ncut00_006
2018.07.25

京都の人気観光スポットといったら…! レトロクラシックな魅力の〈長楽館〉は、京都女子旅のマストスポット!

ホテルやカフェ&レストランも人気の歴史ある洋館〈長楽館〉。そんな京都のおすすめ観光スポットの、女子のハートをわし掴みにする魅力に迫ります!

甘い息吹が加わった百年の時を経た洋館。

cut00_040

円山公園に隣接して立つ〈長楽館〉は、明治の煙草王・村井吉兵衛が国内外のゲストを迎えるために建てた迎賓館。ロココやアールヌーヴォーなどの様式が入り交じる空間は、百年の時を経た今も変わらず優雅に佇む。

天井のレリーフをデザイン化して床のタイルや絨毯に用いるなど、現代ならではの表現も加えてリニューアルしたのは2016年のこと。

cut00_037

廊下の意匠まで優雅で美しく見逃せない。

「球技の間」の鮮やかなグリーンや「迎賓の間」の落ち着いたピンクの色は、建築当時に塗られていた色を忠実に再現。

cut00_006

かつてはビリヤードが行われていたという「球技の間」など、カフェはスタイルの異なる7 つの部屋で過ごせる。

cut00_013

カフェには「ダージリン サマビオン茶園 1stフラッシュ2016」1,200円など、香り高い紅茶がそろう。

ステンドグラスが煌めくサンルームは煙草のパッケージを復刻したスイーツが並ぶブティックへと姿を変え、マデイラワインをそろえたバーも登場。洋館へ新たに吹き込まれた息吹に包まれる時間が心地よく、この先の百年もまた受け継がれていく空間がここにある。

〈長楽館〉
ホテルや2つのレストランも併設。
■京都府京都市東山区八坂鳥居前東入円山町604 
■075-561-0001 
■〈デザートカフェ長楽館〉〈長楽館ブティック〉は11:00~19:00LO 不定休 
■150席/禁煙

(Hanako1131号掲載/photo:Tomokatsu Noro(TRAIVAL) text:Mako Yamato)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る