養生紅棗地瓜湯
2021.01.20

暮らしの中に漢方が生きている台湾。 台湾の家庭でポピュラーなスープ「養生紅棗地瓜湯」のレシピ。カラダを気遣う薬膳のある暮らし。

体を温めたり、気力をみなぎらせるなど、台湾人の元気の源は漢方にある。彼らの暮らしを漢方がどう支えているのだろう。今回は、台湾で活躍するインスタグラマー・哈利(ハリー)さんに台湾の家庭でもっともポピュラーなスープ「養生紅棗地瓜湯」のレシピを教えてもらいました。
養生紅棗地瓜湯

【作り方】

【材料(4人分)】
・さつまいも…2本
・ナツメ…12~16個
・ドライリュウガン…8~12個
・クコの実…小さじ1
・生姜…6~8片
・黒砂糖…大さじ2水…1l
※ドライリュウガンは漢方薬局で入手可能。なくてもOK。

1.生姜は洗って、薄くスライスする。さつまいもも洗って、皮をむいたら小口切りにする。あまり薄すぎると煮崩れするので注意する。

2.鍋に水を入れて火にかけ、煮立ったらナツメ、生姜、さつまいも、リュウガンを入れて弱火で10分から15分煮る。

3.クコの実と黒砂糖を加え、砂糖が溶けたら火を止める。

母から受け継いだレシピが家族の健康を支えている。

身近な素材で薬膳を。/東洋医学では体を冷やさないことが重要とされる。体を温める食べ物といえば生姜。スープにも飲み物にも、冬は特に多用される。
身近な素材で薬膳を。/東洋医学では体を冷やさないことが重要とされる。体を温める食べ物といえば生姜。スープにも飲み物にも、冬は特に多用される。
リュウガンも栄養豊富。/ドラゴンの瞳にたとえられる黒い実のリュウガン。ライチに似たような味の果物は、血を養って精神の安定にも役立ち、胃腸にも働きかけるといわれる。
リュウガンも栄養豊富。/ドラゴンの瞳にたとえられる黒い実のリュウガン。ライチに似たような味の果物は、血を養って精神の安定にも役立ち、胃腸にも働きかけるといわれる。
手軽にクコの実を。/お茶でもスープでも楽しめる食材といえばクコの実。滋養強壮、眼精疲労や血糖値の抑制に働きかける。抗酸化作用も期待でき、アンチエイジングの観点でも注目の食材。
手軽にクコの実を。/お茶でもスープでも楽しめる食材といえばクコの実。滋養強壮、眼精疲労や血糖値の抑制に働きかける。抗酸化作用も期待でき、アンチエイジングの観点でも注目の食材。
身近な素材で薬膳を。/東洋医学では体を冷やさないことが重要とされる。体を温める食べ物といえば生姜。スープにも飲み物にも、冬は特に多用される。
リュウガンも栄養豊富。/ドラゴンの瞳にたとえられる黒い実のリュウガン。ライチに似たような味の果物は、血を養って精神の安定にも役立ち、胃腸にも働きかけるといわれる。
手軽にクコの実を。/お茶でもスープでも楽しめる食材といえばクコの実。滋養強壮、眼精疲労や血糖値の抑制に働きかける。抗酸化作用も期待でき、アンチエイジングの観点でも注目の食材。

台湾人にとって健康維持に漢方は欠かせない。お料理ひとつとっても、そのレシピは何代にもわたり伝わっている。二児の母であり、インフルエンサーとして活躍するハリーさんに、漢方のある暮らしを見せてもらった。インスタに食卓や、生活ぶりをアップして人気を集めている彼女は、常にナツメやクコの実などの漢方食材をストックし、手料理に活用している。例えば、夏と秋の間は手に入れたばかりの燻製ドライリュウガンとナツメ、クコの実、生姜とさつまいもで作ったスープ、養生紅棗地瓜湯(ヤンシォンホンザオディグァタン)を。冷房疲れの胃袋を温めることができるのだ。

そしてキッチンには食材や調味料と共に、ナツメの砂糖漬けのおやつも欠かさないようにしている。お茶の時間も、菊花茶や黒豆の入ったものをお茶として愛飲する。カラダを気遣う彼女の「薬膳」のある暮らし。「薬膳は私にとって母の愛情を感じる料理。体を冷やさないようにと、料理に生姜も入れることが多いです。台湾では、女性は体を冷やさないようにするのがいいとされています」野菜炒めにはゆり根と銀杏、鶏肉煮込みスープにはナツメとクコの実を入れ、鶏の中に當歸(ダングゥイ/とうき)と薬用人参を詰めるといった具合に、母はいつも娘たちの健康を気遣っていた。そして今、気がつけば、ハリーさんがキッチンに立って、母のレシピで子供のためにせっせと手料理を作っているのだ。

Navigator…哈利(ハリー)

哈利(ハリー)さん

台湾で活躍するライフスタイル系のインスタグラマー。日々の暮らしの様々をアップ。料理教室を開くことも。Instagram:@intiwang

(Hanako WELLNESS 免疫力アップBOOK掲載/photo:Zi-chieh lin text:Phoebe wang coordination:Chen Tsuiwen translation:deby tsai)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る