世界的絶景に出会える、チェコ・プラハの旅

【チェコ】世界的絶景に出会える、首都・プラハの旅。 Travel 2022.12.20

中世ヨーロッパの街並みが残っている美しい国、チェコ共和国。北海道とほぼ同じ広さの領土中には、ユネスコ世界文化遺産が16、世界無形文化遺産が9も存在する。なかでも、首都プラハには代表的な観光名所のプラハ城や、旧市街、ヴルタヴァ川にかかるカレル橋などが点在している。「百塔の街」とも称される、美しいプラハの街を歩いてみよう。

プラハ城、最大の見どころ〈聖ヴィート大聖堂〉

世界中から見物客が集まる〈聖ヴィート大聖堂〉の城内。
世界中から見物客が集まる〈聖ヴィート大聖堂〉の城内。
美しいステンドグラスを見ながら、中世の歴史に思いを馳せる。
美しいステンドグラスを見ながら、中世の歴史に思いを馳せる。
高さ96.6m、幅60m。近くで見上げると迫力に圧倒される。
高さ96.6m、幅60m。近くで見上げると迫力に圧倒される。

プラハ城の内側に位置する〈聖ヴィート大聖堂〉は、世界最古かつ最大の城としてギネスに認定されている。さらに、城内には歴代ボヘミア王の墓も存在し、チェコの歴史を感じる重要な城として世界中から多くの観光客が集まる。
大聖堂の中に入ると、アーチ状に造られた高さ34mの天井。そして、繊細で美しいステンドグラスから優しい光が差す、神秘的な光景に圧倒される。最終的な完成に600年かかったと伝えられる美しき遺産は、プラハ観光に欠かせないスポットだ。

図書館とビール醸造所、絶景も楽しめる〈ストラホフ修道院〉

左に見えるのはプラハ城。プラハの街を上から見渡せる、隠れ絶景スポット。
左に見えるのはプラハ城。プラハの街を上から見渡せる、隠れ絶景スポット。

〈ストラホフ修道院〉は12世紀に創設されたボヘミア最古の修道院で、プラハ歴史地区内の世界遺産にも登録されている。さらに、修道院内には世界一美しいとされる図書館や歴史が古いビール醸造所もあり見どころ満載。プラハ中心部から徒歩圏内にも関わらず、丘の上からプラハの街並みが見渡せる絶景スポットとしても人気。

プラハ旧市街から、ヴルタヴァ川に架かる〈カレル橋〉

橋は全長約520m、10分ほどで渡り終える。
橋は全長約520m、10分ほどで渡り終える。
聖ヤン・ネポムツキー像。橋の上には歴史的英雄をモデルにした30体の彫像がある。
聖ヤン・ネポムツキー像。橋の上には歴史的英雄をモデルにした30体の彫像がある。

王宮プラハ城と旧市街地を繋ぐ橋として造られた〈カレル橋〉は、1402年に完成したプラハ最古の石造りの橋だ。モルダヴ川に架かる橋には30体の聖人像が並び、中でも「聖ヤン・ネポムツキー像」は触ると幸運が訪れると伝えられ、観光客も足を止めるパワースポットとなっている。また、夜に訪れるとライトアップされたプラハ城を眺める、ロマンチックな絶景を堪能できる。

プラハの絶景を眺める特等席〈スターバックスコーヒー プラハ城店〉

プラハ城正門のすぐそばにある、カフェ入り口の門。
プラハ城正門のすぐそばにある、カフェ入り口の門。
美しい街並みを眺めながら、贅沢なカフェタイムを過ごせる。
美しい街並みを眺めながら、贅沢なカフェタイムを過ごせる。

プラハ城の正門近くにある〈スターバックスコーヒー プラハ城店〉は、テラス席から世界遺産に登録されている「プラハ歴史地区」の景色を見渡せる人気スポットだ。テラス席の他、注文カウンターもある地下には室内席もあるため雨の日も安心。プラハ城や旧市街地散策の休憩の際に訪れることをおすすめしたい。

歴史的建造物に囲まれる〈旧市街広場〉

多くの観光客で賑わう〈旧市街広場〉。
多くの観光客で賑わう〈旧市街広場〉。
美しい建築に囲まれ、まるで絵本の中にいるよう。
美しい建築に囲まれ、まるで絵本の中にいるよう。
旧市庁舎は人気観光スポットのひとつ。15世紀に造られた機械仕掛けの天文時計が設置されている。
旧市庁舎は人気観光スポットのひとつ。15世紀に造られた機械仕掛けの天文時計が設置されている。
プラハ歴史地区には、多くの飲食店やお土産やさんが並ぶ。
プラハ歴史地区には、多くの飲食店やお土産やさんが並ぶ。

プラハ歴史地区にある〈旧市街広場〉は、ゴシック様式やバロック様式など様々な歴史的建造物などが並ぶ名所だ。シンボルとなる旧市庁舎と、そこに設置されている天文時計をはじめ教会や宮殿など、まるで絵本の世界のような風景が広がる。冬にはクリスマスマーケットが開催され、クリスマスツリーやイルミネーションを楽しめる。

夜の散策はボートクルーズへ。チェコビールも堪能

クルーズ船からライトアップされたプラハ城が見える。
クルーズ船からライトアップされたプラハ城が見える。
注文してから入れてくれるチェコビール。
注文してから入れてくれるチェコビール。
ブッフェ式のフードには初めて体験するチェコ料理も。
ブッフェ式のフードには初めて体験するチェコ料理も。
ピスルナータイプのチェコビールは飲みやすく、プラハの街を歩き回った後の体に染みる。
ピスルナータイプのチェコビールは飲みやすく、プラハの街を歩き回った後の体に染みる。

日中、プラハの街を散策したあとは、夜のボートクルーズでゆったりとした時間を楽しむのがおすすめだ。だんだんと日が暮れていくプラハの街並みを眺めながら、チェコビールとローカル料理を堪能できる。

ローカルで賑わうレストランでランチ〈Červený Jelen〉

レタッチDSC01660
本格的なグリル料理をチェコビールと一緒に。
本格的なグリル料理をチェコビールと一緒に。
パティシエが作る自家製スイーツも目玉。
パティシエが作る自家製スイーツも目玉。

かつて銀行だった建物をリノベーションした〈Červený Jelen〉は、ローカルにも人気のモダンレストラン。特別なグリルを使用し、9ヶ月乾燥させたブナやチェコの森のオーク材で牛肉や魚、自家製パンを焼く、こだわりのグリル料理が人気だ。旧市街地エリアからも近く、ランチやディナーにおすすめ。

立地、居心地がいい自然派ホテル〈Botanique Hotel Prague(ボタニック ホテル プラハ)〉

「Botanique Superior King」の部屋。
「Botanique Superior King」の部屋。
デスクもありwifiも無料で、パソコン作業も快適。
デスクもありwifiも無料で、パソコン作業も快適。

〈ボタニック ホテル プラハ〉は、自然からインスピレーションされた4つ星のモダンホテル。有名なチェコのデザイナーが手がえけた客室には、ボタニカルをテーマにした家具やオーガニックのアメニティなどが揃う。また、ホテルのすぐ目の前にはバス停やスーパーもあり、旧市街広場へも歩いて15〜20分ほどでアクセルができプラハ観光におすすめのホテルだ。

世界遺産の宝庫、チェコ共和国へ

レタッチDSC01349

日本からチェコ共和国までは、ヨーロッパや中東で乗り継ぎプラハ国際空港へ。首都プラハへは、バスもしくはタクシーを利用。
■チェコ政府観光局:www.visitczechrepublic.com

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR