DMA-221122_0157

蛙亭・イワクラ×TVディレクター・小山テリハ
「推し活が人生を拓く。」 Travel 2023.01.25

「推しのアイドルができて、人生が劇的に好転した」蛙亭・イワクラさん。彼女が出演するレギュラー番組で「推し活」の回を制作したTVディレクター・小山テリハさんと「推しがもたらす幸せ」について話してもらった。

懐中稲荷神社(東京)
住所:東京都新宿区百人町1-11-16 TEL:03-3361-4398
懐中稲荷神社(東京) 住所:東京都新宿区百人町1-11-16 TEL:03-3361-4398
絵馬掛所には合格祈願などに交ざり、推しのアイドルの名前が書かれた絵馬が多数ある。
絵馬掛所には合格祈願などに交ざり、推しのアイドルの名前が書かれた絵馬が多数ある。

懐中稲荷神社(東京)
JR新大久保駅から徒歩1分。「皆中」が「みなあたる」と読むことから、「宝くじがよく当たる」など夢を的中させてくれるといわれるパワースポット。近年はアイドルファンの間で「チケットの抽選に当たる」と話題になり、推し活の一環で当選祈願に訪れる人が急増中。

徳を積む

イワクラ(以下、I) 舘様(Snow Manの宮舘涼太)が出演する歌舞伎(2023年1月に上演予定の新春歌舞伎公演『SANEMORI』)のチケットが当たったんです。応募していたら抽選日に絵文字キラキラの当選メールが来て。わー!当たった!ファンクラブに入って初めてだったんです。応募して当たるという経験が。ツアーが当たらなかったのですごくうれしくて。

小山テリハ(以下、T) 当てるためにしてたことって何かありますか? 徳を積む、じゃないけれど。

I 特には(笑)。ただ、舘様を好きになって初めてわかったんですが、自分の「推し」が幸せでいてほしい、それを応援する仲間も幸せでいてほしい、そういう気持ちのほうが強くなるんだなって。自分のことよりも。

人生が整う?

T 私も長年「推し活」をしてるからよくわかる。自分だけがいい思いをするのは違うって思うんですよね。

I だから何にでも感謝するようになりました。「推し」ができてから。

T イワクラさんが舘様にハマったのは2022年1月でしたよね。

I そうです。ダンス動画を観て突然ハマりました。アイドルにハマった経験がなかったので、そこからはもう人生が激変。ネガティブな人間だったんですけど、パーッとポジティブな方向に拓いていったというか。

T 「推し」と一緒に自分の運気も上がる感じがありますよね、あと、アーティストのイメージにもつながるから「いい人間になろう」という気持ちも強くなるし。私が好きな地下アイドルがそうだけど、「いいファンがついてるね」というのが彼女たちにとっての名誉。だから、初めてライブに来た人に親切にしようとか、独占しすぎないにしようとか。人間として試されてる感じがあって。

I 芸人もそうです。実力はもちろんなんですが、やっぱり、応援するファンの力で人気が出るんですよね。

T 例えば、テレビ番組に推しが出るとすると、SNSで「○○さんが出演します」とものすごく拡散したり、番組側に「○○を出してくれてありがとう」とお礼ツイートをしたり、感謝の手紙を書いたり。番組を作る側としてもそれはすごくうれしい。「熱」が伝わってくるので。

I 「推し」の素晴らしさをみんなに知らせたい、広めたい。舘様を好きになってわかったんです。「推す」ってこういうことなんだなって。

T しかも、推し活をしているイワクラさんにもまたファンがいるという。その連鎖が面白いですよね。

I 推しができるまでは、推されてる感覚がなかったし、自分にファンがいるのも気恥ずかしくて。Tシャツを着てくれたり、ステッカーをスマホに貼ってくれたり、舞台上から見ていてもわかるんですが、自分がネガティブだったから100%受け止められなかった。でも「推す」側になって初めてその気持ちがわかったし、感謝できるようにもなった。自己肯定感もすごく上がったんです。やっぱり、ファンって「推し」が幸せにしている姿を見るのが好きだし、インスタに写真があがったり、ストーリーが更新されていたりするとすっごくうれしい。まずは私自身が幸せにならなくちゃいけないなって思うようになりました。

T 推しがいることで「幸せ」が好循環している感じですよね。

I そうかもしれないです。

DMA-221122_0094
大好きなSnow Manに「しあわせが降りそそぎますように」としたためたイワクラさん。推しの幸せは自分自身の幸せでもある。
大好きなSnow Manに「しあわせが降りそそぎますように」としたためたイワクラさん。推しの幸せは自分自身の幸せでもある。

ラッキーカラー

T そういえば、イワクラさん、推しカラーも好きになりましたよね。

I 赤いモノを買うようにはなりました。さすがに赤のセットアップは勇気がなくて買えないんですけど、赤いピアスとか小物を買うようになって。あと、劇場で赤い配線コードを見たら、あ、舘様だ! と思ったり、紫だったらふっかさん(深澤辰哉)、緑だったら阿部さん(阿部亮平)、ピンクだと佐久間さん(佐久間大介)、とか思ってテンション上がったり(笑)。

T わかります。私もアイドルが出演した番組にテロップを入れるときは、メンバーカラーにできるときはなるべくします。ファンだけに伝わるものだったりするけれど。

I テリハさんの「推し活」ってどこから始まってるんですか?

T 私は、小学生のときにモー娘。のゴマキ(後藤真希)を好きになってから。オタク気質がそこで根付いちゃった。ライブは行くし、グッズも買うし、トレカも買うし。そもそも母親が「好きだったらライブを観に行けばいい」という考えの人だったので、チケットも親子席を買ってくれて一緒に観に行って。生で観ることを良しとしてくれたことで、英才教育をされてしまった(笑)。だから私は、一環して女の子を推していて。結局、女の子アイドルに憧れがあるし、応援したいんです。友達に近い気持ちかも。でも、この職業に就いてから、自分は「アクティブなオタク」だと気づいたんです。番組を通じて推してる人たちの良さが伝わって広がってほしい。もちろん公私混同はしないけど、彼女たちのお手伝いができればいいなって。

DMA-221122_0118
小学生の頃からアイドルの「推し活」を続けているテリハさん。「表舞台から引退したアイドルの幸せもずっと願っています」
小学生の頃からアイドルの「推し活」を続けているテリハさん。「表舞台から引退したアイドルの幸せもずっと願っています」

マイ神棚

T イワクラさん、部屋に舘様の祭壇を作ってましたよね。「オタクあるある」な気がします(笑)。

I 写真とかカレンダーとかグッズとかを飾ってます。キラキラストーンでデコレーションして。ネタを書く机なので、それを見ながら自分もがんばろうって思うんです。

T 私も部屋にそういう祭壇があって。アニメの2次元キャラを飾ってたこともあるけど、今は歌舞伎町のコンカフェバー(コンセプトカフェバー)の女の子を応援していて、その子の顔がラベルに印刷されたオリジナルシャンパンとチェキを並べて。

I 元アイドルの子ですか?

T 元キャバ嬢なんです。歌舞伎町に面白い子がいるから会いに行こうって3万円握りしめて一人で行ったのが最初。可愛くて、頭がよくて、ナイスバディ。なんかもう、神様みたい、っていうか神(笑)。だから、彼女が独立してお店を出したときはすごくエモい気持ちになって、よし、彼女が幸せでいられるように応援しようって。自己満足なんだけどね。

I 「推し」の幸せを願うことが自分の幸せにもつながっていく。それが「推し活」なんですもんね。

photo : Koichi Tanoue text : Izumi Karashima edit : Daisuke Watanuki

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR