Hanako特別編集カラダ想いの簡単養生レシピ。

Hanako特別編集カラダ想いの簡単養生レシピ。 Mook No. 5576 2023年01月05日 発売号

眠りが浅かったり、風邪気味だったり。時には不安な気分になったりと、日々の調子には食生活が大きく関わっています。お医者さまから薬膳の専門家の方まで、手に入りやすい食材を使って簡単に作れる、カラダをいたわるレシピを教えていただきました。日常の食が私たちの元気の素を作っています。この一冊を参考に、食でセルフケアをしてみませんか。

薬膳、発酵、保存食…食から始めるセルフケアのすすめ。

女性ホルモンに効く食材で作る「玉ねぎと人参の活血ナムル」。目に良いという人参のナムルを作っておけば、ささっとできるサラダ。生の玉ねぎやおろしニンニクを加えて、辛味の刺激で血が巡っていく。
女性ホルモンに効く食材で作る「玉ねぎと人参の活血ナムル」。目に良いという人参のナムルを作っておけば、ささっとできるサラダ。生の玉ねぎやおろしニンニクを加えて、辛味の刺激で血が巡っていく。
肝機能をアップする「菊花とナツメとクコのドリンク」。黄色い菊花、セミドライのナツメ、クコの実を中心に、好きなものをお湯に入れるだけ。カラダをじんわり温めてくれる干し生姜や白キクラゲを入れても。
肝機能をアップする「菊花とナツメとクコのドリンク」。黄色い菊花、セミドライのナツメ、クコの実を中心に、好きなものをお湯に入れるだけ。カラダをじんわり温めてくれる干し生姜や白キクラゲを入れても。
「クコの実は効能が高いのに、おいしくてかわいらしい。薬膳のプリンセスと呼ばれる不老長寿の薬」と料理家・井澤由美子さん。ミネラルやビタミンが豊富で、菊やナツメとともに肝機能を上げ、目の疲れも癒してくれる。
「クコの実は効能が高いのに、おいしくてかわいらしい。薬膳のプリンセスと呼ばれる不老長寿の薬」と料理家・井澤由美子さん。ミネラルやビタミンが豊富で、菊やナツメとともに肝機能を上げ、目の疲れも癒してくれる。
免疫力アップには、腸をキレイにして代謝を良くすることが不可欠。ファーストステップは食物繊維やビタミンが豊富な玄米で腸の掃除を。栄養価も消化性も高い「金芽ロウカット玄米」を使ったレシピを紹介。
免疫力アップには、腸をキレイにして代謝を良くすることが不可欠。ファーストステップは食物繊維やビタミンが豊富な玄米で腸の掃除を。栄養価も消化性も高い「金芽ロウカット玄米」を使ったレシピを紹介。
なかしましほさんに教わる、グルテンフリーのマフィン。古くはお団子やお餅に使われていた米粉は、近ごろは小麦粉の代替食材として使われている。その米粉とリンゴを使ったグルテンフリーのマフィンを作っていただいた。
なかしましほさんに教わる、グルテンフリーのマフィン。古くはお団子やお餅に使われていた米粉は、近ごろは小麦粉の代替食材として使われている。その米粉とリンゴを使ったグルテンフリーのマフィンを作っていただいた。
スイーツとして食べてもヘルシーな薬膳ドリンク「ふるふるジャスミンティー」の作り方を伝授。スーパーで手に入る食材を使って簡単にトライできるのがポイント。いつものティータイムにひと工夫、初心者にもおすすめ。
スイーツとして食べてもヘルシーな薬膳ドリンク「ふるふるジャスミンティー」の作り方を伝授。スーパーで手に入る食材を使って簡単にトライできるのがポイント。いつものティータイムにひと工夫、初心者にもおすすめ。

and recipeに教わる、料理の基礎の基礎。

料理と旅をテーマに活動するユニット・and recipeさんに教わるのは、料理が楽しくなる基礎の基礎。調味料のこと、切り方、素材についてなどなど、知っているようで知らない料理のことを聞いてみました。
料理と旅をテーマに活動するユニット・and recipeさんに教わるのは、料理が楽しくなる基礎の基礎。調味料のこと、切り方、素材についてなどなど、知っているようで知らない料理のことを聞いてみました。
先生のキッチンには、“ネオさしすせそ”がズラリ。甜麺醤、豆板醤、ナンプラーなど調理にも使うし、かけるだけで一気に異国感アップするものも。
先生のキッチンには、“ネオさしすせそ”がズラリ。甜麺醤、豆板醤、ナンプラーなど調理にも使うし、かけるだけで一気に異国感アップするものも。
火を使った調理テクニック。メインディッシュに欠かせない、肉料理や魚料理に使うシーンが多い「焼く」。火の通りの目安は? おいしく焼くコツは? Q&A方式で解説していきます。
火を使った調理テクニック。メインディッシュに欠かせない、肉料理や魚料理に使うシーンが多い「焼く」。火の通りの目安は? おいしく焼くコツは? Q&A方式で解説していきます。
「炒めてみよう」の課題料理は、豚肉とズッキーニの回鍋肉。ズッキーニは油を吸わせるため、断面が広い切り方がおすすめ。レシピは掲載の二次元コードを読みこんだ先で見ることができます。
「炒めてみよう」の課題料理は、豚肉とズッキーニの回鍋肉。ズッキーニは油を吸わせるため、断面が広い切り方がおすすめ。レシピは掲載の二次元コードを読みこんだ先で見ることができます。
体調を整え、回復させる、カラダにやさしい養生レシピ。and recipeの山田英季さんに、カラダをしっかり温めて内臓の働きをよくするあったかレシピを教えてもらいます。
体調を整え、回復させる、カラダにやさしい養生レシピ。and recipeの山田英季さんに、カラダをしっかり温めて内臓の働きをよくするあったかレシピを教えてもらいます。

あの人に得意料理を教わろう。

“こねて包んで茹でるだけ”で、店の味を再現。〈按田餃子〉の店主、按田優子さんに教わる、水餃子の作り方。皮から作る本格派ながら、シンプルでとっつきやすい手順は、楽しくてまたすぐに作りたくなる。
“こねて包んで茹でるだけ”で、店の味を再現。〈按田餃子〉の店主、按田優子さんに教わる、水餃子の作り方。皮から作る本格派ながら、シンプルでとっつきやすい手順は、楽しくてまたすぐに作りたくなる。
「魚や鶏肉にも合いますよ。茹で野菜や揚げ野菜にかけてもおいしい」と語るのは料理家の冷水希三子さん。簡単にできる香草タレの作り方を教わりました。
「魚や鶏肉にも合いますよ。茹で野菜や揚げ野菜にかけてもおいしい」と語るのは料理家の冷水希三子さん。簡単にできる香草タレの作り方を教わりました。
ミュージシャンの長塚健斗さんに教わるのはビストロ仕込みの贅沢レシピ。簡単な前日仕込みで旨味がぐっとアップ! おもてなしにおすすめです。
ミュージシャンの長塚健斗さんに教わるのはビストロ仕込みの贅沢レシピ。簡単な前日仕込みで旨味がぐっとアップ! おもてなしにおすすめです。
料理研究家・内田真美さんから伝授。みずみずしい花やハーブが砂糖をまとうと、ちょっとはかなげでロマンチックな表情に。“食べられる飾り”クリスタリゼが、デザートと心を豊かに彩ります。
料理研究家・内田真美さんから伝授。みずみずしい花やハーブが砂糖をまとうと、ちょっとはかなげでロマンチックな表情に。“食べられる飾り”クリスタリゼが、デザートと心を豊かに彩ります。
レモンサワーの聖地、ゴールデン街のレモンサワー専門店〈OPEN BOOK〉の味を手軽に家で真似したい。ポイントはていねいな仕込みをすること。それだけで、味がぐっと引き締まる。
レモンサワーの聖地、ゴールデン街のレモンサワー専門店〈OPEN BOOK〉の味を手軽に家で真似したい。ポイントはていねいな仕込みをすること。それだけで、味がぐっと引き締まる。

「パンラボ」主宰の池田浩明さんは、新しいパン店がオープンしたと聞けば、全国、どこへでも出かけていく自称”パンオタク“。そんな池田さんが、Hanako本誌に4年に渡って連載してきた「まちをつなげるパン屋さん」を1冊にまとめた、日本のパンの最強ガイドブックです。店自慢の数々のパンはもちろん、店のたたずまいや、作り手も心を込めて紹介。

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR