〈皆中稲荷神社〉/大久保
2021.11.05

お願いします、神様。 財運アップを願うなら…!【東京】年末に向けて行きたい“金運アップ”神社4選

これから年末年始にかけて、なにかと出費が増えるシーズン…。今回は東京都内のオフィス街にある金運アップで有名な神社をご紹介します。年末ジャンボ当選や思わぬ臨時収入GETを期待したい!

1.〈小網神社〉/人形町

小網神社 日本橋
「銭洗い弁天の杜」としても知られていて、境内にある「銭洗いの井」で備え付けのザルに小銭を入れて洗い、綺麗にしたお金を財布に入れておくと、それが種銭となって財が増えるといわれている。
「銭洗い弁天の杜」としても知られていて、境内にある「銭洗いの井」で備え付けのザルに小銭を入れて洗い、綺麗にしたお金を財布に入れておくと、それが種銭となって財が増えるといわれている。
小網神社 日本橋
「銭洗い弁天の杜」としても知られていて、境内にある「銭洗いの井」で備え付けのザルに小銭を入れて洗い、綺麗にしたお金を財布に入れておくと、それが種銭となって財が増えるといわれている。

小さいながらご利益はMARIKOさんのお墨付き。「強運厄除けの神様として知られ、財運アップでも有名な神社です。私もここを参拝したあとに、大切な仕事が決まったことがあって、お礼参りに来たこともあり、それからここぞという時には参拝しています」。現社殿・神楽殿は戦禍を免れ、日本橋地区に残されている唯一の木造檜造りの神社建築となっている。

〈小網神社〉
■東京都中央区日本橋小網町16-23 
■03-3668-1080
■お守り、授与品等の頒布9:00~17:00

(Hanako1180号掲載/photo : Maruo Kono text : Rio Hirai edit : Yuya Uemura)

2.〈品川神社〉/品川

東京 品川神社
一粒萬倍の御神水は17時閉門だが12/31~1/1は終夜開いている。
一粒萬倍の御神水は17時閉門だが12/31~1/1は終夜開いている。
東京 品川神社
一粒萬倍の御神水は17時閉門だが12/31~1/1は終夜開いている。

源頼朝が安房国の洲崎明神の来臨を願い創建。徳川家康が関ヶ原の戦いに際して勝利を祈願したことでも有名。

ご本殿にお参りしたら境内の阿那稲荷(あないなり)の霊水、一粒萬倍の御神水へ。家門、家業の繁栄を祈って印鑑・銭にこの水を注ぐと吉。

〈品川神社〉
■東京都品川区北品川3-7-15
■03-3474-5575
■社務所受付9:00~17:00

(Hanako1168号掲載/text : Emi Suzuki, Kimiko Yamada, Mutsumi Hidaka)

3.〈皆中稲荷神社〉/大久保

〈皆中稲荷神社〉/大久保
〈皆中稲荷神社〉/大久保
〈皆中稲荷神社〉/大久保
〈皆中稲荷神社〉/大久保

大久保駅から徒歩1分。町の熱気に負けないほどのにぎわいを見せるのが、ここ皆中稲荷神社。ご利益は、その名の通り「みなあたる」こと。江戸の昔、この地に置かれた徳川幕府・鉄砲組百人隊の与力が御祭神のお告げを受けて参拝したところ、たちまち百発百中の腕前になったという。以来、鉄砲はもとより宝くじに試験、あらゆる抽選まで的を外さないと評判に。矢が的のど真ん中に刺さった絵馬や、弓と矢がセットになった的中御守は、並んででも手に入れなくては。

〈皆中稲荷神社〉
絵馬掛所は、いつもいっぱい。宝くじや受験合格に交じって、東京マラソンやアイドルのコンサートなどの高倍率の当選を祈るものも。
■新宿区百人町1-11-16
■03-3361-4398
■札所受付9:00〜17:00
■終日参拝可初詣は1月1日の0時から社材

4.〈目黒大鳥神社〉/目黒

〈目黒大鳥神社〉/目黒

目黒通りと山手通りが交差する地に鎮座すること1,200余年。日本武尊が東征の折に立ち寄ったと伝わる古社にして、地元を長い年月見守ってきた目黒総鎮守。この神社が1年で最もにぎわうのが11月の酉の市だ。普段は静かな神社の境内に熊手を商う市が立ち、沿道にも露店が並ぶ。この西の市の日だけに授与されるのが開運熊手お守り。日本武尊が熊手を火を防ぎ危機を脱するための道具としたという伝説にちなんだもので、災難を避け、商売繁盛・福を招くご利益がある。

〈目黒大鳥神社〉
境内には日本武尊とともに御祭神に祀られる弟橘媛命ゆかりの櫛塚があり、眼の病や生活習慣病防止などにご利益あり。絵馬は酉の市の熊手がモチーフ。
■目黒区下目黒3-12
■03-3494-0543
■電話受付9:00〜16:00 終日参拝可

(Hanako特別編集 合本・完全保存版『幸せをよぶ、神社とお寺。』掲載/photo:Hiro Nagoya, Michi Murakami, Yoko Tajiri text :Mutsumi Hidaka)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る