DSC00242
2022.06.02

何か始めたい!を叶えるきっかけをたのしく提供 防災袋のカスタマイズワークショップ〈BOSAI ビュッフェ〉実施レポート

4月16日(土)、17日(日)の2日間、六本木にある〈New Stand Tokyo〉で行われた、〈BOSAIビュッフェ〉の様子をお届け。Hanakoとして初めての防災リアルイベント。各回10名限定、計6回に分けて開催されましたが、さまざまな質問や意見が飛び交う充実のイベントとなりました!

〈New Stand Tokyo〉とHanakoがコラボした新イベント第1弾

六本木に位置するNew Stand Tokyo。乃木坂駅からすぐ。
六本木に位置するNew Stand Tokyo。乃木坂駅からすぐ。
明るい店内。写真の1Fには、フェムテック、サステナブルフレンドリーなアイテムなどが並ぶ。どれもおしゃれでかわいい!
明るい店内。写真の1Fには、フェムテック、サステナブルフレンドリーなアイテムなどが並ぶ。どれもおしゃれでかわいい!
六本木に位置するNew Stand Tokyo。乃木坂駅からすぐ。
明るい店内。写真の1Fには、フェムテック、サステナブルフレンドリーなアイテムなどが並ぶ。どれもおしゃれでかわいい!

今回の会場となった、六本木の〈New Stand Tokyo〉は、「未来の日用品店」をテーマにしたショップ。伝統工芸の技術を現代のデザインに落とし込んだアイテム、環境に配慮した商品などのほか、月経カップや吸水ショーツなどフェムテック関連のグッズも充実。「スタンダードになってほしい考え方のアイテム」が揃います。デザインも厳選されたものばかりで、思わず手に取りたくなる!

そんな〈New Stand Tokyo〉とHanakoは、半年前にコラボした防災フェアに続き、参加者を募るリアルイベントを開催することになりました。防災も、「スタンダードになってほしい考え方」のひとつ。定期的に防災に取り組んできたHanakoと共に、1回10名、1日3回×2日間にわたる取り組みとなりました。

なんで〝ビュッフェスタイル”なの?

2Fのスペースを特別解放して行われました。手前にはビュッフェできるアイテムが勢ぞろい。
2Fのスペースを特別解放して行われました。手前にはビュッフェできるアイテムが勢ぞろい。
こちらは「food」のテーブル。5年保存のきく「えいようかん」、ゼリータイプの常備食「LIFE STOCK」など全8品がずらり。どんな商品なのか、ひとこと解説も付いています。
こちらは「food」のテーブル。5年保存のきく「えいようかん」、ゼリータイプの常備食「LIFE STOCK」など全8品がずらり。どんな商品なのか、ひとこと解説も付いています。
2Fのスペースを特別解放して行われました。手前にはビュッフェできるアイテムが勢ぞろい。
こちらは「food」のテーブル。5年保存のきく「えいようかん」、ゼリータイプの常備食「LIFE STOCK」など全8品がずらり。どんな商品なのか、ひとこと解説も付いています。

さて、実際はどんなイベントだったのか、レポートします!
ショップの上階にあるイベントスペースには、3テーブルに分かれたビュッフェアイテムがずらり。今回のイベントは、「『防災袋』を作るときに必要なアイテムを、ビュッフェで選ぶ」というもの。なぜビュッフェ?必要なものが全部セットになっているほうが便利なのでは?と思う人も多いと思います。しかし、「防災」を考えるときに大事なのが、「カスタマイズする」こと。一人暮らしなのか、家族と暮らしているのか。都心に住んでいるのか、郊外なのか。在宅ワーク中心なのか、毎日出勤するスタイルなのか…。人によって、必要なアイテムは違うもの。全部セットになっているものを買うのも「第一歩」としてはOKなのですが、中には必ず自分にとって不要なものも入っているはず。大切なのは、「自分にとって、そのアイテムがどう役に立つか想像できる」こと。ビュッフェ形式で、自分のほしいもの、必要なものを選ぶことが今回のイベントのポイントです。

ビュッフェアイテムは、3つのカテゴリーに分かれ、それぞれテーブルに並べられています。

1)「must items」(全員必ずもらえるもの)
…LEDネックライト、携帯トイレ、除菌シート、笛など
2)「food」(食べ物/うち3点)
…缶パン(缶に入ったパン)、常温保存可能なミニサイズのプッチンプリンなど
3)「lifestyle」(生活用品/うち3点)
…アロマオイル、水のいらないシャンプーなど
*全ビュッフェアイテムは記事文末参照

まずは備えの基本的な考え方と、ビュッフェアイテム紹介

まずは〈New Stand Tokyo〉プロデューサーの小尾奈央子さん(左)、Hanako編集部の中島千恵(右)から、防災の基本的な考え方、そして今回ビュッフェできるアイテムの紹介タイム。みなさん真剣に聞き入ってくださっています!
まずは〈New Stand Tokyo〉プロデューサーの小尾奈央子さん(左)、Hanako編集部の中島千恵(右)から、防災の基本的な考え方、そして今回ビュッフェできるアイテムの紹介タイム。みなさん真剣に聞き入ってくださっています!

まずは〈New Stand Tokyo〉プロデューサーの小尾奈央子さん(左)と、Hanako編集部中島千恵(右)から、防災の基礎知識についてのレクチャー。参加者からの、「不安であれこれ用意してものが多くなってしまいます」、「何か準備したほうがいいとわかっていても、何から手をつけていいかわからずつい後回しにしてしまう…」という声を聞きつつ、「防災袋」には「非常用持ち出し袋」(家や職場に置いておくもの)と「防災ポーチ」(毎日持ち歩くもの)の2種類があること、それぞれどんな風に考えて作るといいのかを解説すると、「なるほど!」、「こんなときはどうしたらいいですか?」と活発に意見が飛び交います。

今回ビュッフェできるアイテムの紹介タイムには、みなさんより真剣度がアップ! 「災害時、食欲が落ちる人がほとんど。だからこそ、〝食べなれた好きな味”なら食べられることが多いので、今回のビュッフェでは自分の好みそうなもの選び、実際に食べてみましょう。好きだったら買い足して備えればいい」。言われてみれば納得だけど、なかなか知る機会がない…。そんな知識を聞くたびに、みなさん真剣にメモ!

後半はお待ちかねのビュッフェタイム!
後半はお待ちかねのビュッフェタイム!
〈must items〉は、どんな人にとっても必需品となる商品。
〈must items〉は、どんな人にとっても必需品となる商品。
〈lifestyle〉アイテムからは3品セレクト。自分がとったメモを参照しながら吟味しつつ、みなさん楽しそう…!
〈lifestyle〉アイテムからは3品セレクト。自分がとったメモを参照しながら吟味しつつ、みなさん楽しそう…!
後半はお待ちかねのビュッフェタイム!
〈must items〉は、どんな人にとっても必需品となる商品。
〈lifestyle〉アイテムからは3品セレクト。自分がとったメモを参照しながら吟味しつつ、みなさん楽しそう…!

その後、一斉にビュッフェ開始! 〈New Stand Tokyo〉のオリジナル巾着に、自分にとって「役に立つ」グッズをセレクトしていく参加者のみなさん。集まったアイテムは、カラーバリエーションが豊富だったり、ビジュアルもおしゃれだったり、いわゆる「防災グッズ」とは一味違うものばかり。みなさん、真剣に迷い&選びつつも、すごく楽しそう!

終わったのちは、数名の方に選んだものを公開いただき、「なぜ選んだの?」を教えてもらう時間。「非常時にひとりだけで食べるのではなく、周りにいる人と分け合えそうな食べ物なので選びました」というセレクト理由に「おお~」と歓声がわいたり、「避難場所で『匂い』がストレスになると考えたことがなかった。ビュッフェしたアロマオイルはすごく好きな香りだったので、防災ポーチに入れておこうと思った」という声には、あちこちで深く頷く姿が。

今回のビュッフェアイテムは3テーブル分

〈must items〉のテーブル。ひとり1点ずつ必ずもらえる必需品がずらり。必需品といえども、色が選べたりとビュッフェの楽しさも満載。
〈must items〉のテーブル。ひとり1点ずつ必ずもらえる必需品がずらり。必需品といえども、色が選べたりとビュッフェの楽しさも満載。
こちらはセレクトアイテム、「food」のテーブル。だしをベースにしたサプリ、長期保存できる常備食などが並ぶ。
こちらはセレクトアイテム、「food」のテーブル。だしをベースにしたサプリ、長期保存できる常備食などが並ぶ。
セレクトアイテムのひとつ、「lifestyle」のテーブル。デリケートゾーン用のシート、水の要らない歯磨きペーストなど、普段なかなか接することが少ない商品が一堂に。
セレクトアイテムのひとつ、「lifestyle」のテーブル。デリケートゾーン用のシート、水の要らない歯磨きペーストなど、普段なかなか接することが少ない商品が一堂に。
〈must items〉のテーブル。ひとり1点ずつ必ずもらえる必需品がずらり。必需品といえども、色が選べたりとビュッフェの楽しさも満載。
こちらはセレクトアイテム、「food」のテーブル。だしをベースにしたサプリ、長期保存できる常備食などが並ぶ。
セレクトアイテムのひとつ、「lifestyle」のテーブル。デリケートゾーン用のシート、水の要らない歯磨きペーストなど、普段なかなか接することが少ない商品が一堂に。

大好評だった今回のイベント。事後のアンケートでは、「人によって何が必要になるか違うと知ることができて、大きな発見でした」、「普段から香りのものが好きですが、防災袋に入れておくとよいとわかってよかった!」、「今日ビュッフェしたものをベースに、家に帰ってから防災袋をアップデートします」などのうれしい声が。95%の参加者が「非常に満足」と回答してくださった、大成功のイベントとなりました。

<ビュッフェアイテム(協賛)>※企業名五十音順
株式会社 アナイスカンパニー「FRIENDLY HEALTH CLUB UMAMIサプリ」/井村屋株式会社「えいようかん」/江崎グリコ株式会社「ちょこっとプッチンプリン」/合同会社グリーンベース「GRØN」/コクヨ株式会社「救助笛ツインウェーブ」/株式会社G-Place「エコリュクス オールインワン アロマ ドライシャンプー」/株式会社総合サービス 「サニタクリーン携帯トイレ」/株式会社たかくら新産業「ピュビケア オーガニックフェミニン コットン シート」/株式会社トライフ「オーラルピース クリーン&ホワイト」/日本製紙パビリア株式会社「紙せっけん」/パナソニック株式会社「LEDネックライト」/株式会社フェイス「パンだ缶」/株式会社Blue ink「ARTQ ORGANICSプリベンション2ブレンドオイル」/株式会社ボーテ福原「stasher」/本田屋本店有限会社「ふくしまの常備食」/株式会社マザーレンカ「ドクターズチョコレート」/ユニ・チャーム株式会社「ソフィ SPORTS」/株式会社ワンテーブル「LIFE STOCK」

たくさんの企業様に協賛いただき、そして60名もの方々にご参加いただいた〈BOSAIビュッフェ〉。今後もNew Stand TokyoとHanakoでさまざまなイベントを企画していきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

●イベントデータ
【会期】2022年4月16日(土)・17日(日)
【時間】両日とも(1)12時〜13時半 (2)14時半~16時 (3)17時~18時半
【場所】New Stand Tokyo(東京都港区六本木7-2-8)
【定員】各回先着10名まで
【参加費】2,000円

photo : New Stand Tokyo text : Hanako editor

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る