フランス菓子ブランド〈ブールミッシュ〉から新たな焼き菓子シリーズ「グランリュクス」が登場。
2020.09.10

手土産や自宅でのご褒美スイーツにもぴったり! フランス菓子ブランド〈ブールミッシュ〉から新たな焼き菓子シリーズ「グランリュクス」が登場。

1973年、渋谷公園通りに店舗をオープンさせ、現在では銀座に本店を構える〈ブールミッシュ〉。日本の本格的フランス菓子の草分け的存在とも言われる〈ブールミッシュ〉から、新たな焼き菓子シリーズ「グランリュクス」が9月1日より販売開始されました。従来販売していた焼き菓子との違いなど、実際に試食してみましたのでご紹介いたします。
中森 りほ
中森 りほ / フリーランス

「元グルメメディア編集のフリーライター。カレーや喫茶店、音楽や映画が大好きな下北っ子です」

中森 りほさんの記事一覧 →

伝統技術とレシピを集大成した、8種類のカラフルな焼き菓子。

ブールミッシュ銀座5

これまでも「ガトー・ボワイヤージュ」という商品名で、焼き菓子の詰め合わせを販売してきた〈ブールミッシュ〉。

従来4種類のみしか展開していなかった焼き菓子の詰め合わせを新たに8種類にリニューアルし、販売スタートしたのが「グランリュクス」シリーズです。

ブールミッシュ銀座4

今回のリニューアルでは、「いろいろな味をちょっとずつ楽しみたい」という消費者のニーズや、現在のトレンドを意識して半年ほどかけ焼き菓子を開発。「贅沢な、贅をつくした」という意味を持つ商品名の通り、いろんな種類の中から選べる贅沢さを楽しんで欲しいと、素材や見た目のカラフルさにもこだわったそう。

マロン、ピスタチオ、りんごバターなど、新たに6種が登場!

ブールミッシュ銀座7
定番の「フィナンシェ」(左)と新登場の「フィナンシェ・マロン」(右)。

定番人気の「フィナンシェ」「フィナンシェ・ショコラ」に加え今回新たに加わったのは「フィナンシェ・マロン」「フィナンシェ・ピスタチオ」「マドレーヌ・ブラウン」「チョコオレンジケーキ」「りんごバターケーキ」「いちごケーキ」の6種です。

新登場した「フィナンシェ・マロン」は、〈ブールミッシュ〉の生菓子にも使用しているというフランスの老舗ブランドのマロンクリームを使用。渋皮付きで香り高いマロンクリームを使うことで、和栗とは異なる豊かな味わいのフィナンシェに仕上げています。

ブールミッシュ銀座6
「フィナンシェ・ピスタチオ」(左)と「いちごケーキ」(右)。

近年人気が高まりつつある、ナッツの女王の異名を持つピスタチオもフィナンシェの新たなフレーバーに。フランスブルターニュ地方のゲランド塩田の岩塩をアクセントに加えることで、甘さの中にしっかりとピスタチオの味わいを感じることができます。

ドライいちごを使用した「いちごケーキ」は、しっとりとした口どけ。ほんのりいちごの香りが感じられる、優しい甘さの焼き菓子に仕上げています。

ブールミッシュ銀座1
「フィナンシェ・ショコラ」(左)と「マドレーヌ・ブラウン」(右)。

焼き菓子定番のマドレーヌには、ブラウンシュガーを使用して「マドレーヌ・ブラウン」に。サトウキビの素朴な風味とうま味が感じられる一品になっています。

ブールミッシュ銀座8
「チョコオレンジケーキ」(左)「りんごバターケーキ」(右)。

「チョコオレンジケーキ」は、スペイン産オレンジピールにローストして砕いたカカオを使用。カカオニブのカリッとした食感も楽しい焼き菓子です。

「りんごバターケーキ」は、りんごの果肉感も味わえるよう青森県産のりんご果肉を使用。バターの味わいも豊かで、ほどけるようなしっとり食感も魅力です。

ブールミッシュ

以前よりもレパートリー豊富になり、お値段もリーズナブルにリニューアルして新登場した〈ブールミッシュ〉の焼き菓子「グランリュクス」。4個セットから販売されているほか、店舗だけでなくネット購入もできるので、お世話になっている人へのプレゼントや手土産、自分へのちょっとしたご褒美にいかがでしょうか?

〈ブールミッシュ〉
公式サイト

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る