飲み干したくなるスープが話題!【京都】必食の「だしラーメン」3選
2019.08.31

京都でいま大ブームのグルメといったら。 飲み干したくなるスープが話題!【京都】必食の「だしラーメン」3選

だし文化の進化系として京都で大ブームを巻き起こしている“だしラーメン”。どの店舗も上品な味わいで飲み干したくなるスープが話題です。Hanako『京都の、ほんと。』「DASHI RAMEN」より、京都で必食の“だしラーメン”3選をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈麺屋 聖〉の「ギフト Gift」

コンクリート打ちっぱなしの広々としたスタイリッシュな店内。

ラーメン界において、ひとつのジャンルとしての地位を確立した〝だしラーメン〞。

新店ラッシュの京都でも、昨秋オープンするや瞬く間に話題の店へと駆け上がったのが〈麺屋 聖〉だ。いちばん人気は醤油ラーメンの「Gift」。

「Gift」800円(税込)。厚さ2㎝にもなる分厚い焼豚は、トロトロの口溶けがたまらない。スープはあっさり、しつこさは皆無。女性でもぺろりと完食できる。烏丸御池の人気ラーメン店〈麺屋 優光〉の系列店。

このラーメンの味の要となるのは、明治12年創業の〈澤井醤油本店〉の醤油だとか。
「ほかにトビウオ、あさりのだしとブレンドしています。うどん粉と全粒粉を混ぜた自家製麺で、ツルモチ食感が女性からも好評です」

飲み干したくなるスープ、ご賞味あれ。

〈麺屋 聖〉
■京都府京都市左京区一乗寺払殿町48 
■075-606-5459 
■11:00~15:00、17:30~22:00 木休 
■18席/禁煙

2.〈ラーメン 霽レ空〉の「牡蠣そば」

「牡蠣そば」850円(税込)

看板メニューは「牡蠣そば」。コクのある丹波黒どりのだしと牡蠣のエキスが融合したWスープは、クセになること確実。トッピングの牡蠣煮干しのペーストが食べ進むうちに混ざり合う、味の変化も楽しみたい。

〈ラーメン 霽レ空〉
■京都府京都市中京区西ノ京永本町23-20 
■11:30~15:00、18:00~21:40LO 月休(祝の場合は翌休) 
■13席/禁煙 

3.〈麺屋 猪一 離れ〉の「追い鰹そば(白醤油)」

「追い鰹そば(白醤油)」900円(税込)

数種類の削り節と昆布でとっただしに極薄本枯れ節をのせた「追い鰹そば(白醤油)」。とろろ昆布や柚子皮で味の変化も楽しめる。今年5月からは自家製麺に。

〈麺屋 猪一 離れ〉
■京都府京都市下京区泉正寺町463 ルネ丸高1F 
■11:30~14:00、18:00~22:00(売り切れ次第終了) 月休(祝の場合は翌休) 
■17席/禁煙 

Hanako『京都の、ほんと。』特集では、京都の楽しみ方を多数ご紹介しています!

(Hanako1176号掲載/photo : Noriko Yoshimura, Kunihiro Fukumori text : Yoshie Chokki, Mako Yamato)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちら。https://magazineworld.jp/hanako/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る