恵比寿 裏の山の木の子
2022.06.22

きのこたっぷりで腸活! 【恵比寿】体の内側から健康に!〈裏の山の木の子〉から夏の新メニュー「薬膳 きのこサムギョプサル」が登場!

珍しい種類のきのこがたっぷり食べられる火鍋が話題の人気店〈裏の山の木の子〉。Hanako.tokyoでも以前「【渋谷】火鍋をカジュアル&ヘルシーにいただく。〈裏の山の木の子〉がオープン!」で渋谷店をご紹介しました。今回は、6月22日から夏季限定で始まる新メニューを、恵比寿店にお邪魔して一足先に試食!新鮮なきのこにたっぷりの薬味、そして専用のお鍋から作っているというこだわりの「薬膳 きのこサムギョプサル」をレポートします!

恵比寿 裏の山の木の子
恵比寿 裏の山の木の子
恵比寿 裏の山の木の子
恵比寿 裏の山の木の子

今回訪れた〈裏の山の木ノ子 恵比寿〉は、恵比寿駅から徒歩5分の好立地。渋谷店に比べて落ち着いた店内、デートや会食にも最適です。

「薬膳 きのこサムギョプサル」1人前3,000円(写真は2人前)。
「薬膳 きのこサムギョプサル」1人前3,000円(写真は2人前)。
恵比寿 裏の山の木の子
「薬膳 きのこサムギョプサル」1人前3,000円(写真は2人前)。
恵比寿 裏の山の木の子

きのこを楽しむことを第一に考えられた、完全オリジナルの新メニューがこちら!その名も「薬膳 きのこサムギョプサル」。きのこだけでなく、意識せずとも野菜をたっぷり食べられる完全オリジナルのメニューです。「煮る」「焼く」を同時に叶える特注鍋の外周には、ぐるりと敷き詰められたカラフルなきのこ。定番メニューの「きのこ火鍋」と同様、常時10~12種類が楽しめます。昆布出汁ベースにローリエ、豆豉、クコの実などを入れた薬膳スープは、薬膳の独特な味は少なく、きのこの旨みを邪魔しない程度のバランスで、おいしく、かつヘルシー!

「かわいい白いライチ」(左)、「KOMBUCHA(紅茶キノコ)サワー」(右)。
「かわいい白いライチ」(左)、「KOMBUCHA(紅茶キノコ)サワー」(右)。
シャンモロン キュヴェ・プレステージュ ブラン・ド・ブラン(フランス産)。
シャンモロン キュヴェ・プレステージュ ブラン・ド・ブラン(フランス産)。
「かわいい白いライチ」(左)、「KOMBUCHA(紅茶キノコ)サワー」(右)。
シャンモロン キュヴェ・プレステージュ ブラン・ド・ブラン(フランス産)。

ドリンクは、ナチュラルワインを泡、白、オレンジ、赤など多数用意。サワーもここでしか飲めないようなオリジナリティ溢れるラインナップです。もちろん、夏メニューとの相性は抜群!

早速きのこを煮ていきます。たっぷりのきのこから旨みがどんどんでてくる・・・!
早速きのこを煮ていきます。たっぷりのきのこから旨みがどんどんでてくる・・・!
塩麹に漬け込んだ豚バラ肉を中央の盤へ。
塩麹に漬け込んだ豚バラ肉を中央の盤へ。
ロメインレタス、スイスチャードなどの葉野菜に焼けたお肉をのせて巻いてぱくり。※葉野菜は季節によって変わります。
ロメインレタス、スイスチャードなどの葉野菜に焼けたお肉をのせて巻いてぱくり。※葉野菜は季節によって変わります。
早速きのこを煮ていきます。たっぷりのきのこから旨みがどんどんでてくる・・・!
塩麹に漬け込んだ豚バラ肉を中央の盤へ。
ロメインレタス、スイスチャードなどの葉野菜に焼けたお肉をのせて巻いてぱくり。※葉野菜は季節によって変わります。

まずはサムギョプサルを楽しみながら、その間にきのこを煮込んでいきます。中央の盤で豚バラ肉を焼くことで、肉汁がどんどんスープにしみこんで旨みがプラスされていくという画期的なシステム。味の変化を楽しむために、ぜひ最初のシンプルなスープの味を覚えておいて。

こんなに立派ななめこ、初めて見た・・・!
こんなに立派ななめこ、初めて見た・・・!
好きな薬味をきのこと絡めて、そのままスープと啜ってもよし、サムギョプサルの具として巻いてもよし!自分好みに食べられるのが嬉しい。
好きな薬味をきのこと絡めて、そのままスープと啜ってもよし、サムギョプサルの具として巻いてもよし!自分好みに食べられるのが嬉しい。
青唐辛子、にんにく、野沢菜キムチなどを混ぜた「青だれ豆豉」は、火鍋でも大人気の組み合わせ。
青唐辛子、にんにく、野沢菜キムチなどを混ぜた「青だれ豆豉」は、火鍋でも大人気の組み合わせ。
夏らしいおすすめは、ミント、ライム、塩レモンを合わせた爽やかセット。食べれば食べるほどクセになる!
夏らしいおすすめは、ミント、ライム、塩レモンを合わせた爽やかセット。食べれば食べるほどクセになる!
こんなに立派ななめこ、初めて見た・・・!
好きな薬味をきのこと絡めて、そのままスープと啜ってもよし、サムギョプサルの具として巻いてもよし!自分好みに食べられるのが嬉しい。
青唐辛子、にんにく、野沢菜キムチなどを混ぜた「青だれ豆豉」は、火鍋でも大人気の組み合わせ。
夏らしいおすすめは、ミント、ライム、塩レモンを合わせた爽やかセット。食べれば食べるほどクセになる!

きのこに火が通ったら、お好きな薬味を組み合わせながら自分好みの味で楽しむだけ!無限の組み合わせの中から自分が好きな味を夢中になって探していると、あんなにあったきのこたちがあっという間になくなっていきました。

恵比寿 裏の山の木の子

きのこは〆を侮るなかれ!煮込まれて、お肉の旨味も閉じこめられたとろみのついたスープを餡にして、ふわふわの卵炒飯と合わせていただきます。
このスープのなんと旨味の強いこと…!余すところなく楽しむために、マストで頼んでほしい一品です。

その他、一品料理も充実!

恵比寿 裏の山の木の子
「ジンジャーヤムウンセン」800円。
「ジンジャーヤムウンセン」800円。
「ラムとミントの生春巻」550円。
「ラムとミントの生春巻」550円。
「スパイスラムチョップ」600円。
「スパイスラムチョップ」600円。
「夏の裏山木ノ子春巻」400円。
「夏の裏山木ノ子春巻」400円。
恵比寿 裏の山の木の子
「ジンジャーヤムウンセン」800円。
「ラムとミントの生春巻」550円。
「スパイスラムチョップ」600円。
「夏の裏山木ノ子春巻」400円。

「薬膳 きのこサムギョプサル」との相性も抜群の一品料理は、素材の味を活かしながら、薬味やスパイスなどでパンチを効かせた夏にぴったりなものばかり。

ラム肉の冷しゃぶ、きのこソース、ミント、エゴマ、ライムを巻いた、見た目もさわやかでヘルシーな生春巻きが個人的イチオシ。柚子胡椒ソースをつけて頬張ると、口の中で清涼感が渦巻いて、夏の暑さも吹き飛びますよ。

夏こそ刺激的に、スパイシーにいきたい気分なら、自家製のトマトソース、フレッシュトマト、青唐辛子にモッツァレラチーズでお肉を使わずにジャンキーさを実現した夢のような揚げ春巻きや、オリジナルスパイスをたっぷりまぶした「スパイスラムチョップ」をチョイスして。

恵比寿 裏の山の木の子

今回ご紹介した夏の新メニューは、6月22日〜恵比寿店、渋谷店で楽しむことができます!
梅雨のじめっとした空気も吹き飛ばすほど爽やかでパンチの効いたお料理たちを、ぜひ味わってみてください!

〈裏の山の木の子 渋谷〉
■東京都渋谷区道玄坂1-3-11 一番ビル2F
■03-5459-4080
■16:00〜23:00(22:00LO)
■無休

〈裏の山の木の子 恵比寿〉
■東京都渋谷区恵比寿西1-9-1 第2ともえビル2F
■03-5428-6133
■16:00〜23:00(22:00LO)
■月火休

_A200473
久保田 千晴 / ライター、カメラマン

「普段はIT企業の会社員。一日のほとんど、おいしいものと写真のことを考えています。趣味は、都内のホテルワーケーションと、プロジェクターで映画鑑賞。」

久保田 千晴さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る