Hanako'sInformationrere3- (1) -1

台湾を感じるホテル、 MGH MGH Mitsui Garden Hotel 台北忠孝 TRAVEL 2023.02.15

2020年に台北の中心地にオープンした、MRT忠孝新生駅からわずか30秒のアクセスのホテル。イベントや展示が開かれるカルチャーの発信地〈華山1914文創園区〉などもあり、台北を満喫するには好立地だ。

_N5A0566
_N5A0613

台北科技大学や光華デジタル新天地がある文化都市でもあるMRT忠孝新生駅一帯。2020年に誕生した〈MGH Mitsui Garden Hotel台北忠孝〉は、駅からわずか30秒の立地と台北めぐりには絶好の立地だ。ゆったりとした広さのお部屋は台湾のクラフトをイメージした落ち着いたしつらえだ。

_N5A0530

「活気ある台北に日本の上質でやすらぎの空間をお届けすること」ホテルの最上階には、街を見渡すことができる大浴場がある。夜には夜景をみながらゆったりと体を休めることができるのだ。また、館外、廊下、エレベーターホールなどの館内には台湾の作家によるアート作品も展示されるなど、Taiwaneseモダンな空間が実現されている。台湾の荘厳な山々をイメージしたロビーを始め、内装は台湾の建築家黄恵美 (エフィー・ファン)氏が担当。その他、空間デザイナー齊藤烈氏プロデュースによる、台湾特有の趣を感じられるがテーマを表現したコンセプトルームは、台南の古民家や台湾スイーツをイメージしたお部屋など特別なインテリアのお部屋も3室用意されている。

日本人女性のお土産として人気「漁師バッグ」が各部屋に備えられている。
日本人女性のお土産として人気「漁師バッグ」が各部屋に備えられている。
台湾茶のブランド〈京盛宇〉の香り高い烏龍茶などの台湾茶の他にもコーヒーも用意されている。
台湾茶のブランド〈京盛宇〉の香り高い烏龍茶などの台湾茶の他にもコーヒーも用意されている。

お部屋に備えられた数々の品も台湾を感じるものが随所に。特に大浴場へ行く時に使える小物入れは人気の通称「漁師バッグ」が備えられ、お茶は台湾茶で人気のブランド〈京盛宇〉のお茶も用意されている。お部屋でくつろぐ時も台湾を感じられる。日本の上質のサービスが〈MGH Mitsui Garden Hotel 台北忠孝〉だ。

information

MGH Mitsui Garden Hotel 台北忠孝
住所:10652台北市大安區忠孝東路三段30號
TEL:886-2-2781-1131
部屋数:全297室
公式サイト:https://www.gardenhotels.co.jp/taipei-zhongxiao/

photo Norio Kidera

Videos

Pick Up

夏の風物詩、鵜飼鑑賞を〈星のや京都〉専用の屋形舟「翡翠」で。三味線の生演奏が流れる、1日1組だけの雅な「プライベート鵜飼鑑賞舟」は9月23日まで。忘れられない、 ふたりだけの 夏のバカンス。〈星のや京都〉東京を拠点にする料理家と京都を拠点にするアーティスト、ふたりは数年来の友人。はじめてのふたり旅、選んだ場所は、京都の奥座敷・嵐山。喧騒から離れ、ひっそりとした地で、季節を味わい、いつもとは異なる会話とともに過ごす。TRAVEL 2023.08.31 PR
SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)LEARN 2023.08.31 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん 〈+CEL〉ランドセル〈+CEL〉インタビューvol.3 (後編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんが受け継ぎたいメイクアイテムのケアの仕方。ランドセルブランド〈+CEL〉と子どもたちへ受け継ぎたいものについて話を聞くインタビュー企画。シリーズ3回目に話を伺ったのはヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。前編で受け継ぎたいものとしてあげてくれた「メイクアイテムのケアの仕方」について、どんなことを知っておくといいのか、教えてもらう。そして〈+CEL〉のランドセルもチェック。普段、使用するメイク道具も試供品はほとんど使わず、必ず店頭でみてから購入して選んでいるという草場さん。もの選びにこだわりを持つプロの視点、そして6年間の小学生ママ経験者として、〈+CEL〉のランドセルはどう評価する?MAMA 2023.08.17 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん〈+CEL〉インタビューvol.3 (前編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんがみつけた、 子育てと仕事のちょうどいいバランスの取れる場所。日常使いできるナチュラルなメイクと、メイクをすることのシンプルな喜びを教えてくれる、ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。彼女でなくては、と指名する女優やモデルも数多い。日々撮影を抱え、スケジュールに追われる中でも新しいコスメアイテムの探求にも余念がない(その様子は彼女のインスタグラムでもおなじみ)。仕事にいつも真摯に取り組む一方で、草場さんは家族を愛するひとりの母でもある。 ランドセルブランド〈+CEL〉と一緒に“子どもに受け継ぎたいもの”を訊くインタビュー企画。今回は、今、中学1年生だという娘さんに草場さんが受け継ぎたいものについて、そして草場さんの子育てに対する今の気持ちを訊く。MAMA 2023.08.12 PR
div.information p {text-align: left;}