無題 (8)
2022.06.01

気持ちよく働くためのルール 仕事で差がつく習慣。〈マクアケ〉共同創業者 取締役・坊垣佳奈さん『仕事仲間と、とことん向き合います』

ビジネスの世界で成功する人たちは、何を習慣にして日々仕事に向き合っているのか。チャンスを逃さないための心がけや、気持ちよく働くためのルールを教えてもらった。

同世代に揉まれて生まれたコミュニケーションのルール。

無題 (8)

坊垣佳奈さんが取締役を務める〈マクアケ〉の社員は、彼女のことを「コミュニケーションの人」と話す。新しい商品や体験を〝応援購入〞できるサービスを運営する同社では、ユーザーとのやり取りはもちろん、社内でも坊垣さんが心がける「本音のコミュニケーション」が張り巡らされている。

「役員だから偉いとか上司だから敬うべきとかじゃなく、たまたま私が取締役で、社員とはたまたま仕事仲間として出会っただけ、と考えています。その人を100%開花させたいので、建前で付き合うのではなく、友人や家族に見せるような素を出せる環境にしたいんです」管轄する部下100人と定期的に行う1対1の面談が大切なルーティン。「表面上の言動よりも、その人がなぜそう考えて、なぜそんな行動に出たのかに注目しています。信頼して採用したメンバーだから、たとえミスをした時にも『何か根底に原因があるはず』とプライベートの話題に広げることも珍しくありません。オンラインミーティングだったとしても、顔色や雰囲気を見て『いつもと違うな』と思ったら『何かあった?』と聞いてみたり」。

仕事とプライベートを分けないからこそ、その人を丸ごと理解して、お互いに信じることができる。すると、言いづらいことも言える関係に。「それは私が部下を注意する場合でも、部下から意見を聞く時でも同じこと。新卒で入った会社では、先輩たちもみんな若かったから教育も手探り。『もっとこうしてほしかった』ということを覚えています。その時の苦労があるから、今のコミュニケーションの習慣が身についたと思います」

本音のコミュニケーションをとるための3つのルール

1.仕事とプライベートをきっちり分けない。
信頼し、理解し合えている間柄が理想だから、極論、仕事は親友とするのが一番。私も「上司だから完璧であらねば」とは考えずにプライベートの話をするし、部下から仕事以外の相談を受けることも多くあります。家に招いてごはんを食べたり、サウナや銭湯で裸の付き合いをしたりしていると、仕事上のキャラは取っ払われていく。本当に思っていることを話してくれるようになります。

2.言うべきことは言い、発言に責任を持つ。
元々はっきりと言う性格ではありますが、言ったことには責任を持つようにしています。意見をコロコロ変えたり、人によって違う態度を取ったりせず、裏表なく「本音」しか言わなければ、「本当にそう思ってるんだな」と、周りが信じてくれるようになる。部下たちも同じように育っているので、たとえ昇格しても、驕らずにそれまでと変わらない立ち居振る舞いをしてくれます。

3.小さな違和感を見逃さない。
20代は15分刻みでアポを入れていたほど、営業職としてたくさんの人に会いました。現在も日々多くの人と接していますが、その中で、会って3分くらいで相手のことがわかるようになったんです。今、何を求めているかがわかる。「元気ないな」と違和感に気づくと、相手も「ちゃんと見てくれている」と安心できるし、その先起こるかもしれないミスを防ぐことにもつながります。

Profile…坊垣佳奈(ぼうがき・かな)

1983年生まれ。新卒で〈サイバーエージェント〉に入社したのち、子会社〈サイバー・バズ〉を立ち上げ、取締役に就任。2013年、30歳で〈マクアケ〉共同創業者、取締役に。金融機関・自治体と共に地方創生も行う。

(Hanako1208号掲載/photo : Satoko Imazu, Kaori Ouchi text : Hazuki Nagamine, Kahoko Nishimura)

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る