おうち飲みで楽しみたい!〈菊水〉の「ふなぐち」に合う「缶つま」選手権を開催。
2020.06.29

累計3億本突破の「ふなぐち」と「缶つま」のペアリング。 おうち飲みで楽しみたい!〈菊水〉の「ふなぐち」に合う「缶つま」選手権を開催。

コンビニ最強酒と呼ばれる〈菊水酒造〉「ふなぐち」と、日本橋にある老舗 食品卸〈国分グループ本社〉の缶つま。この2つがコラボレーションし、手軽にマリアージュを楽しめる「缶つま」選手権を開催しています。オンラインイベントに参加してきましたので、詳しくご紹介します!
加藤 朋子
加藤 朋子 / PR・フリーライター

「100カ国以上の一人旅を経て、自然のパワーを再発見。温泉と生はちみつとランジェリーが大好き!お気に入りのランジェリーを身につけて、各地の温泉を訪れるのが至福の時。おやつもスキンケアも生はちみつ!ラジオパーソナリティやウォーキング講師もしています。」

加藤 朋子さんの記事一覧 →

「ふなぐち」に合う「缶つま」選手権!8月7日(金)23:59 まで開催中。

ふなぐち菊水一番しぼりと缶つま

外出自粛を機に、おうち時間が見直され「家飲み」の人気は高いまま。そんな中、〈菊水酒造〉「ふなぐち」が、〈国分グループ本社〉の缶つまとコラボレーション。「どちらも手軽に楽しめるものだからこそ、ペアリングを味わって欲しい」という思いから、「ふなぐち」に合う「缶つま」選手権を開催中です。

今回の企画は、「缶詰博士」として知られる黒川勇人さんが厳選した10品の「缶つま」の中から、「ふなぐち」に合う No.1 の缶つまを決定するというもの。「牛すじこんにゃく」や「宮崎県産 霧島黒豚角煮」、「広島県産 かき燻製油漬け」など、気になる「缶つま」が目白押し!どれから合わせようか迷ってしまいます。

ふなぐち菊水一番しぼり

今回の主役、〈菊水酒造〉「ふなぐち」はコンビニ最強酒という異名を持つお酒。飲みやすく、女性からも人気のロングセラー商品だそう。しぼりたてのフレッシュ感を感じるフルーティなお酒は、ついついグラスが進みます。

「ふなぐち」とは、元々はお酒を造るときの槽(ふね=搾り機)の口から流れ出た、しぼりたての生原酒のこと。火入れをしないデリケートな生原酒は、劣化しやすいため蔵の来訪者だけに振る舞われていた貴重なお酒だそうです。

「ふなぐち菊水一番しぼり」と「鹿児島県産 赤鶏さつま炭火焼」と「日本近海穫り ハバネロサーディン」

オンラインイベントに登場した缶詰博士・黒川さんが「焼酎と合わせるのが王道かもしれませんが、ふなぐちは濃い味に負けません。炭の香りの鶏肉との組み合わせも楽しめます」とコメントしていた「鹿児島県産 赤鶏さつま炭火焼」、そして「日本近海穫り ハバネロサーディン」を早速合わせてみました。

「ふなぐち菊水一番しぼり」と「鹿児島県産 赤鶏さつま炭火焼」と「日本近海穫り ハバネロサーディン」

「鹿児島県産 赤鶏さつま炭火焼」は、缶を開けたとき、炭火で焼いた食欲をそそる香りがふわり。焦げ目が香ばしく、歯応えも抜群です!

「日本近海穫り ハバネロサーディン」は、ハバネロと聞いて辛いものを想像していましたが、その心配は無用。「ふなぐち」と合わせると、さっぱりとしたあと味に変わり、スッと引いてゆきます。ハバネロとの意外な組み合わせに驚きましたが、クセになる美味しさです!

ふなぐち菊水一番しぼりと缶つま

累計3億本という絶大な人気を誇る「ふなぐち」と「缶つま」の組み合わせ。これからの季節、ちょっと早めの時間から、一杯楽しむのも気持ちよさそう。

骨まで柔らかい「九州産 ぶりあら炊き」や、身の旨みが燻製で凝縮されている「北海道・噴火 湾産ほたて燻製油漬」、濃厚な黄身がお酒と相性抜群の「スモークうずら卵」など、バリエーション豊かな缶つまを、ぜひ合わせてみてくださいね!

【「ふなぐち」に合う「缶つま」選手権】
■8月7日(金)23:59 まで開催中
投票サイト

今月のスペシャル

夏の楽しいお酒特集!おうちで楽しむ「べランピング」から、今年のトレンドカクテルをチェック。夏の楽しいお酒特集!おうちで楽しむ「べランピング」から、今年のトレンドカクテルをチェック。
TOPに戻る