DMA-DSC_1084

軽やかなステップで頂上へ。 見どころ続きの365段。 伊香保温泉 with 滝沢カレン Travel 2023.01.19

群馬県中央部にある伊香保温泉は、県を代表する温泉地。榛名山の中腹の標高約700mの位置にあり、石段の両脇には温泉旅館、郷土料理が味わえる飲食店、射的場、土産物店などが軒を連ねる。
石段を上っていくと、周りの山々から気持ちのいい風が抜けてくる。秋めいてきたある日、大の温泉好きでもあるモデルの滝沢カレンさんが、散策に出かけた。
湯治場としてにぎわってきた伊香保の歴史は古く、400年前には今の石段の原型ができていたとも。お土産の定番、温泉まんじゅうはこの街で生まれたといわれている。最近ではコーヒースタンドや県内のクラフト雑貨を集めた店などもオープンし、改めて訪れたい場所になった。
あちこち寄り道をしたら、あっという間に頂上に。神社でお参りして帰ろう。

伊香保温Map

差DMA-map_ikaho

DAY 1

1.〈 石段たまこんにゃく 〉でおやつ。

DMA-DSC_1062
DMA-DSC_1077

石段街に入ってすぐ、94段目に見えてくるのは伊香保温泉の名物食べ歩き。鍋の中で炊かれているのは、醤油の染み込んだ玉こんにゃくだ。あつあつで弾力のあるこんにゃくをかじると、ほんのりだしの香りが広がる。「すごく辛いよ」と店主が注意するカラシを少しだけつけて。1本100円。

〈 石段たまこんにゃく 〉
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保76-5 
TEL:10279-26-7234
営業時間:10:00~17:30 
定休日:不定休

2.〈 るんご 〉でコーヒーブレイク。

DMA-DSC_1183

今年3月にオープンした、自家焙煎コーヒーと手作りジンジャーシロップの店。滝沢さんが選んだのは、すっきりとしたクラッシュコーヒーゼリードリンク600円。九州産の生姜や瀬戸内レモンで作ったシロップ800円は、お土産にも。実ごとミキサーにかけて栄養たっぷりだ。

DMA-DSC_1196
DMA-DSC_1777

〈 るんご 〉
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保66-6 
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休
席数:12席

3.〈 やまのは 〉でショッピング。

DMA-DSC_1214

全国にファンのいる木工ブランド〈HOKUTO59〉など、県内の作り手による器やモダンなこけしがセレクトされた土産物店。店内には“旅のお供にしたい本”も並ぶ。セレクトするのは、群馬を拠点に選書や販売を行う店長の土屋裕一さん。滝沢さんは、今夜の宿で読む小説を探し中だ。

DMA-DSC_1231
DMA-DSC_1208

〈 やまのは 〉
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保45
TEL:10279-25-8300
営業時間:9:30~18:00
定休日:不定休

4.〈 伊香保温泉 お宿 玉樹 〉に宿泊。

DMA-DSC_1566

石段街の入り口に構える純和風の旅館。全26部屋のうち、10部屋は「白銀の湯」を引いた露天風呂付き。榛名山や伊香保の街並みを見ながら、ゆったりと旅の疲れを癒せる。廊下は青々とした香りが漂う畳敷きで、女将をはじめとしたスタッフのホスピタリティも心地よい。

DMA-DSC_1674
DMA-DSC_1499

〈 伊香保温泉 お宿 玉樹 〉
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保87-2
TEL:10279-72-2232 
料金:1泊1名1室19,800円~

DAY 2

5.〈 辰の湯 〉で温泉をおかわり。

DMA-DSC_1288

少し疲れてきた頃の212段目にある足湯は、老舗の〈岸権旅館〉が誰でも無料で入れるように整えた、源泉100%のかけ流し。伊香保温泉の代名詞でもある黄金の湯は、鉄分が酸化して独特の色に。豊富に湧き出す湯の花が特徴だ。「濁り湯が温泉らしくて好き」という滝沢さんもお気に入り。

〈 辰の湯 〉
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保甲48 
TEL:10279-72-3105
営業時間:8:00~18:00 
定休日:無休

6.〈 大坂屋 〉でレトロ気分に。

DMA-DSC_1318
DMA-DSC_1332- (1)

古き良き温泉街の娯楽を楽しめる射的場は、石段街には8店も点在。ここは午前中から開店しているから、チェックアウト後でもOK。フレンドリーな店主が、コツを教えてくれて、滝沢さんも見事命中。ラバーダックをもらった。店は足湯から少し上った219段目に。10発300円。

〈 大坂屋 〉
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保甲48 
TEL:10279-72-4096
営業時間:9:00~17:00 
定休日:木休ほか不定休あり

7.〈 麺彩房 田丸屋 〉の水沢うどんで〆。

大きな玉子焼きは甘くて染みる味
大きな玉子焼きは甘くて染みる味
DMA-DSC_1485

温泉街から少し足を延ばして、“日本三大うどん”の水沢うどんでフィニッシュ。ここはその元祖、1582年創業の名店だ。国産小麦で作った麺はツルツルとコシが強く、ゴマと醤油という2つの汁でいただくのがお決まり。もりうどん880円。舞茸天も名物だ。

〈 麺彩房 田丸屋 〉
住所:群馬県渋川市伊香保町水沢206-1
TEL:10279-72-3019
営業時間:9:00~15:00(売り切れ次第終了) 
定休日:水
席数:200席

photo : Kotori Kawashima hair & make : Rika Sagawa illustration : Mami Tsujimoto text : Kahoko Nishimura

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR