ロンナ島

海に浮かぶサウナでデトックス旅、美しい北欧の都市・ヘルシンキへ Travel 2022.12.14

ここ数年のサウナブームによって再注目されている、世界一のサウナ国・フィンランド。人口550万人に対してサウナは300万個もあるといわれており、ホテルの客室や観覧車、ハンバーガーショップにまでサウナが設置されていてる。今回はフィンランドの首都・ヘルシンキで人気を集めている “海に浮かぶサウナ”を巡った。

ユニークなサウナ観覧車も。都会のオアシス〈ALLAS SEA POOL〉

港から見たアッラス・シー・プール。観覧車もサウナ仕様にDIYされたものが数台ある。
港から見たアッラス・シー・プール。観覧車もサウナ仕様にDIYされたものが数台ある。

これから向かうのは“海に浮かぶサウナ”だと聞き、車で1時間ほどかかるのだろうと想像していた。ところが、市内で1番大きな駅「ヘルシンキ中央駅」から徒歩で出発。人気の観光名所でもある「ヘルシンキ大聖堂」を経由し港方面へと歩いていくと、約20分で大きな観覧車と3階建ての建物が見える。ここが2016年にヘルシンキ中心部に誕生したプール、サウナ、レストラン&バーの複合施設〈ALLAS SEA POOL(アッラス・シー・プール)〉だ。

公式サイトのオンラインストアでもチケットが購入できる。
公式サイトのオンラインストアでもチケットが購入できる。

短いフィンランドの夏を満喫するべく、プールサイドでくつろぐ人たちを横目に受付に向かう。平日の夕方だというのに、エントランスからはみ出るほど並んでいるのに驚きつつ、大人1人18ユーロのチケットを購入して、脱衣所でバッグやら靴をしまい込んで準備を。ロッカールームが意外とコンパクトだったので、ホテルで水着に着替えてきたのが正解だった。

ストーンに水をかけるフィンランド式「ロウリュウ」も楽しめる。
ストーンに水をかけるフィンランド式「ロウリュウ」も楽しめる。

まずはロッカーBOXに荷物を置いて、シャワールームで体を軽く流してから外を経由して、2022年6月に新しくできた水上サウナへ向かった。日本でもよく見るコテージサウナのような建物で中へ入っていくと、港に浮かぶ船やヘルシンキの街並みが広がる絶景。サウナの温度は80度前後、湿度が高めでとても心地よい。左右二段、10人前後入れるサウナには地元の人はもちろん、抱っこされた小さい子どももちらほら見かけた。フィンランド生まれは、サウナデビューがとても早いらしい。

外気浴も海の上、まるでバカンス。
外気浴も海の上、まるでバカンス。
サウナの後は、キンキンの海水プールへ。
サウナの後は、キンキンの海水プールへ。

体が温まり汗をかいてきたところで、水風呂代わりのプールへ向かう。アッラス・シー・プールには、温水プールと海水プール、子供用プールがあり、さらには歩く用レーンなど各々用途分けされていた。温水プールで1番空いている場所を選んで入ってみると、どうやっても底に足がつかなくて焦った。看板を見てみると、どうやら日本のプールよりもかなり深めの設計のようだ。

続いて入った海水プールは、水温10度でかなり冷たい。体格のいい男性以外はだいたい冷たさに驚いた様子で、あっという間に引き上げてくる。サウナ国に来たからには本場を体験したい!と意を決し、サウナで蒸された体を肩まで入水。体験したことのないような冷たさだった。そのままプールサイドで外気浴を楽しみ、ヘルシンキの中心でととのった。忘れてはいけないが、ここはヘルシンキ中心部の駅から歩いて20分。やっぱりフィンランドはサウナ天国だ。

サウナドリンクの“ロンケロ”。アルコール度数も低めで飲みやすい。 
サウナドリンクの“ロンケロ”。アルコール度数も低めで飲みやすい。 
テラス席で短い夏を楽しむフィンランド人たち。
テラス席で短い夏を楽しむフィンランド人たち。

サウナとプールを楽しんだあとは、併設しているレストランへ。フィンランドでは、「ロンケロ」というサウナドリンクを飲むのがローカルの楽しみ方らしい。ジンをベースに、グレープフルーツソーダに割ったドリンク「ロングドリンク(=ロンケロ)」は、さっぱりとした味わいでぐびぐび飲める。フィンランドに行ったら、是非お試しあれ。

セレクトDSC09236

中心部からアクセスがよく、オーシャンビューという抜群のロケーション。平日は朝6時30分から夜21時まで営業していると知って、さらに羨ましくなってしまった。観光の合間にも立ち寄りやすいし、何度も来てしまいそうだ。

〈ALLAS SEA POOL(アッラス・シー・プール)〉
住所:Katajanokanlaituri 2 A, 00160 Helsinki, Finland
TEL:+358 40 565 6582
定休日:なし
公式サイト:https://allasseapool.fi/

夏シーズン限定。船で行けるサウナ島〈LONNA ISLAND〉

2017年に公共サウナへと生まれ変わったロンナ島。
2017年に公共サウナへと生まれ変わったロンナ島。
セレクトDSC09601
セレクトDSC09599

ヘルシンキのマーケット広場からフェリーで20分のところにあるロンナ島。サウナやレストラン、コーヒーショップもあり一日楽しめる夢のような島が、毎年5〜9月の期間のみ営業している。夏はローカルにも大人気のスポットということもあり、行きの船はほぼ満席だった。海に囲まれた島でサウナ、という日本にはなかなかないロケーションに胸が躍る。

歴史を感じるレンガ造りの受付。ドリンクやグッズも販売している。
歴史を感じるレンガ造りの受付。ドリンクやグッズも販売している。

大昔のロンナ島はロシア時代の軍事領域として利用されていた島だった。その後、機雷除去などの基地として利用されていたので、船を降りると、当日使われていた線路の跡や大きな柵の痕跡が残っていた。そんな歴史を感じながら、受付へ向かい利用料を支払うところからはじまる。ロッカーキーとサウナで敷く用のリネンが入ったおしゃれなバスケットを抱えて、いざロンナ・サウナへ。

男女別々のロッカールームがある。
男女別々のロッカールームがある。
好きなドリンクを買って楽しめる。
好きなドリンクを買って楽しめる。

サウナは二階建てになっていて、一階には身体を洗うウォッシングルーム、2階には大人10人ほどが並んで座れるサウナスペースがある。ロンナ・サウナは薪で伝統的なフィンランド式サウナが楽しめる。ロウリュウ(サウナストーンに水をかけ、湯気や蒸気を立ち昇らせる)はセルフ式で、かけたい時にその場にいる人たちに一言声をかけて(もしくはなんとなく伝わるようなアイコンタクトをする)、水は2、3回ほどかけるのがマナーのようだ。静かな空間に「ジュワ〜」というロウリュウの音、窓からはバルト海の絶景。この上ない非日常なサウナ体験は、今思い出しても感動するほど神秘的だった。

バルト海を眺めながら薪のサウナを楽しめる。
バルト海を眺めながら薪のサウナを楽しめる。
海水でクールダウンした後は、テラスで外気浴。
海水でクールダウンした後は、テラスで外気浴。

サウナで温まったら汗を流して、いよいよ目の前の海に飛び込む。フィンランドでサウナといえば、海や湖に入って身体を冷やすが、ちょっと恐怖心もあった。でも、浅瀬は足がつく深さで、足元もゴツゴツとした石が引き詰められていたので歩きやすく流される心配もなさそうだった。慣れると余裕が出てきて、海に仰向けになりぷかぷかと浮かびながらフィンランドの大自然を感じた。

セレクトDSC09653

サウナの後は、併設しているレストランでフィンランド料理を楽しむことできる。自家栽培した新鮮な食材を使った料理やロンナ島限定のビールなどを堪能。マリメッコやイッタラなどの器でサーブされるのも、フィンランド好きにはたまらなかった。

セレクトDSC09678
セレクトDSC09700
セレクトDSC0967

フィンランド首相のサンナ・マリン氏も訪れて大絶賛していたというお料理とロケーションを楽しんでいると、思っていた以上に遅い時間になっていた。北欧の夏は、夜になってもほぼ1日中明るいのでなかなか気付きにくかったが、帰りのフェリーの時間は要チェック。
こうして一日満喫できるロンナ島。帰り船でさっそく、また来たいなと思ってしまうくらい、病みつきになってしまう非日常な体験ができた。夏のフィンランドに行ったら、必ず訪れてほしい場所だ。

自然とサウナを楽しめる首都・ヘルシンキへ

海以外にも、緑も多いヘルシンキ。夏はベリー摘みのシーズン。中心部からサイクリングを楽しむのもおすすめ。
海以外にも、緑も多いヘルシンキ。夏はベリー摘みのシーズン。中心部からサイクリングを楽しむのもおすすめ。
セレクトDSC09524

東京からフィンエア直行便でヘルシンキ・ヴェンター国際空港まで約12時間。そこから電車、バスで首都・ヘルシンキに到着。市内の移動は路面電車のトラムかバスが便利。観光名所や美術館がある中心部であれば、シェアサイクルなどで巡るのもおすすめ。
■Visit Finland ホームページ:https://www.visitfinland.com/ja/

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR