の大きな原因であることが判明したのです。カルバミル化でコラーゲンが劣化すると、肌は弾力が低下。たるみやシワなどエイジングサインが出てしまいます。新しいアクアコラーゲンゲルエンリッチリフトには、この発見に基づいて、スキンアップを配合。コラーゲンの合成を助けて、肌のハリ感をサポートします」

高級クリームのようにリッチで、しかもみずみずしい感触。ダマスクローズの香りを楽しみながら、ワンステップでお手入れを完了できる。「なじませるときは、顔の中心から外、下から上へとなじませて、決して反対側へ戻さないこと。最後にハンドプレスすれば、ふっくら引き上がったような実感がするはずです」

アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEXと合わせて使うとより効果が期待できる。

〈DR.CI:LABO〉

アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEXと合わせて使うとよりエイジングケア効果が期待できる、VC100エッセンスローションEX。浸透力の高いビタミンCで、初期老化のサインをケアできる。

〈DR.CI:LABO〉

アクアコラーゲンゲルシリーズの中でも人気の3品。右は美白有効成分入り、中央は保湿特化のシンプルタイプ。左はセラミド配合で、デリケート肌を守る低刺激処方のタイプ。

Brand Profile/〈DR.CI:LABO〉

ドクターシーラボは、皮膚科医が監修するドクターズコスメブランドとして1999年に誕生。アクアコラーゲンゲルのほか、浸透ビタミンCを高濃度で配合したVC100シリーズ、ニキビケアに特化したアクネレスラインなど、肌悩みに合わせた様々なスキンケアラインがそろう。

(Hanako1191号掲載/photo:MEGUMI styling:Momoko Miyata text:Yumiko Kazama)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る