n_MG_0002_atari
2018.01.04

Hanako.tokyo人気グルメ記事新春チェックその5 ネパールからインドネシアまで。ディープでおいしいアジアングルメに挑戦!

2017年9月掲載、都内で楽しめるシンガポール、ミャンマー、ネパール、インドネシア料理を紹介した本記事。気になる味に挑戦して、グルメの幅を広げてみませんか?

こんな記事もおすすめ!
☆本国お墨付きの味などワンランク上のタイ料理店はコチラ!
☆ハーブたっぷり!ヘルシーなベトナム料理4軒はコチラ!
☆人気急上昇中のネパール料理店6軒はコチラ!

【シンガポール】通し営業だからいつでも食べられるのがうれしい〈Mu-Hung 夢飯〉。

MG_0227_atari

おそらく国内最古の海南チキンライス専門店。今でこそシンガポールの代表的料理として知られているが、開店当時で専門店とはかなりの挑戦だったはず。しかしそのおいしさに開眼し、日本でも老若男女に受け入れられるだろうというオーナーの目論見は見事的中、すっかり地元に定着し、愛される店に。

MG_0235_atari

前から「海南チキンライス(中)」(850円)、「大根もちのオムレツ」(550円)。

【ミャンマー】〈オリエンタルキッチンマリカ〉の国の歴史を感じるプレートランチ。

ToT-7700_atari

店の名物は「ダンパッウ」(900円、税込)。

ToT-7741_atari

イギリス統治下にあった時代に、イギリス人向けに食べやすく作ったのがダンパッウの始まり。豆とぶどうと赤パプリカ、そしてウコンで炊いたお米に、ドライカレー風の鶏煮込みをのせた栄養満点のワンプレートだ。マンゴーのピクルスやエビの塩辛で好みの辛さに調節して。 

【ネパール】開店まもなく人気店に。大久保のネパーリー牽引店〈Nanglo Ghar〉

MG_0019_atari

ネワール族のコックとタカリ族のコックがそれぞれ控え、両民族の本物の料理を提供している稀有な店。客層はネパール人率が非常に高いながら、初心者でも入りやすい雰囲気がうれしい。3Fの喫煙席、4Fの禁煙席に加え、5Fの屋上席もオープンした。

MG_0002_atari

左からネワール族の料理「サマエバジセット」(1,200円)、自家製の干し肉を炒めた「ナングロスペシャル」(750円、各税込)。

【インドネシア】老舗インドネシア料理店の跡地に昨年、移転オープン!〈CABE 目黒店〉

MG_0401_atari

東西に長く広がる島々からなるため、バラエティに富んだインドネシア料理にあって、天才シェフ、スタミさんのファンは多し。

MG_0389_atari

「揚げ茄子・ダブダブソース」(前・650円)の、小さくカットした野菜のソースは肉にも魚にも合う。「ナシゴレントラシ」(奥・950円)は海老味噌を加えたややクセのあるナシゴレンで、ローカルが大好きなメニュー。 

こんな記事もおすすめ!
☆本国お墨付きの味などワンランク上のタイ料理店はコチラ!
☆ハーブたっぷり!ヘルシーなベトナム料理4軒はコチラ!
☆人気急上昇中のネパール料理店6軒はコチラ!

(Hanako1140号掲載/photo : Jiro Fujita text&edit : Mick Nomura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る