いま注目の“美肌県”!ご褒美旅で訪れたい島根県の美肌スポットおすすめ6選

美容のプロ・友利 新先生×フォトグラファー・6151さんによるスペシャルIG LIVEも! いま注目の“美肌県”!ご褒美旅で訪れたい島根県の美肌スポットおすすめ6選 Travel 2022.10.22PR

1年を通して空気中の水分量が多く日照時間が短い肌に優しい気候と、美肌に良い温泉と食材が豊富という理由から“美肌県”として注目を集めている島根県。そんなストレスフリーな旅ができる島根でいま行きたい、心も体もきれいになれるスポットとは?10月25日(火)に配信するIG LIVEの最新情報もお届けします。(PR/島根県)

①大自然を体いっぱいに感じる!日本初のジオホテル〈Entô(エントウ)〉【隠岐】

客室はすべてオーシャンフロント。
客室はすべてオーシャンフロント。
目の前には火山活動によってできた「島前カルデラ」が広がる。
目の前には火山活動によってできた「島前カルデラ」が広がる。
館内のダイニングでは、地産地消をモットーにした、地元の食材を使用した料理がいただける。
館内のダイニングでは、地産地消をモットーにした、地元の食材を使用した料理がいただける。

世界的に貴重な地質や生態系に恵まれた地域として「ユネスコ世界ジオパーク」に認定された隠岐諸島にある、日本初のジオホテル。宿泊機能はもちろん、ジオパークを最大限に体験できるよう、必要な情報を予習できる展示室やテラス、ラウンジを併設。食やアメニティ、設計にまで、随所に壮大な大自然の素晴らしさを味わえる工夫が施されています。島全体を満喫できる、ツアーやアクティビティーもたくさん。都会では味わえない、贅沢な空間を過ごすことができるはず。

②”美肌の湯”として、古くから日本人に愛される「玉造温泉」【東部】

風景を見ながら、足湯を楽しめばリラックス効果アップ。
風景を見ながら、足湯を楽しめばリラックス効果アップ。
川に沿った散策路には2つの足湯スポットがある。
川に沿った散策路には2つの足湯スポットがある。
「おしろい地蔵さま」では、体の気になるパーツを塗った“おしろい祈願札”を納め、お地蔵さまにおしろいをして祈願。
「おしろい地蔵さま」では、体の気になるパーツを塗った“おしろい祈願札”を納め、お地蔵さまにおしろいをして祈願。

日本で最古の歴史をもつ温泉地。おすすめの過ごし方は、温泉街を散策がてら、川に沿った散策路にある足湯で疲れた足を休めること。少し熱めのお湯が、体の芯までじんわりと温めてくれます。風情ある玉湯川の景色や、清らかな川のせせらぎなど、周囲ののどかな風景にも注目して。タオルの無人販売もあるので、手ぶらで訪れてもOKなのがうれしいポイント。足湯を楽しんだあとは、〈清厳寺〉境内にある「おしろい地蔵さま」で美肌祈願も忘れずに。

③つるつるの肌になれると評判の「有福温泉」【西部】

昭和の街並みが残るレトロな温泉街。
昭和の街並みが残るレトロな温泉街。
〈御前湯〉。
〈御前湯〉。

玉造温泉と同じく、“美肌の湯”と言われる温泉地。昔ながらの昭和の街並みが残る温泉街は、散策するだけでタイムスリップしたような感覚に。小さい温泉街ながら外湯は3軒あり、そのうちの一つ〈御前湯〉は、加温・加水なしの源泉100%で、pH9.0とアルカリ度の高い美肌の湯として評判です。

④海士町の名物料理がいただける〈レストラン 船渡来流亭(せんとらるてい)〉【隠岐】

「寒シマメ漬け丼」。
「寒シマメ漬け丼」。
小鉢も数種類ついてきて、食べ応えは抜群。
小鉢も数種類ついてきて、食べ応えは抜群。

隠岐諸島海士町の菱浦港に併設されたレストラン。ここでぜひ味わってほしいのが、海士町名物「寒シマメ漬け丼」です。冬の厳しい寒さの中で締まった肉厚の身を持つ「寒シマメ(スルメイカ)」と、新鮮なイカ肝を醤油に漬け込み作られた肝醤油を和えた寒シマメ肝醤油漬けで、ごはんの上にたっぷりのせていただきます。酒のつまみや食卓の一品としても人気なのだとか。海を眺めながら食べるごはんは格別です。

⑤とろとろのお湯は一度入ったらやみつき!「斐乃上温泉」【東部】

数種類ある温泉は、すべて厳選かけ流し。
数種類ある温泉は、すべて厳選かけ流し。
囲炉裏の前で小休憩。
囲炉裏の前で小休憩。

歴史書『古事記』のヤマタノオロチ伝説で知られる船通山の山麓に湧く斐乃上温泉は、薬効の高い温泉として多くの人に親しまれてきました。〈かたくりの里 民宿たなべ〉は、大自然の絶景と強アルカリ性で美肌効果が高い斐乃上温泉の源泉かけ流しの湯をたっぷりと楽しむことができるスポット。まるで美容液のようなとろとろな湯が全身を包み込み、美肌へと導きます。温泉に浸かったあとは、木のぬくもりを感じる空間でほっとひと息。

⑥芙蓉ポークを食べるなら〈プロフェッショナル・ポークレストラン ケンボロー〉【西部】

「芙蓉べっぴん鍋」。
「芙蓉べっぴん鍋」。
芙蓉ポークは、口の中で溶けるようなやわらかさ!
芙蓉ポークは、口の中で溶けるようなやわらかさ!

芙蓉ポークとは、飼料の運搬から出荷まで、厳しいルールの中で大切に育てられた最高品位のお肉。〈プロフェッショナル・ポークレストラン ケンボロー〉は、そんな芙蓉ポークが唯一味わえる豚肉専門のレストランです。人気メニューの一つ「芙蓉べっぴん鍋」は、豚肉と新鮮野菜を存分に味わえ、さらに薬膳効果を期待できるまさに“べっぴん鍋“。つゆの最後の一滴まで楽しめる、美肌になりたい人必食の鍋です。

美容のプロ・友利 新先生×フォトグラファー・6151さんによるスペシャルIG LIVEをチェック!

美肌を通じて島根県の魅力を発信するプロジェクト「BIHADA Beautyclip」の公式アンバサダーで、皮膚科医の友利 新先生と、Hanakoの旅連載『#HanakoTravel』でおなじみのトラベルフォトグラファー・6151さんの2人が、島根旅で訪れるべき美肌&癒しのおすすめスポットを紹介。大いに盛り上がったLIVEの模様はアーカイブからご覧いただけます!
【美肌県しまねSPECIALインスタLIVE アーカイブはこちらから】

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR