ヨーロッパ史上、最も栄華を極めた華麗なる「ハプスブルクウエディング」を体験。
2019.12.21

ハプスブルグ家のウエディングが日本上陸! ヨーロッパ史上、最も栄華を極めた華麗なる「ハプスブルクウエディング」を体験。

数世紀に渡りヨーロッパを統治してきた名門ハプスブルク家。その直系の末裔で歴史学者であるゲーザ・フォン・ハプスブルク大公監修により、日本国内で「ハプスブルクウエディング」を体験できるようになりました!目を奪われるような伝統料理やテーブルコーディネートなど、華麗なるハプスブルク家のエスプリを堪能できる結婚式の様子をご紹介します。
加藤 朋子
加藤 朋子 / PR・フリーライター

「100カ国以上の一人旅を経て、自然のパワーを再発見。温泉と生はちみつとランジェリーが大好き!お気に入りのランジェリーを身につけて、各地の温泉を訪れるのが至福の時。おやつもスキンケアも生はちみつ!ラジオパーソナリティやウォーキング講師もしています。」

加藤 朋子さんの記事一覧 →

華やかな花で彩られた、伝統のテーブルコーディネート。

P1000002
結婚式の見所のひとつ、ハプスブルク式テーブルコーディネート。

結婚式のお料理メニューも気になるけれど、ハプスブルク家の伝統を堪能するなら忘れてはならないのがテーブルコーディネート!美しく並べられたワイングラスやカトラリーを引き立てるように、そっと季節の花が添えられます。キャンドルのゆらめきとともに、華やかな雰囲気を演出します。

ハプスブルクの晩餐会メニューを再現。

ハオウスブルグ2
ケイパー、オニオン、マスタードおよびチャービルで風味付けされたラビゴットソースで飾り付けられた鮭のステーキ、オリジナリュメニューにキャビアを添えて。

食用花の添えられた鮭のステーキは、ケイパーとオニオン、マスタードで風味づけしたラビゴットソースがアクセント。柔らかな鮭と濃厚でコクのあるキャビアの相性は抜群です。

ハプスブルグ3
アーモンドミルクで蒸し煮された手羽付き鶏ムネ肉。オリジナルメニューに手羽先のリエット、インボルティーニ仕立て、フォアグラのムースを添えて。

リエットは、一口食べた瞬間溶けそうなほど滑らかさが印象的。ジョージ4世にちなんで名付けられた「Suprême de poulardes à la George IV」は、アーモンドミルクで蒸し煮された鶏ムネ肉のこと。フォアグラムースと絡まり優しい味わいに。

ハプスブルグ4
ネギのスープのクリーム、オリジナルメニューにアワビ、ホタテ、つぶ貝を浮かべて。

ビクトリア女王、お気に入りの場所にちなんで名付けられたというネギのスープのクリーム。とろっとしたスープには、アワビやつぶ貝・ホタテが隠れており、貝の食感を楽しめます。

ハプスブルグ5
ビクトリア女王にちなんで名付けられた海老とトリュフのムースが詰まったパフペストリー。オリジナルメニューにビスク風味のグーラッシュソースを添えて。

肉厚で歯応えのある海老と、濃厚なトリュフが口の中に広がる贅沢な味わい。軽やかなパフペストリーと濃厚ばビスク風味のソースが相性抜群。思わずワインが進みます。

ハプスブルグ6
牛のフィレ肉。オリジナルのメニューにオーストリアのワインで煮込んだツヴァイゲルトソースを添えて。

さっぱりした、すみれのシャーベットの後に登場したのはオーストリアワインで煮込んだ牛のフィレ肉。厚みがあり食べ応えのある一品。素材の味を生かした野菜もたっぷり添えられています。

スクリーンショット 2019-12-16 9.02.11
宮廷で提供された伝統的なスイーツ、苺とホワイトコーヒーのアイスクリーム。

オリジナルチーズとフルーツコンポートを挟んで、次に運ばれたきたのはいちごとホワイトコーヒーのアイスクリーム。プリンのようなカタチをしたアイスクリームには、少しミルクの優しさ感じるホワイトコーヒーが。フローズン一歩手前のいちごは、程よい冷たさと甘みさがちょうどいい。

ハプスブルグ8
ハプスブルク家のキプフェルン、マリー・アントワネットがフランスに広めたお菓子、ザッハトルテ、皇妃エリザベートらハプスブルク家に愛されたケーキ。

個人的に一番印象に残っているのは、オーストリアを代表するお菓子ザッハートルテ。チョコレートの濃厚さと、あんずのサッパリとした味わいが、甘さに深みを加えます。エリザベートをはじめ、ハオウスブルク一族に愛された有名なケーキ。ブラックコーヒーと合わせて、最後の一口までおいしくいただきました。

「ハプスブルクウエディング」について。

ハプスブルク家スタイルの結婚式を楽しめるのは、恵比寿の〈duodomo(デュオ ドーモ)〉、渋谷の閑静な住宅街にあるレストランウエディング〈Angepatio(アンジェパティオ)〉、四季が織りなす花の結婚式場として知られる静岡の〈ST.ALCOTT GARDEN(セント・オルコット ガーデン)〉です。

〈duodomo(デュオ ドーモ)〉
■東京都渋谷区恵比寿4-19-20
■03-3280-1717

〈Angepatio(アンジェパティオ)〉
■東京都渋谷区南平台12-11アンジェパティオ
■03-3476-7712

〈ST.ALCOTT GARDEN(セント・オルコット ガーデン)〉
■静岡県静岡市駿河区登呂5-19-38
■054-288-3388

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る