【京都】和菓子×京作家の器!晩夏の、目にも涼しい一皿とは?
2018.09.17

青い器に、淡い色のお菓子を。 【京都】和菓子×京作家の器!晩夏の、目にも涼しい一皿とは?

ロクロや染付、釉薬の風合いなど、独特の技法が光る京作家の器。まだ暑さが残る晩夏の、和菓子と合わせて楽しむ目にも涼しい一皿とは?Hanako『京都検定。』「Q. 作家の器、どう選べばいい?」よりお届けします。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.村田匠也×〈nikiniki〉

〈nikiniki〉のパステルカラーの薯蕷饅頭「バル」5個入り1,100円が映える、村田匠也の銀彩を添えた淡いブルーの青磁釉丸皿4,000円 。

〈昂KYOTO〉
■京都府京都市東山区祇園町南側581 ZEN 2F 
■075-525-0805 
■12:00~18:00 月火休 

村田匠也(むらた・たくや)/1982年京都市生まれ、京都嵯峨芸術大学短期大学部洋画科卒、陶工高等技術専門校成形科卒。ロクロと釉薬遣いの繊細さは、現代の京焼。

2.出口ふゆひ×〈UCHU wagashi〉

出口ふゆひの染付小皿2,400円は、〈UCHU wagashi〉の干菓「ochobo」1,000円の水玉文様を重ねてシュールな絵に。

〈Second Spice〉
■京都府京都市上京区河原町通丸太町上ル桝屋町 毎日新聞京都ビル1F 
■075-213‒4307 
■11:00~19:00 木休 

出口ふゆひ(でぐち・ふゆひ)/1975年京都市生まれ、嵯峨美術短期大学陶芸卒。染付で白磁の器に描いた、一度見たら忘れられない不思議な絵柄がトレードマーク。

3.齋藤晃子×〈永楽屋〉

〈永楽屋本店〉の細工のような「琥珀 柚子」6包12本780円、「琥珀 栗」6個840円を、齋藤晃子のガラス小器3,100円にのせて一体に。

〈若葉屋〉
■京都府京都市中京区三条通西洞院西入ル塩屋町53 
■075-221-0467 
■10:00~19:00 水休

齋藤晃子(さいとう・あきこ)/1984年兵庫県生まれ、倉敷芸術科学大学工芸学科卒。キルンワークでガラスを溶かして表現した器やアクセサリーはオブジェのよう。

Hanako『京都検定。』特集では、京都のスイーツを多数ご紹介しています。

(Hanako1164号掲載/photo : Makoto Ito text : Mikako Sawada)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちらへ。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る