翠
2021.07.02

夏にぴったり!爽やかな翠ジンソーダも。 「居酒屋メシ」に合わせて飲みたい。人気のジャパニーズジン「翠」を堪能!

洋酒メーカー〈サントリー〉が発売し、好調に売り上げを伸ばしているジャパニーズジン。爽やかで飲みやすく、お値段もリーズナブルな「翠(SUI)」の体験会へ伺ったので、早速レポートします!

ハイボール、レモンサワーに続く、注目の第3のソーダ割!

翠

リモートワークが主流になり、おうち時間が増えた影響か、ちょっとずつ家飲みの人気が高まっています。中でも特に伸びているのがジンの市場。

「いつもより、ちょっといいお酒で気分転換したい」「いろんなアレンジを楽しみたい」
そんなニーズとともに、手軽に楽しめるお酒の需要が高まっているんです。

ジンって、お店で飲むもの?と思われがちですが、「翠(SUI)」は毎日のお食事に合わせて楽しむために開発されたジャパニーズジン。唐揚げや焼き鳥、餃子などの「居酒屋メシ」はもちろん、和食とも相性抜群!爽やかな味わいで、お料理を引き立ててくれるんです。想像しただけでも、今すぐ食べたくなってしまいます。

翠

ラベルをよく見ると、「翡翠」とも書かれる、カワセミが描かれています。可愛らしいですよね!青緑色で、スッキリした六角形の瓶は、見た目も爽やか。

清々しく味わいを表現しているラベルには、ジンを日本に羽ばたかせたいという熱い想いが込められています。

翠

会場ではグラスで、「翠」(ストレート)、「柚子浸漬酒」、「緑茶浸漬酒」、「生姜浸漬酒」をテイスティング!「翠」はグラスに注ぐと、さわやかな柚子の香りがふわり。コリアンダーシードやカルダモンシードなどの伝統的なボタニカルをベースに、日本の食事に馴染みのある「柚子」「緑茶」「生姜」、3つの和素材を使用してブレンドしているんです。

「翠」(ストレート)は、柚子の香りのトップノートが印象的。しだいに緑茶の旨みが広がってゆき、最後には生姜の辛味を楽しめます。

「柚子浸漬酒」は、柚子の果皮を感じるほのかに柔らかいニュアンス。「緑茶浸漬酒」は、清々しくクリーンな香りと甘み・旨みが広がります。「生姜浸漬酒」は生姜をすりおろしたようなフレッシュなスパーシーさを感じ、キックのある味わいに。

それぞれの和素材が絶妙に絡み合い、柔らかな「翠」の味わいに仕上がっています。ジンと聞くと、スピリッツのアルコール感が強い印象があるかもしれませんが、全体的に甘みを感じる柔らかな味わい。ジンのイメージが変わること間違いなし!

翠
翠
翠
翠

「翠」のおすすめの飲み方は、「翠ジンソーダ」。「翠」と炭酸水を1:4の割合でつくる、爽やかなソーダ割です。ソーダを入れることで一気に飲みやすくなり、これからの季節、毎日の食事の相棒にもぴったり!

作り方は、氷を入れたグラスにまずジンを注ぎ、炭酸水を氷に当てないようにゆっくり注ぐだけ。氷はグラスに満杯に入れるのが、最後までおいしく飲むコツなんですよ。

他にも、上記の1:4で作った「翠ジンソーダ」に、漬け込み柚子をプラスしたり、抹茶を茶さじ一杯プラスしたり、すりおろし生姜2.5gをプラスしたりとアレンジレシピも楽しめます。

気軽に楽しめる、お酒として注目を集めるジン。爽やかな「翠ジンソーダ」は暑い季節におすすめなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ジャパニーズジン 〈翠(SUI)〉
公式サイト

加藤 朋子
加藤 朋子 / PR・フリーライター

「100カ国以上の一人旅を経て、自然のパワーを再発見。温泉と生はちみつとランジェリーが大好き!お気に入りのランジェリーを身につけて、各地の温泉を訪れるのが至福の時。おやつもスキンケアも生はちみつ!ラジオパーソナリティやウォーキング講師もしています。」

加藤 朋子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る