t650eb3f16f86ef9021e21d58d15897df-768x511
2019.06.23

リゾート感満載のステイを。 沖縄旅行で泊まりたいおしゃれホテル・宿。絶景ジャングルプールや映え朝食が人気!

沖縄バカンスを堪能するなら、リゾート感溢れるホテル・宿へ。アーバンな屋上プールや絶景のジャングルプール、島の恵みが詰まった映え朝食など、魅力満載な沖縄のおしゃれホテル・宿3軒をご紹介します。

1.〈ホテルアクアチッタナハ by WBF〉

186A3849-768x512

昨年末にオープンしたアーバンリゾートホテル。話題は最上階のプールとバー。朝はすがすがしく港を見渡し、夜はキラキラとした照明でちょっと華やかな気分になる。プールでヨガのレッスンをしたり、週末にはDJが入ったりとイベントも積極的に行う。〈とまりん〉(埠頭)にも徒歩で行ける。

186A3807-768x768

〈The LANAI HOSTEL〉
■沖縄県那覇市前島3-2-20 
■098-866-5000
■全231室 
■シングル15,000円~

(Hanako1160号掲載/photo : Norio Kidera, Kengo Tarumi text : Kahoko Nishimura )

2.〈シギラ黄金温泉〉

沖縄 〈シギラ黄金温泉〉

宮古島シギラ地区の地下1,250メートルから湧き上がる天然源泉を使用した琥珀色の温泉は、水着を着て入るジャングルプール。

沖縄 〈シギラ黄金温泉〉

もちろん裸で入浴する南国ムードたっぷりの展望風呂や沖縄の天然石を使った露天風呂、さらにオーシャンビューの部屋もあるプライベートルームを完備。

沖縄 〈シギラ黄金温泉〉

〈シギラ黄金温泉〉
雰囲気がガラッと変わる夜のパノラマも宮古島ならでは。
■沖縄県宮古島市上野新里1405-223
■0980-74-7340
■12:00〜22:00(最終入館21:30)
■入館料1,500円

(Hanako1168号掲載/text : Seiko Takahashi)

3.〈tinto tinto〉

K2_8545atari-768x512

浜辺まで歩いて5分という好立地。この安らぎの小さな宿を訪れる人のお楽しみは、美しい自然のほかに、オーナー夫妻が作る豪華な朝食にもある。

客室は琉球畳を使った和室と和洋室の2タイプ。
客室は琉球畳を使った和室と和洋室の2タイプ。
内容は日によって替わるが沖縄の季節の食材がたっぷり。12種前後の料理が並ぶ。朝食は1階のカフェルームで提供(要予約)。
内容は日によって替わるが沖縄の季節の食材がたっぷり。12種前後の料理が並ぶ。朝食は1階のカフェルームで提供(要予約)。

沖縄もずくと島ネギのおやき、ゴーヤーとしめじの味噌きんぴら、青パパイヤと島人参のしりしり、やんばる島豚の塩焼き 梅ダレソースなど、沖縄の定番家庭料理にひと手間を加えた料理が評判。地元の若手作家による器に盛りつけられた料理は目にも美しい。朝食利用は1日1組限定なので、朝の時間をゆったりと過ごすことができるのもうれしい。

〈tinto tinto(ティント ティント)〉
敷地内にはオーナー夫妻の両親が営む宿〈マチャン・マチャン〉も。
■沖縄県国頭郡今帰仁村字渡喜仁385-1 
■TEL 098-056-5998
■1泊1名11,000円~ 
■禁煙 

(Hanako1136号掲載/photo : G-KEN, Kengo Tarumi (oshiro),Chotaro Owan (AO, gekkousou) text : Keiko Kodera)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る